« 秋谷海岸と立石公園 | トップページ | 芸術祭準備中 »

2011年4月25日 (月)

珍走団

いわゆる「珍走団」と呼ばれる人々を、うちの近所では未だに見ることができます。地元の人間なのか、それとも遠方からわざわざやって来るのか、休日になるとスカーフやマスクで顔を隠した人たちが下の写真のようなバイクにのって来るわけです。

4423091_2 

別にどんなデザインのバイクに乗ろうが、どんな格好をしていようがその人の勝手なのでどうでもいいのですが、ひとつ許しがたいのは、異様なほどにウルサイということです。家の中にいても半端じゃないうるささで、外にいようものなら人の話し声はもちろん、そのバイク以外の世界中のありとあらゆる音が一切聞こえなくなります。鼓膜が破れて気が狂うのではと思うくらい凄まじい音なのです。

世の中に人の迷惑になる行為はたくさんあるでしょうが、例えば人のお金を盗むとか、極端なことを言えば人を殺すとか、大変迷惑な行為ではありますが、直接的に迷惑のかかる人数というのは非常に限定的です。しかし珍走団の暴走行為は、彼らが走る道沿いの何百とか何千人とかに直接的に大迷惑をかけているわけです。一度にこれだけたくさんの人に迷惑をかける行為というのはそうそうないですよね。線路に置き石をして満員電車を脱線させるとか、そういったことに匹敵します。

ブォンブォン音を鳴らしながら走るのが好きならば、人のいない山道でも走っていればいいじゃないかと思うんですけどね。そうではなくて自分の勇姿を人に見てもらいたいのなら、いっそのこと東京の都心で暴走すれば大注目されること間違いないですけどねー。まあどうせ恐くてそんなことはできないんでしょうが。警察が来なさそうな中途半端な町でセコく走っているということでしょう。

|
|

« 秋谷海岸と立石公園 | トップページ | 芸術祭準備中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事