« モーションキャプチャ | トップページ | 今日はお休み »

2009年12月23日 (水)

中村由利子

ピアニストで作曲家の中村由利子さんのクリスマスコンサートへ行ってきました。去年に引き続き2回目です。場所は横浜・山手の岩崎博物館内にあるゲーテ座。このクリスマスコンサートはとてもこじんまりとしたプライベートコンサートっぽい感じで、それほど広くない場所で、お客さんの人数も120人程度なので、とてもアットホームな雰囲気でおこなわれます。

実はこの数日間、仕事がすごく忙しく(なのでブログの更新が滞ってました)、睡眠時間も前の日は2時間半、今日も3時間と寝不足の状態。これではピアノを聴いているうちに絶対寝てしまうなぁ~というコンディションの中、品川で仕事の打ち合わせをした後、16時開演に合わせてちょっと早めに奥さんと横浜で待ち合わせ。会場に行く前に元町の商店街を散策。この元町~山手~山下公園界隈は、まあ僕があらためて言うことでもないのですが、ハイカラな横浜のイメージそのもので、とても洒落ていて、東京とはまた違った魅力を持っています。そしてクリスマス仕様のディスプレーやにぎわいがさらに良い雰囲気を増幅させている感じです。奥さんが昼食を食べてないと言うので、ウチキパンでパンを買い、港の見える丘公園で食べて腹ごしらえ。そして公園のすぐ目の前にあるゲーテ座へ。

今年は発売日にチケットを購入したので、前から2列目の席。これは寝てしまうわけにはいかないと思いつつも、奥さんによると、首がカクンってなったらしいです。僕は全然覚えがないのですが。去年もいらしたお客さんの顔がちらほら見受けられます。曲目は新旧織り交ぜた構成。去年とやや似た感じもありましたが、クリスマスという時期、それにこの横浜・山手が彼女が生まれ育った町ということで、それにちなんだ曲を多くする結果かもしれません。中村由利子のコンサートの特徴として、お客さんがリクエストしたイメージで即興演奏をするコーナーがあります。今回も何人かのお客さんから「夕焼けの一番星」「マリンタワーから山手への道のり」「つきあい始めたばかりのカップル」といったイメージがリクエストされ、その場で即興で曲を作って演奏します。そして最後は去年と同じく、中村由利子さんのピアノ伴奏で、お客さん全員で「きよしこの夜」を合唱。コンサート終了後は歩いて中華街へ。四川料理の店「京華楼」で夕食。豚肉の薄切りに特製タレをかけたものや空芯菜炒め、揚州炒飯などのほかにコレを頼んだんですが、トウガラシマーク1個なのに(最高は3つ)、かなり辛い。さすが四川料理。そのあと山下公園を回って再び元町へ戻って電車で帰宅。

中村由利子を知らない方のために紹介を。デビューは1987年。僕が彼女のことを知って聞き始めたのもその頃で(大学生でした)、それからもう20年以上たつんですね。下はYouTubeで聞ける中村由利子の曲。

Deer Green Field

パストラル

ウィンターロマンス

あの日のように

中村由利子は一時期、TOKYO FMの伝説の深夜番組「JET STREAM」のオープニングとエンディングの曲を担当していたことがあり、下のリンクはエンディングテーマの「Twilight Winds」です。この曲は僕のお気に入りのひとつですが、海外旅行でJALの飛行機に乗ると、JET STREAMの番組を機内放送でやってるんですね。僕は以前ハワイに数年住んでいたことがあって、日本との行き来でJALをよく使っていたわけです。その際に機内でJET STREAMを聴くと必ずこの曲が流れる。飛行機の窓から、眼下に広がる真っ青な海と空を見ながらこの曲を聴くと至福の時間というか、何ともイイ雰囲気に浸れるのです。

Twilight Winds

たぶん今はもう曲が変わってるでしょうねー。残念ですが。

|
|

« モーションキャプチャ | トップページ | 今日はお休み »

音楽」カテゴリの記事