« 「地球型惑星」後半 | トップページ | 科学映像 »

2010年9月12日 (日)

イケメンキャラのモデリングをずっとやっていて、たまにトイレに行って鏡に映った自分の顔を見ると、そのひどさに愕然としますね。普段は自分の顔は一番見慣れているので、人間の顔というものに対する基準が自分のそれに置かれてしまって、もはや客観的に良し悪しが判断できない状態なんですけど、イケメンキャラの顔をモデリングしていると、ずっとそれを見ているので、だんだん基準がその顔に移ってくるんですね。なのでトイレで鏡を見ると、「あれっ!? 僕の顔ってこんなだったったけ!? ひどーい」ということになるのです。

まあこの歳になって自分の顔のことを気にしてもしょうがないのでしょうが、それにしてもショックですねー。でも、こういうことって仕事や作品制作でもよくありますよね。自分ではすごく良くできたと思っても、もっとレベルの高い作品を見た後で見直してみると、恥ずかしくなるくらいショボかったということが。

ということで手抜きのブログでした。

|
|

« 「地球型惑星」後半 | トップページ | 科学映像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事