« 富士山の雪 | トップページ | 追悼ジョン・バリー »

2011年1月31日 (月)

焼き鳥

夜、鎌倉から帰ってきた奥さんと逗子で落ちあって夕食。昨日自宅に財布を忘れ、そのまま会社に泊まったので朝から何も食べておらず、お腹がペコペコでした。焼き鳥が食べたかったので、京急新逗子駅前にある串焼きの「かんてら」へ。初めての訪問です。僕は焼き鳥が好きで、逗子でどこか良い焼き鳥屋はないかとネットで調べたり人に聞いたりしていたのですが、どうも逗子でグルメと言えば魚料理とか小洒落たイタリアンとかハワイアンのようなお店の話題が多く、焼き鳥屋の情報があまりないんですね。

余談ですが、商業施設が少ない三浦半島西側に於いて、逗子は自宅から一番近い繁華街です(車で15分くらい。バスで30分弱)。それでも北陸などの地方から出てきた人が逗子に来ると「すごい田舎ですね」と言われるそうです(「かんてら」のおばさん談)。

さて、焼き鳥屋って普通、外見からだけでは何と言うか入り難いオーラを感じますよね。店の中がどうなっているかよくわかりませんし。僕が好きなテレビ番組のひとつに「吉田類の酒場放浪記」というのがあるんですが、紹介されるどの店も、前を通っただけでは絶対に入らないよなぁと思わせるところばかりで、でも中の料理人やメニュー、お客さんたちの様子が紹介されると、すごく行ってみたい気にさせられるのです。逗子にも焼き鳥屋はいくつかありますが、なんせ情報がないので、ハズレな店に行ってしまうのも嫌です。しかしこのままでは進歩がないので、ネットで数少ない情報を集め、その中からあまりディープそうじゃない「かんてら」に行ってみました。

以前行ったことのある「食彩堂」というお店の2階にあるこの店は、「串焼き」と謳ってある割りにはメニューにラーメンとかオムライスとか焼きうどんだとか何でもありな状態ですが、これがなかなか良いお店でした。4人がけのテーブル席3つとカウンターの小さなお店です。当たりでした。夫婦と思われるおじさんとおばさんが切り盛りしていて、どうやらかなりの映画好きのようで、店の壁には映画のポスターや雑誌の切り抜きがあちこちに貼られていますし(それに混じって逗子海岸で釣り上げた魚の魚拓なんかも貼ってあります)、2人ともとても気さくで、お客さんと映画の話で盛り上がっていました。他のお客さんの会話にこちらもいつのまにか巻き込まれている感じです。すごくアットホームな雰囲気で、料理も悪くありません。お会計の端数はおまけしてくれました。今後、ちょくちょく寄ってみたいと思います。

「かんてら」食べログのページ

|
|

« 富士山の雪 | トップページ | 追悼ジョン・バリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事