« 身の程を知る | トップページ | 久留和海岸 »

2010年8月18日 (水)

盆踊りとか

2晩東京に泊り込みだったので、今日は久しぶりに葉山で仕事。僕がいない間は、奥さんが仕事場にいる三匹の猫の面倒を見てくれています。26日は逗子海岸の花火大会ですが、仕事で行けなさそう。

先週の話ですが、地元町内会の盆踊りに参加しました。

081801

見てるだけのつもりでしたが、何だか踊ることに。曲は定番の「炭坑節」のほか、「きよしのズンドコ節」「横須賀開国音頭」の3曲。「横須賀開国音頭」というのは「浦賀沖からペリーの船が、鎖国日本にやって来る~」みたいな面白い歌詞で、ここ横須賀市のご当地ソングです。初めて聴きました。

音頭といえば、僕は小学生のころ「電線音頭」をよく学校で踊ってました(笑)。若い人は「電線音頭」なんて知らないでしょうね。その昔「みごろ食べごろ笑いごろ」というお笑い番組がありまして、その中で「電線音頭」のコーナーというのがあったんですね。伊藤四朗率いる電線軍団が突如乱入してきて、出演者に電線音頭を踊ることを強要するのです。コーナー後半では、パプアニューギニアの火力発電所からやってきたという設定の電線マンが現れ、電線音頭を踊って終了します。ウィキペディアによると、電線マンは石ノ森章太郎がデザイン、中にはいっていたのは現オフィス北野の社長だそうです。小学校では「電線音頭といえば林田」と言われるくらい評価を受けてました。電線音頭のほかには志村けんの「東村山音頭」もよく踊ってましたねー。

|
|

« 身の程を知る | トップページ | 久留和海岸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事