« 月 | トップページ | ウェブサイト更新の予定 »

2011年1月20日 (木)

メロディから曲名検索

午前中は今年2回目のリコーダー教室。これからはアンサンブルをやっていくということで、バスリコーダーの演奏を命じられました(笑)。教室で新たに購入したバスリコーダーを吹かせてもらったのですが、これがかなりでかいのです。どのくらいの大きさかは下図から推測してください。オレンジ色の2番が、みなさん小学生のときに習うリコーダーで、ソプラノリコーダーといいます。水色の5番がバスリコーダーになります。ソプラノの3倍くらいの大きさがあります。

012001

当然穴の間隔が遠すぎて指で押さえることはできませんから、サックスのようにキーがついていてそれで穴を開閉できるようになっています。指使いはアルトリコーダーと同じですが、楽譜がト音記号ではなくヘ音記号で全然読めません。なのでバスリコーダー担当を命じられたものの全く吹けませんでした(苦笑)。次回までにヘ音記号の楽譜を読めるようにしておかねばなりません。

ところで、メロディはわかるんだけど曲名がわからないことってよくありますよね。どこかで曲だけ聴いて、気に入ったのでCDなどで手に入れたいと思っても、曲名もアーティストもわからないのでどうしようもないということってありませんか? 僕もかれこれ10年近く前に飛行機(スカンジナビア航空)に乗ったとき、その中で聴いた曲がとても印象的で、それ以来ときどきYouTubeなどであてもなく探してみたりしているのですが、ぜんぜんわかりません。今思えば飛行機に乗っているときに番組表を見て調べておけばよかったと後悔しているのですが、最近メロディから曲名を検索できるシステムがあると知り、さっそく使ってみました。

http://www.musipedia.org/ ミュージペディア

システムにメロディを教えるための方法として、Flashを使ったピアノ鍵盤で弾くとか、マイクロホンから音声入力するとか、数種類が用意されています。僕はFlashピアノで弾いて試してみましたが、100曲近い候補が出てきたものの、探している曲はありませんでした。検索をかけるとYouTubeに登録されている動画がずらずら出てくるので、てっきりYouTube全体からマッチするものを選んでいるのかと思いましたが、どうやらあくまでもこのMusipediaというサイトに登録されている曲の中から探すだけで、YouTubeにたまたまその曲が登録されていればそれも表示するといったシステムのようです。なので、日本の曲は一切候補として出てきません(僕が探しているのは日本の曲ではありませんが)。これではマイナーな曲を探すのは無理でしょう。

Googleあたりが曲の検索システムを作ってくれるといいんですけどね。いろいろなツールを提供してはいますが、メロディから曲名を検索するというのはさすがにないみたいです。やはりアルゴリズム的に難しいんでしょうかね? YouTubeという膨大なデータベースがあるわけですから、それを使って何とかできないものでしょうか?

猫の写真。会社の猫、イオタ。仕事をしていると、このように人のひざの上にどっかり座ってきます。

012002

自宅のノンチ(右)とママ(左)。人が食事をしていると、目ざとくねだりに来ます。

012003

|
|

« 月 | トップページ | ウェブサイト更新の予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事