« 予想外の反応 | トップページ | ネコ系図 »

2010年3月10日 (水)

特撮トリビアシリーズ

先日の「未知との遭遇」トリビアに続いて、今回は「スター・ウォーズ」です。

「スター・ウォーズ帝国の逆襲」の前半で、通称「スノーウォーカー(正式名称AT-AT、オール・テレイン・アーマード・トランスポート)」という、4本足で歩く帝国軍の装甲兵器が登場します。こいつ↓

Atat01

で、こいつのお腹の部分を見ると、こんな感じになっています。

Atat02

「スター・ウォーズ」を始め、SF映画に登場する宇宙船などは、そのミニチュアを作る際に細かいディテールを施すため、既存のプラモデルなどから使えそうなパーツを拝借してくっつけることが日常的におこなわれています。このスノーウォーカーも例に漏れず、色々な流用パーツが使われているわけですが、手を抜いているのか、異なるミニチュアに同じ流用パーツが使われることもしばしばあるわけです。下の写真は同じく「スター・ウォーズ」に出てくる、砂の惑星タトゥイーンで廃品売買業を営むジャワ族が乗っているサンドクローラーという乗り物ですが、

Sc01

こいつの後ろを見てみると、スノーウォーカーのお腹のパーツと同じものがくっついているんですね。

Sc02

そしてこのパーツはどこから拝借してきたかというと、

Harrier01

イギリスの戦闘機、ハリアーのエンジンを流用しているのです。下は、ハリアーのプラモデルのエンジンパーツ。スター・ウォーズのミニチュアに使われているのと全く同じであることがわかります。

Harrier02

下は実物のハリアーのエンジン。

Harrier03

※画像は全てネットからの拾い物です。

|
|

« 予想外の反応 | トップページ | ネコ系図 »

映画・テレビ」カテゴリの記事