« ウミネコいろいろ | トップページ | 夕暮れとクワガタ »

2010年10月 8日 (金)

老眼

またちょっと忙しくなってきました。今月末までは覚悟がいりそうです(苦笑)。

個人差はあるのでしょうが、この歳になるとかなり老眼が進んできて困りますね。若い時に目が良かった人は老眼になりやすいと言いますが、僕は視力が1.5を下回ったことはほとんどなく、その説が正しければ老眼になりやすい体質ということになります。今でも遠くの物は全然クリアに見えるんですよ。でも近くはぜんぜんダメですね。携帯なんかは目から30cmくらい離さないとピントが合いません。とは言うものの、パソコンの場合は30cmより近い距離で画面を見ることはありませんから、CG制作という今の仕事には全く支障をきたさないので、特に老眼鏡を買ったりといったことはしてません。

しかし手書きで書類を書いたりするときはやや厳しいです。書類はやたら小さな文字を書かなければならないことが多いですよね。そんなとき、普通に字を書く体勢をとると、自分が書いている文字にピントが合わないのです。パソコンで書類を作る分には、顔が画面からいくら離れていても問題ありませんが、紙に書くとなると、体の構造という物理的な制限がありますから、紙から離れることができる距離は限界があります。こういったときに、老眼鏡を買うべきか・・・・と思ってしまいます。

葉山の仕事場前から見た風景。広がる雲の形は完全に秋ですね。

100801

前に拾ったクワガタが入っているケース。今でも元気に活動しています(写真には写ってませんが)。たださびしいのは、クワガタは夜行性なので電気を消さないと出てこないんですね。朝起きると、ときどき木にしがみついていることもあるんですが、顔を会わせる機会は非常に少ないです。昼間は、右にある切り株(エサ皿を兼ねる)の下にもぐりこんで寝ています。

100802

|
|

« ウミネコいろいろ | トップページ | 夕暮れとクワガタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事