« スマートフォン | トップページ | 地震 »

2011年3月10日 (木)

ケータイで土星撮影

惑星観察の花形、土星が夜空に見えるようになってきました。今だと夜の8時くらいに乙女座と一緒に東の地平線から昇ってきて、夜通し見ることができます。木星は周囲の星と比べて際立って明るいので誰が見てもすぐにわかりますが、遥か遠くにある土星は木星ほど明るくはなく、周りの1等星の星々とそれほど差がないので、星座の星の並びを覚えていないとわからないかもしれません。実際、僕も春の星座の星の配列がどんなになっているかあまりわかっていないので、星図を見て、ああこれが土星かと分かる感じです。

昨晩望遠鏡で覗いてみると輪がきれいに見えました。EOSで写真を撮りたかったのですが、うかつにもデジタル一眼を望遠鏡の接眼レンズにアタッチするネジを紛失してしまったので、しかたなく手元にあった携帯電話のカメラを強引に望遠鏡のレンズに当てて撮ってみたのが下の写真です。

031001

さすがに携帯のしょぼいカメラではろくに撮れないだろうと思っていましたが、意外にもこんな感じではっきりと輪が写りました。それでも昨晩は非常に風が強く、望遠鏡が揺れまくっていたので撮った写真のほとんどはブレていて、上の一枚だけ、なんとかぶれずに撮ることができました。デジイチで撮れば、もっと大きくてきれいな写真になるはずです(たぶん)。

写真から分かるように土星は実はつぶれた饅頭のような形をしています(もっともこの写真は携帯で撮ったものなので信頼性は全くありませんが)。高速で自転していて(1日10時間)、なおかつ土星本体の密度が低いのでつぶれた形になるそうです。

 

|
|

« スマートフォン | トップページ | 地震 »

宇宙」カテゴリの記事