« ヶヶФ | トップページ | 休日 in 千葉 »

2009年10月15日 (木)

ブログ再開

長らく更新が途絶えていた本ブログですが、再開します。

先月から通常の業務を控えて、オリジナル作品の制作に没頭しています。来年の3月完成を目標にしていますが、いまの脚本では尺が30分ほどになりそうなので(ちなみにフルCGアニメーション作品です)、果たして完成するかどうか不安です。青二プロの声優さんにお願いして仮の音声収録も行いましたが、内容はまだ流動的です。いろいろと考えながら制作しています。ある程度目処がついたら、ウェブで少しずつ情報を出していく予定です。

今日からNHK文化センターのリコーダー教室に通っています(笑)。場所は横浜のランドマークタワーで、朝の9時30分から1時間の講習です。10時半に終わるので、それから出社しても11時半くらいには会社に着きますから(みなとみらい駅から東急東横線で渋谷まで一本。それから東京メトロ副都心線に乗り換えて北参道駅で下車)、普段の業務への影響はほとんどないです。

講師は、20代後半~30代くらいの人は知っている人も多いかもしれませんが、むかしNHK教育テレビの「ふえは唄う」という番組で先生をやっていた吉澤実先生です。今もNHKの「趣味悠々」という番組で講師をされていて、日本におけるリコーダーの第一人者です。とても親しみやすく、気さくで楽しい先生です。今日は初日ということで、笛を吹く前の準備運動、呼吸法、ド、レ、ミの音の出し方など最も基本的なことをやりつつ、「ラブミーテンダー」のサビの部分の演奏をおこないました。

リコーダーというと、小学校で学んだソプラノリコーダーを思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、教室ではアルトリコーダーといって、ソプラノリコーダーよりも長く、そして広い音域の出る笛を使います。指使いも小学校で学んだのとは全く異なるので、音の出し方はいちから覚え直さなくてはなりません(小学校で学ぶのは「ジャーマン式」と言って、近代になってから指使いを容易にするために教育用に開発されたものです。教室で学ぶのは「バロック式」という伝統的な指使いです)。ただ、難しいものではないのですぐに覚えられますが。リコーダーは先週、銀座の山野楽器にて購入しました。練習用のヤマハの樹脂製のリコーダーと、ドイツ製の木のリコーダーの2本です。

僕は昔のバロック様式の曲(バッハなど)が好きなので、そのような曲がリコーダーで吹けるようになるのが当面の目標です。

|
|

« ヶヶФ | トップページ | 休日 in 千葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022713/31794710

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ再開:

« ヶヶФ | トップページ | 休日 in 千葉 »