« 今後どうなるのか? | トップページ | 今日の夕景 »

2011年3月26日 (土)

マウスの反応が悪い理由

最近、仕事で使っているPCのマウスの反応が悪くてイライラしてたんですね。マウスを動かしてもそれに見合ったぶんカーソルが動かないのです。コントロールパネルでマウスの反応速度を最大にしても動きが鈍いまま。昔のボール式だったマウスでは、ボールとローラーの間にホコリが溜まると動きが悪くなったものですが、今のマウスは光センサーなのでホコリは関係ないだろうと。もう寿命なのかなと思いつつ、東京のオフィスだったらすぐに新品に交換するか、出勤してない人のを拝借したりできますが、ここ葉山には予備のマウスなどありません。次に東京に行くまで我慢するしかないかなぁと何気なくマウスの裏側を見て、おや?と思ったのです。

032601

裏の赤く光っている部分が光センサーですが、この中が宝石のようにやけにキラキラしてるんですね。何だろうと思ってよく見たら、なんと猫の細かい毛がびっしりとセンサーの穴に詰まっていたのです。原因はこれでした。猫の毛が詰まっていたので、光がそれに乱反射して、マウスがうまく反応してくれなかったのです。楊枝でその毛をほじくり出したら、気持ち悪いくらいスムーズに動くようになりました。光学式マウスでもホコリに気をつかわなければならないということですね。

その原因となった仕事場の猫たち。こちらはイオタ。

032602

ゆず。

032603

みかん。

032604 

|
|

« 今後どうなるのか? | トップページ | 今日の夕景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事