« 初ウミウシ | トップページ | 宇宙を織りなすもの »

2011年2月23日 (水)

また磯

このところ仕事がバタバタしていて更新できませんでした。年度末のこの時期は決まって怒涛のように仕事が押し寄せてくるので大変です。

今日は午前中は喘息の経過観察で病院へ。状態は良好なので、薬を減らすことになりました。午後は会社の前の磯がいい具合に潮が引いていたので、飽きもせず探索してみました。最近は半年ぶりくらいに昼間に大きく潮が引くので楽しいです。下は会社の前の磯の写真。遠くに江ノ島が見えます。空が霞んでいるので富士山は見えませんでした。

022301

自然の造形美、イソギンチャク。ひとくちにイソギンチャクと言っても、その形は実にさまざまです。

022302

022303

022305

背中に海藻をしょったカニ。これってどうやってくっつけてるんでしょうね? 自分で手ごろな大きさの海藻の切れ端をみつけてくっつけるんでしょうか? それとも背中から生えているんでしょうか? こんな変な生き物がいるので、潮溜まり観察はやめられません。

022306

潮が引いた岩場に落ちていた、貝の刺身みたいな物体。

022307

このあたりではたまに見るんですが、これ何だと思いますか? ひっくり返すとこんな感じです(右側)。反対側はタコのような地味な色ですね。

022308

これ、実はクモガタウミウシというウミウシなのです。潮が引いて岩場に取り残されてしまうのか、ときどきいるんです。水の中に戻してやると、このようにツノと、背中のお尻側に枯れてクシャクシャになった花のようなエラが出てきます(保護色でちょっとわかりづらいですが)。水の少ないところでひっくり返っているのは背中にエラがあるからなんですね。

022309

10円玉で大きさの比較。みなさんの想像より大きいでしょうか? それとも小さいでしょうか?

022310

クモガタウミウシの動きをGIFアニメで。

|
|

« 初ウミウシ | トップページ | 宇宙を織りなすもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事