« 打ち上げ | トップページ | 能力とポテンシャル »

2010年12月10日 (金)

逆流性食道炎

僕はもう何年も前から逆流性食道炎という病気で、どんな病気かと言いますと、食道と胃の境目は弁になっていて、普通はここが閉じていて、何か食べたり飲んだりするときだけ開くわけです。それが何らかの原因で開きっぱなしになって、胃酸が食道のほうに逆流して炎症を起こすというものです。健康診断で内視鏡検査をやると、胃の入り口がパックリと開いている様子がよくわかります。姿勢が悪かったり、夜中に何か食べてすぐ寝たりするとなるそうで、最近はこの病気にかかる人がかなり多いようです。

逆流性食道炎になると始終胸やけがして気持ち悪いのですが、これは食べるものを気をつければ(脂っこいものやお菓子を制限する)抑えられます。では、この病気になって普段の生活の中で何が一番困るかというと、「ゲップ」と「オナラ」がやたらと出ることです(苦笑)。何せ胃の入り口が開きっぱなしなので、食事のときに空気もどんどん胃の中へ入っていきます。入ったものはどこからか出ていかねばならず、それが上から出ればゲップ、下から出ればオナラというわけです。

自宅にいるときはどちらも気兼ねなくできますが(奥さんからはイヤな顔をされますが)、さすがに外にいるときはそうもいきません。なので無理やり我慢しなければならず、オナラが腸内を逆流していくのがよくわかります(笑)。どこかの小学生が学校でオナラを我慢しすぎて死んだなんてニュースがあったような気がするのですが、実際どれくらい我慢すると命にかかわるんでしょうかね? 

富士山の雪が一気に増えてきました。

121001

|
|

« 打ち上げ | トップページ | 能力とポテンシャル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事