« 多忙につき | トップページ | 原発用燃料製造会社 »

2011年3月19日 (土)

アメフラシの幼生

今日・明日は大潮で午前中に大きく潮が引くので磯へ出てみました。ただ今日は風が強く、磯のほうまで波が押し寄せて海べりは水中が見れる状態ではなかったので、内側の潮溜まりを見てみました。

今朝の富士山。山頂に傘雲がかかっています。

031901

今の時期、潮溜まりに生えている海藻を見ると高確率でアメフラシの非常に小さな幼生がくっついているのを見ることができます。大きさはどれも1cm前後で、海藻と色が似ていたり、単なるゴミのようにも見えるので、注意して観察しないと気づきません。

031902

こちらのはやや大きくて1.5~2cmくらいでしょうか。

031903

緑色の海藻の上に乗っかっているアメフラシの幼生。アメフラシもこの状態のころは背中の貝殻が透けてよく見えます。成長すると、この貝殻は見えなくなってしまいます。

031904

こちらは非常に小さくて、5mmくらいでした。

031905

この海藻には数匹のアメフラシがついていました。上にいるこの角度からだと、少しだけ普通のアメフラシっぽく見えますね。

031906

|
|

« 多忙につき | トップページ | 原発用燃料製造会社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事