« CGについての一般の方の認識 | トップページ | 変な日本語 »

2008年4月 9日 (水)

ストームトルーパーの版権を巡って争い

テクノバーンの記事

映画スターウォーズ、製作者同士がストームトルーパーの版権を巡って訴訟合戦

 映画スターウォーズで帝国軍兵士「ストームトルーパー(Stormtrooper)」のコスチュームデザインを担当したアンドリュー・エインウォース(Andrew Ainsworth)と映画の総指揮を担当したジョージ・ルーカスがストームトルーパーの版権を巡って英上級裁判所に対して相互に告訴を行う状況に陥っていることが7日までに明らかとなった。

僕は結構なスター・ウォーズマニアで、このストームトルーパーのコスチューム一式(実際に着て動ける)も持っているのですが、「コスチュームデザインを担当したアンドリュー・エインウォース」という名前は初耳なので、何者かと思いながら記事を読み進めると、

 エインウォース氏によると「ストームトルーパー」は1976年にルーカス・フィルムからの依頼を受けて1体、35ポンド(約7000円)の費用で合計50体を製作。

とあるわけです。ストームトルーパーのデザインをしたのは確かコンセプトアーティストのラルフ・マクォーリー氏だったはずだし、何かおかしいなと思っていたら、要はコンセプトデザインを元に映画用のコスチュームを作った「業者」ということじゃないですか? 記事には

 果たして、ストームトルーパ-の著作権はストームトルーパ-をデザイン・製作したクリエーターにあるのか、映画の制作を指揮した会社側にあるのか

なんて書いてありますけど、クリエーターというか「業者」ですよね。制作スタッフのどこまでを「クリエーター」と呼べるかという問題もありますけど。少なくともあのストームトルーパーの秀逸なデザインをいちから考えた人でないのは確かで、僕が映画「どろろ」の桜魔人を勝手に商品化して販売するのと意味合いとしては同じでしょう。どう考えても権利はジョージ・ルーカスにあるんじゃないですか。

|
|

« CGについての一般の方の認識 | トップページ | 変な日本語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022713/20061985

この記事へのトラックバック一覧です: ストームトルーパーの版権を巡って争い:

« CGについての一般の方の認識 | トップページ | 変な日本語 »