« んー | トップページ | 困った »

2011年3月15日 (火)

計画停電その2

横須賀市秋谷の自宅では、朝6時20分~10時ごろまで、予定どおり計画停電が実施されました。信号が消えるので、交差点では警察官が交通整理をしていました。秋谷は田舎で住んでいる人も車も少ないので混乱は全く無し。我が家はいつも朝8時くらいまでは寝ているため、その時点で停電時間の約半分は経過しており、何の不都合もありませんでした。そして普通にバスで葉山の会社へ。そこでちょっと問題が。

葉山の会社は自宅と同じグループ3で、当然もう停電は済んだだろうと思っていたのですが、来てみたらどうも停電しなかったようなのです。なぜわかったかというと、昨晩帰りぎわに停電に備えてPCをシャットダウンしたつもりだったのですが、今朝来たら、そのシャットダウン処理が途中で止まったままPCがつきっ放しになっていたんですね。これは完全に僕のうっかりミスで、帰宅間際に作成していた書類を保存していなくて、シャットダウンの過程で「この書類を保存しますか?」というダイアログが出たまま止まっていたのです。停電になれば書類を保存するしないに関わらず強制的に電源が切れますから、停電はなかったことになります。書類そのものは保存してもしなくてもいいような物だったので、停電しても全く問題はなかったのですが。

停電しなかったということは会社のある場所はグループ3ではないことになります。そもそも葉山町の堀内は東電発表の書類ではグループ1と3のどちらにも含まれていて、いったいどちらなのかわからなかったのです。堀内以外の葉山の町は全て3であることと、近くの自宅も3であることから、何となく3ではないかと思っていたのですが、どうやら外れたようです。グループ1ならば、15時20分くらいから停電するはずなので、様子を伺おうと思います(現在14時50分)。

しかし僕は葉山でこうやって平穏に生活していますが、東京の事務所では交通事情の悪い中、急ぎの仕事で出てきているスタッフがいます。会社としては基本は自宅待機状態なんですが、こんな状況でも締め切り厳守というクライアントがいるので、グループ会社を含め、自宅作業のできない数人が出社して頑張ってくれています。クライアントが地震の影響の全くない関西方面だと、どうも実感がなく締め切り厳守と言ってるようです。生活インフラに関わる仕事ならまだしも、広告とかエンターテインメントの仕事でこんなときに締め切り厳守というのは何なんでしょうね。

|
|

« んー | トップページ | 困った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事