« ダウン | トップページ | 子供のころと今 »

2010年10月17日 (日)

今朝の植物&昆虫

  夏のあいだ咲いていた朝顔は、今ではすっかり種になっていますが、その種が地面に落ちて、早くも芽が出てきました。

101701

こちらはムスカリです。去年植えて春に花が咲き、初夏には枯れてしまいましたが、これもまた芽が出てきました。来年の春にはきれいな花を咲かせるでしょう。

101702

ちなみに花が咲くとこんな感じです(今年の春の写真)。

101703

キアゲハの幼虫に食い尽くされていたイタリアンパセリも、また葉が出てきました。キアゲハは結局みんな死んでしまったみたいです。

101704

ねむの木についていたモンキチョウの幼虫をビニール袋に入れておいたらさなぎになりました。

101705

殻が透明になって中の蝶の羽根がよく見えますので、もうすぐ出てくると思います。

101705b

花壇に刺しておいた竹の棒に蝶のさなぎがついていました。モンキチョウか、モンシロチョウか、どちらでしょう? そばにはモンキチョウが好きなねむの木と、モンシロチョウが好きなルッコラの両方があるので、よくわかりません。うちの奥さんは、トゲトゲしているのでモンシロチョウだと言っています。

101706

パーゴラにいたモンシロチョウの幼虫。下には蛾の卵らしきものがあります。モンシロチョウの幼虫がこのようにパーゴラに登ってきたということは、これからさなぎになるのだと思います。もしかしたらその様子を目ざとく見つけた蛾が、さなぎを食料にするためにそばに卵を生んだのかもしれません。幼虫の脇が黒くなっているのも気になります。

101707

ねむの木にいたハラビロカマキリ。お腹が大きいのがわかります。産卵前でしょう。

101708

前脚を舐めて手入れ?をしています。

101709_2

101710_2

|
|

« ダウン | トップページ | 子供のころと今 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事