« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

搬出

昨日は奥さんのグループ展の最終日で、搬出を手伝いに東京へ。奥さんと一緒にグループ展をやっていた方の娘さんが、僕の絵を描いてくれました(笑)。まだ幼稚園の子ですが、ちゃんと僕の特徴をとらえていて感心しました。

Aaaa

昨日中に車を車検に出さなければならなかったので(その日いっぱいで期限切れ)、18時半に谷中のギャラリーから展示品を搬出し、それを池袋でいったん降ろしてから、そのまま麻布十番のガレーヂ伊太利屋へ。日曜は本当は19時までの営業らしいのですが、担当の人に20時まで待ってもらって車を持ち込みました。その後、麻布十番商店街のマクドナルドで夕食を食べて、22時から銀座で仕事の打ち合わせ。終わったのは0時半だったので東京に泊まり。

びっくりしたんですが、麻布十番のマクドナルドがすごくおしゃれな内装になっていました。店員さんの着ている服もデパートの化粧品コーナーの人みたいな感じになっていました(笑)。青山のマクドナルドですら普通なのに、麻布十番は何か特別なんでしょうかね?

 

|
|

2011年5月28日 (土)

これは・・・・

これ見てびっくりしたのですが・・・・

福島・飯舘村に放射線量の表示機器、常時測定へ

放射線量常に表示飯舘村に機器設置 村全域が計画的避難区域となり、住民の避難が進められている福島県飯舘村の役場前に28日、放射線量を常時測定して表示する機器が設置された。東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、東京のシステム会社が開発し、同村に無償で設置した。

飯舘村は、ご存知のとおり放射線濃度が目立って高いことで話題になった場所です。で、何がびっくりかって、この写真をよく見てください。

052801

この表示されている数値、なんと8マイクロシーベルト/時なんです。東京で0.3とか0.2とかで大騒ぎしているというのに「8」です。そしてなにより目を惹いてしまうのは、その横で、さも何の問題もないと言わんばかりに、にこやかな顔をしているおじさんたち。どうなんですかね、これ? 1日で192マイクロシーベルト、1年で70ミリシーベルト。大丈夫なんでしょうか? 「村全体が避難区域となり、住民の避難が進められている・・・」と書かれてあるので、ずっとここにいるわけではないのかもしれませんが。

ところで全然関係ありませんが、最近磯やウミウシの写真を載せてないのは、ずっと満ち潮で磯に出れないからです。来週あたりからまた干潮になりますが、雨が続きそうなので観察する機会は減りそうです。

|
|

美術館ブランチ

今週は奥さんがグループ展のため東京に行きっぱなしなので、食事はもっぱら外食なのです。昨日は会社の行きがけに、神奈川県立近代美術館のレストランで、朝食兼昼食。

自宅からバスに乗って葉山バス停で下車。いつもはここで別路線のバスに乗り換えて会社まで行きますが、今日はそのまま歩いて美術館へ。葉山バス停から会社までの道のりの、ちょうど半分くらいのところにあります。自宅の方から行くと、美術館には裏の勝手口みたいなところから入るのが近道なのでそちらを通り、そこから美術館の周りをぐるりと取り巻いている散策路へ入ります。美術館は一色海岸に面して建っており、散策路を通っていると、木々で海は見えないのに波の音がザザァ~っと聞こえてきて不思議な気分になります。やがて目の前が開けて、美術館の建物と海が見渡せるようになります。

散策路からみた美術館。こちらは本館ではなく、これから行こうとしているレストラン兼ミュージアムショップ。雨なのでしっとりとした雰囲気になっています。

052701

平日の午前11時でしかも雨だからか、案の定、レストランにはひとりも客がいません。食事をして帰るまで、結局誰も来ませんでした。目の前に海と庭が広がる絶好のロケーションで、レストランをひとりで貸切って食事をしているような感じでした(笑)。

052702

シーフードカレーをいただきました。エビ、ホタテ、ムール貝、タコといったシーフード、ナス、エリンギ、パプリカ、ブロッコリなどの野菜で具だくさんのカレーです。

052703

|
|

2011年5月27日 (金)

梅雨入りと放射線

週間天気予報を見たらずっと雨や曇りの日が続いているので、何なんだと思っていたら、どうやら関東地方は梅雨入りしたそうですね。しかし早すぎませんか、梅雨になるの。いつも6月に入ってだいぶ経ってからでしたよね。しかも台風が近づいてきてます。台風に刺激されて梅雨が早まったんでしょうか?1号2号と立て続けで、今年は日本に台風が総当たりになるんじゃないかと心配になります。こないだの1号は途中で熱帯低気圧に変わりましたが、今回の台風2号は非常に勢力が強いようです。30日あたりに関東にやって来そうですが、よりによってこの日は東京で打ち合わせなんですよね・・・。交通機関が乱れるんでしょうねー。

ところで最近はあまり原発関係のことは書いてませんでしたが、これについてはもう政府の言うことも東京電力の言うことも全く信用できない状況で、じゃあ何を信用すれば良いのかというのは、僕のような素人にはなかなかわかりづらいものがあります。一応自宅近辺の放射線量のチェックは随時していますが、地方自治体の観測は、その方法が適切でないのではと問題になっているようです。下図のように、文科省が発表している値と一般人有志が測った値に食い違いがあると。

Houshasen

1年間に人が浴びてもよいとされる放射線の量は1ミリシーベルトで、1日24時間屋外にいた場合、1時間当たりの放射線量は1000÷365÷24で約0.114マイクロシーベルトになります。この地図もまたどれほどの信ぴょう性があるのかわかりませんが、とりあえず信じるとして、東京代々木の値がまさにそれですね。千駄ヶ谷の僕の会社のすぐそばです。1日24時間屋外にいた場合の上限値ではありますが、屋内にいたとしても、木造の家の場合、果たして電磁波の中で一番強力なガンマ線は防げるのかという疑問があります。

一方、三浦半島西側では、逗子市と葉山町が役所のウェブサイトで発表している数値を見てみると、隣町どうしでも全く値が違うんですね。同じ日に逗子は0.03マイクロシーベルトで、葉山は0.1マイクロシーベルトだとか。ちょっと場所が変わるだけで全然値が違ってくるんですね。ただし簡易計測器で測っているようなので、日ごとの値のブレがかなり大きく、どの程度の確度があるのかはわかりません。

葉山町放射線測定値(PDF)

逗子市放射線測定値(HTML)

いずれもやはり雨の日は数値が倍くらいに跳ね上がっています。梅雨に入って放射線が多い日が続くのでしょうか?

そして海は海で汚染された水をどんどん垂れ流していたようですから、三浦半島まわりの海が今どういう状態にあるか、とても気になります。近所の漁師さんは普通に漁に出てますが、捕れたものは安全なんでしょうか? 特にうちの周辺はシラスが特産なのですが、千葉のコウナゴから基準値を大幅に超える放射線量出たりして、こちらは大丈夫なのかと非常に心配です。

またこれから海水浴のシーズンになりますが、人が泳いで大丈夫なのかも気になります。今は大丈夫でも、夏あたりに海流に乗って放射性物質がやってこないとも言えませんからね。なんせ情報が全然ないのでわかりません。先日、夏に逗子海岸で開催される「音魂」というライブハウスのイベントを3つほど先行予約で申し込みましたが、あっさり当選した上に2次先行予約を受け付けますというお知らせも来て、もしかしたら人の集まりが悪いのでしょうか?

果たしてこれからどうなるんでしょうね?

|
|

2011年5月26日 (木)

キッチンオレンジ

先日、夕食を夜遅い時間に外で食べなければならない状況があり、そんなときは、夜が異様に早いここ葉山界隈では選択肢が非常に限られてきます。一番手っ取り早いのは、会社から歩いて2分のところにあるデニーズですが、ここ数日かなりデニーズに入り浸っていたので、いいかげん飽きていました(忙しくて会社に泊まりこみなんかのときは便利なんですけどね)。あとはこのデニーズのちょっと先にあるトンカツ屋が24時までやっていますが、その日はお休み。同じく24時までやっているレトロなカレー屋「ラビットムーン」は先日行ったばかり。そこで、前々からちょっと気になっていた、オープンしてまだ1年ほどの「キッチンオレンジ」に行ってみることにしました。夜は23時までやっています。

キッチンオレンジのウェブサイト

食べログのキッチンオレンジのページ

それほど広くない店内には、1人でも気軽に食べれるカウンター席と、3つ(4つ? 奥のほうは壁であまりわからなかった)のテーブル席があります。夜の10時という遅い時間にもかかわらずお客さんが結構いて、僕ら夫婦が入店したあと1人の年配の方が来てほぼ満席状態。カウンターにはメニューの黒板があって、なかなかそそられる食べ物がびっしりと書かれてあり、どれを選ぼうか目移りしてしまいます。基本はイタリアンですね。地元の食材にこだわっているようで、この辺りでとれた海産物や野菜を使った料理が目立ちます。その中からハモンセラーノ(スペインの生ハム)のハーフサイズ、田舎風お肉のパテ、佐島産カワハギのカルパッチョ、スパゲッティ・ポモドーロ(トマトとモッツァレラチーズのパスタ)をいただきました。カワハギは日本料理でよくある魚の活造りのように、身をとったあとのカワハギの体も一緒にお皿に盛られてあってビックリしました(笑)。どれも美味しかったです。

僕ら夫婦はあまり開拓精神がないので(苦笑)、外食といえばいつも同じところに行ってしまっていましたが、この日ひとつ良いお店を見つけることができました。なぜか壁にEXILEのサインがあったのはどうかと思いますが、また近いうちに行ってみようと思います。

|
|

2011年5月25日 (水)

ブルーリッジ

前の記事に載せたでかい船ですが、自衛隊の船でしょうかなんて書いてしまいましたが、とんでもない、何とアメリカ海軍第7艦隊の指揮艦ブルーリッジでした。どうにも気になって、船体サイドに薄っすら見える「19」という番号を頼りにネットで調べて判明したのです。

ブルーリッジ(ウィキペディア)

ウィキペディアによると、ブルーリッジは1979年以来、第7艦隊旗艦として横須賀港を母港としており、湾岸戦争時には砂の盾作戦、砂の嵐作戦に旗艦として参加したとのこと。また、先の震災ではシンガポールから補給物資を日本に向けて運んだそうです。

しかしまた葉山の海で何をしていたんでしょうかね? ブルーリッジでニュースを検索してみると、5月13日付けでこんな記事がありました。

これが「トモダチ作戦」指揮の米海軍旗艦ブルーリッジ

どうやら大阪のほうに行ってたみたいです。大阪から横須賀に戻る途中なのかもしれません。 しかし横須賀に戻るだけならわざわざ葉山を経由しないで、下の地図の青い点線のとおりにまっすぐ観音崎を通っていったほうが近道なんですけどね。

052528

海岸線に沿って航行してるんでしょうかね?

|
|

sea

今日の海の様子。

早めに家を出たので通勤途中で寄り道。葉山・一色海岸にて。

052509

052517

波を眺めるカラス。

052518

モノクロでちょっと情緒のある感じで。

052519

お茶目な感じの会社前風景。

052521

沖にはごっつい船がいました。自衛隊の船でしょうか?

052522

そして周りには小さな船がたくさん浮いています。何か捜索でもしているのでしょうか?

052523

しかしよく見ると単に釣りをしているだけのようです。こんな上半身裸のふざけた捜索員もいないでしょうからねー。あきらかに釣竿持ってますし。

052525

休日でもないのにこんなに釣り客が沖にいることはほとんどありません。しかもこんなどでかい船が停まっているすぐ横でなんてのはとても不自然です。自衛隊主催の釣り大会でも催しているのでしょうか? 甲板にはヘリコプターが数機見えます。

052524

結局この船がここで何をしていたのかはわからず。

 

|
|

Flowers & Insects

いつものように花と虫を。

自宅のレモンの花が咲きました。昨年は実がつきませんできたが、今年はどうでしょうか。

052502

キウイの花も咲きました。しかしこれは雄株で、雌株のほうにも花が咲かないと実はなりません。残念ながらまだ雌株のほうにはつぼみもついていません。今年はダメですかねー。

052503

タイムの花。よく見ると、水も撒いていないのに花びらには小さな水滴がたくさんついています。こんなところから水分を発散しているんでしょうか?

052504

セージの花。上のタイムもそうですが、ローズマリーなど、ハーブ系の花は紫っぽいのが多いですね。

052505

ネギ坊主モドキもようやく花が咲きました。寄って見ると小さな花がたくさんついています。

052506 052507

これは会社に行く途中の公園に生えているハマダイコンの実。宇宙兵器みたいですね。先っちょからレーザー光線でも発射されそうです。

052511

自宅のレースラベンダーに来たヒゲナガバチ。足につけた花粉の量がすごいですね。

052508

こちらは公園。お尻をくっつけて交尾中のカメムシ。

052512

体が凹んでしまっているナナホシテントウ。つぶれたプチトマトのようです。これでは飛ぶことができないのではないでしょうか。

052513

蜜を吸うモンシロチョウ。

052515


|
|

2011年5月24日 (火)

はやまカードが満点に

葉山で買い物や飲食をすると、多くのお店で「はやまカード」というポイントカードにポイントがつきます。先日、友琉館という焼肉屋で夕食を食べたところ、ついにコンプリートしました。

052403

1年以上かかったでしょうか。長い道のりでした。このカードのヨレヨレ具合がそのことを物語っています。100円で1ポイントがつくのですが、1ポイントにつき1個のマークが押されるわけではなく、下の新しいはやまカードを見てもらうとわかるように、右端のマークは目と口しかないですよね。まず最初の1ポイントで口と目が印字され、その次のポイントで丸い輪郭線が、そしてさらにそのまわりに少しずつ点々が印字されていって、5ポイントでようやくひとつの顔のマークが完成するのです。

052404

コンプリートするには、90個のマーク、すなわち450ポイントを集める必要があり、100円で1ポイントですから、実に4万5000円分の買い物をしてようやく満点になるのです。焼肉屋に行ったりすればそこそこまとまった金額を使いますが、僕の場合はコロッケ屋でコロッケ2個と唐揚げ5個みたいな感じで300円とか、そんな使い方が多かったのでえらく日数がかかってしまいました。で、満点になるとどんな特典があるかというと、何と500円分の買い物券となります。4万5000円使って500円とは、これまたずいぶん割りが悪いポイントカードですよね・・・。ほぼ1%の還元率です(苦笑)。ただ、カードの裏をよく読むと「満点カードで楽しいイベントに参加できます」と書かれてあります。いったいどんなイベントなのでしょうか? ちょっと期待してしまいます。

|
|

宣伝

宣伝です。うちの奥さんが東京・根津のギャラリーにて、同じ武蔵野美術大学出身の友人と陶芸のグループ展をやっています。興味のある方はどうぞ見てやってください。

E69e97e794b0dm

期間: 5月24日(火)~29日(日)
場所: ギャラリーTEN  東京都台東区谷中2-4-2 tel.03-3821-1490

ギャラリーTEN ホームページ

|
|

New SLK

メルセデス・ベンツのSLKクラスがモデルチェンジしたようです。10年ぶりくらいでしょうか。

052401

052402

いよいよ「プチSLクラス」みたいなデザインになりましたね。旧バージョンはSLRマクラーレンのフロントノーズのデザインを取り入れたりして、SLクラスとは違ったイメージがありましたが、今回のモデルチェンジでSクラスに対するCクラスみたいな、SLクラスの廉価版という色合いが強くなった気がします。ちなみに下の写真が現行SLクラス。どうですか? 見た目あまり変わらないですよね。フォグランプのあたりがやや違うかなというくらいで。

052405

諸元表を見てみると、全長が10cmほど長くなっており、若干スマートになったのでしょうか。前モデルはほぼ4メートルジャストの全長に対して180cm超の車幅だったので、幅広感が顕著というか、弁当箱っぽいプロポーションでした。

以前のモデル↓
052404

値段は円高だからか据え置き状態で、排気量1.8リッターの4気筒モデルと、3.5リッターの6気筒モデルが出るようです。

http://special.mercedes-benz.co.jp/SLK-Class/

|
|

2011年5月23日 (月)

相性占い

先日西洋占星術の話を書いたので、本日は柄にもなく「相性占い」のことを。もちろん西洋占星術の上での話です。

占星術を信じる信じないに関わらず、ほとんどの人は自分の星座が何座なのかを知っていると思います。天球上の太陽の通り道を「黄道」(下の図の黄色い線)と呼びますが、全部で88ある星座の中で、その黄道にひっかかっているものを12個ピックアップしたものが占星術で使われる星座となっています。

052302

おひつじ座 3月21日~4月20日
おうし座 4月21日~5月20日
ふたご座 5月21日~6月20日
かに座 6月21日~7月21日
しし座 7月22日~8月22日
おとめ座 8月23日~9月22日
てんびん座 9月23日~10月22日
さそり座 10月23日~11月21日
いて座 11月22日~12月21日
やぎ座 12月22日~1月20日
みずがめ座 1月21日~2月19日
うお座 2月20日~3月20日

そして「私は○○座」というのは、自分が生まれた日に太陽がこれら12星座のうち、どの星座に位置していたかで決まります。例えば今頃の時期ですと太陽はふたご座にいますから、今日生まれた人の星座はふたご座になります。

いわゆる「星占い」でもっともポピュラーなものに「相性占い」があります。どの星座とどの星座が相性が良い、もしくは悪いかを判断するものです。下の図は12星座を円状に30度ずつに区切って並べたもので、同じ色どうし、つまり120度の角度をなす星座どうしが最も相性が良いとされます。

052301

その他に

60度 ・・・ そこそこ相性が良い

30度、150度 ・・・ 微妙

90度 ・・・ 悪い

0度、180度 ・・・ 良くも悪くもその人次第

となっています。で、これらについては、占い好きならば知っている人も多いと思います。ただ、この相性は自分の生まれの星座、すなわち「太陽」をベースにしたもので、西洋占星術では太陽はその人の表向きの性格、行動を表すとされています。つまり「外ヅラ」ということですね。公の場での人間性を示しているわけです。それに対してその人の内面、隠された人間性というのは太陽ではなく「月」によって決まるとされています。

恋愛や夫婦の関係でも、それが深い付き合いになってくると、両者の表向きの人間性ではなく、本来持っている隠された内面というのが重要になってきます。誰しも長く特定の人と付き合っていれば、お互いの本性が見えてくるわけで、その部分で相性が悪ければ、いくら相性の良い星座どうしでもうまくいかないのだそうです。結婚しても数年で離婚していまうカップルは、2人の月の相が悪いことが多いと言われます。

しかし自分の星座はわかっても、自分が生まれたときに月がどの星座にいたかを知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。それこそ占星術マニアでない限りは知らないのが普通です。それを知るには、生年月日だけでなく生まれた時間(何時何分)、場所(緯度・経度。星の位置は地球のどこで見るかで全く変わってくるため)まで特定できなければなりません。月は太陽や惑星にくらべてはるかに動きが速いので、刻々と位置を変えていくからです。

本気で相性を知りたい場合は、星座だけでなく自分や相手が生まれたときの月の位置を調べてみてください。生まれた日、時間、場所がわかれば、ホロスコープは下記のサイトなどで簡単に作成することができます。相性(角度)の見方は星座の場合と同じです。

http://www.unmeinosekai.com/astrology/myhoroscope.html
(↑僕が通っている占星術講座の先生のサイトです)

|
|

2011年5月22日 (日)

E.T.20周年記念特別版

先ほど、CATVのシネフィル・イマジカで「E.T.20周年記念特別版」を放送していたので見てみました。オリジナル版のE.T.を見たのは1982年ですから僕が高校1年のときで、当時テレビの番組でE.T.の似顔絵を募集する企画があり、得意だったエアブラシで描いて応募したところ入選?して、賞品にE.T.のゴムマスクをもらったことがありました。そして劇場にはそのマスクをかぶって見に行ったものでした(笑)。その後ビデオやレーザーディスクが発売され、買ったときは何度か見たものの、ほどなく興味が薄れてビデオ棚に置かれたまま埃をかぶることとなり、今回のオンエアで本当に久しぶりに見ました。それこそ20年ぶりくらいに見た気がします。もちろん、この「20周年記念特別版」はDVDも持っていないので見るのは初めてです。

特別版とオリジナルの違う部分は、E.T.を一部CGで作りなおしていること、オリジナルではカットされたシーンを再編集して盛りこんであることなどです。で、ちょっと苦言ですが、これ、一部とは言え、わざわざCGでE.T.をつくり直す必要はあったんでしょうかね? 20年ぶりくらいに見たとは言っても、どのシーンのE.T.がどんな動きや表情をしていたかは覚えているもので、CGで作り直している部分が、いわゆるディズニーのアニメっぽい漫画的な動きで、リアリティを感じないのです。アメリカ人がクリーチャーをCGで作るとみんなこういう動きになるんですかね? 妙にイキイキしていてすごく俗っぽく見えるというか、漫画の世界から飛び出てきたような感じで、オリジナルにあった、滑らかでない引っかかりのある動きゆえの神秘的なイメージがなくなってしまいました。質感もちょっとヌメッとしたものになっていましたし。

E.T.は地球という見知らぬ土地にただひとり取り残されてしまっているわけですから、その緊張感は並大抵のことではないと思います。誰しも極度に緊張しているとあまり動かなくなりますよね。動き自体も不自然になったりするでしょう。それなのに、変にイキイキと動きまわると逆にリラックスしているように見えて、ストーリーの中では違和感を感じます。

これがオリジナルを知っているからそう思うのか、それともE.T.を見るのはこの特別版が初めてだったとしてもそう思うのかはわかりません。しかし両方見た者としては、特に作り直す必要性を感じなかったというのが感想です。修正するのであれば、ラスト近くで子供たちが自転車で空を飛んでいるときに、合成の不具合でハンドルが消えてしまっているのを直してほしかったですね。ここは公開当時から僕はずっと気になっていたのですが、監督的には気にならないのか、今回見たら直ってませんでした。昔のオプチカル合成は今のデジタル合成より精度が悪いので、細かい部分はマスクの抜けが悪くて合成がうまくいなかいことが多く、特に自転車のハンドルはメタリックでブルーがかぶりやすいので合成が難しかったと思われます。

|
|

通勤路

土曜は天気が良かったので久しぶりに徒歩通勤。休日なのになぜ会社に行くかというと、猫の世話をしなければならないからです。猫がまだ千駄ヶ谷の会社のほうにいたときは、誰か会社に出ている人がいればその人に世話を頼むことができましたが、葉山には僕しかいないので、たとえ仕事がなくても1日に1度はエサやりやトイレの掃除に行かなくてはなりません。犬と違って猫はあちこちに連れていくことはできませんから、猫を飼うようになってからは休暇をとっても旅行に行くことはできなくなりました。自宅と会社あわせて6匹いますからね。

自宅から海沿いの国道に出たところ。こんな感じですから、昨日、夜暗くて道が見えないと書いたのもお分かりになるでしょう。

052103

道沿いにあるスローフードのお店「アーセンプレイス」。いまは改装中で6月にリニューアルオープンします。お店をやっているTさんとは、家族ぐるみでおつき合いしています。

052104

国道からは階段で海岸に降りることができます。このあたりは逗子・葉山のように観光客は来ないので、人は少なく、とても気持ちが良いです。

052110

052105

関根川という小さな川の河口。夏場はウミネコがよくここで水浴びをしています。

052108

海岸には謎の遺跡のようなものがあります。何の跡なんでしょうか? 生簀(いけす)だったようにも見えます。似たようなものは、葉山の会社前の磯にもあります。

052106

海岸沿いに久留和漁港を経由して行きます。

052111

海岸に沿って走る国道をひたすら歩いていきます。日差しは強いですが、海風が涼しく汗をかきません。

052112

長者ヶ崎が近づいてきました。風が強いので波がけっこう立っています。

052113

長者ヶ崎あたりでは国道が海岸よりかなり高いところにあるので、飛んでいるトンビをこんなふうに見下ろす感じになります。

052115

長者ヶ崎から見渡した秋谷の町並み。

052116

この辺りは山がちなので、民家は山の斜面に沿って建っています。なので、こんな急な階段もあったりします。あまり登りたくないですけどね(苦笑)。

052117

葉山御用邸前に来ました。ここから御用邸を通過するまでは、写真を撮っていると警備のお巡りさんがうるさいので、一時カメラを収めます。

052118

一色海岸のバス停。

052119

近代美術館の裏口にいたニャンコ。

052120

実はここまで来たところで、朝に食べたスイカがよくなかったのか、トイレ(大)に行きたくなったので、徒歩を断念してバスで会社まで行ってしまいました(苦笑)。

|
|

2011年5月21日 (土)

自販機停止

東北電力の管轄で、コカコーラが自販機の一時停止をするそうです。

東日本大震災 コカ・コーラ 東北電管内で自販機輪番停止

この記事によると、震災に関係なくこれまでも夏場の昼間には節電のために冷却システムを停止していたようですね。まあこれはいいとして、個人的にちょっと困っているのは、震災以来、節電の名目で夜中に自販機が明かりを消してしまっているということです。ただでさえ道路の街灯が1本おきに消灯しているという状況で、自販機まで暗くなると、僕が住んでいるところは夜歩いていて道が全然見えないのです。たまに車が通ればヘッドライトの明かりで照らされて何とか見えるんですが、月明かりもないと本当に見えないのです。昼間歩いているところなので何となく勘でわからないこともないのですが、どこまでが歩道でどこからが車道なのか判別がつかず、つまずかないように歩くのが大変です。

節電のためなら夜電気を消すこともないと思うんですけどね。夜は電気は余っているわけですから。表向きは節電ということで、実際は経費削減してるんですよね。節電ムードをいいことに、電気代をケチっているわけです。何事も東京とか都会をベースに物事を決めてもらうと、田舎に住んでいる我々はとんだとばっちりを受けてしまって困りますねー。

|
|

ウミウシが移動?

以前の記事(「今朝のウミウシ」)で、それまでに決して見たことのない場所でウミウシを見つけたことを書きました。下の画像はいつも観察をしている会社前の磯で、ウミウシは黄色い線で囲んだエリアでしか見ることができません。しかし数日前に初めて赤いバツ印の場所で見つけたわけです。

Shinnase

しかしその後、何度かこの場所を見てみたのですが、やはりウミウシはいませんでした。でもたった1度とはいえ、その場所にいたことは事実で、なぜそこにいたのかという理由を僕なりに考えていたんですね。前回は理由のひとつとして、黄色の場所で誰かがウミウシを捕獲して赤の地点で放したのではないかという説を挙げましたが、何かもっと違う理由があるのではないかと思うわけです。

そこで鍵になってくるのがこの磯の地形です。上の写真を見ていただくとわかるのですが、黄色い場所から右斜め上にやや深めの溝が伸びています。この溝の黄色いエリアにぎりぎり引っかかるところで、ときどきウミウシを見るんですね。ということはもしかしたらこの溝を這っているうちに上のほうのエリアへ迷い込むウミウシがごく少数いるのではないかと考えられるのです。

Shinnase2

もしそうだとすれば、根気よく探していれば、いつかこの溝を移動中のウミウシが見つかるかもしれません。そして数日探した結果、ついに水色のバツ印の場所でウミウシを見つけたのです。

Shinnase3

これがそのウミウシ。

052101

この細い隙間に隠れていました。

052102

これでこの溝の中をウミウシが移動しているという説にかなり信憑性が出てきました。

|
|

2011年5月20日 (金)

イキモノ

Yahoo! Japanアカウントのパスワードが大量に漏洩したとの噂がネットで流れているようです。当のYahoo! Japanはそのような事実はないと言っているようですが、そんな噂を聞くとちょっと心配になりますよね。なのでYahoo!のアカウントを持っている人は、ログイン履歴を確認してみることをおすすめします。

https://lh.login.yahoo.co.jp/ ←ここで確認できます。

普段自分が使っているパソコン等のIPアドレス以外からアクセスがあれば、不正アクセスの可能性があります。ただYahoo!が言っているように、Yahoo!アカウントを使用する外部サービスを使った場合、見覚えのないIPアドレスからログインしたように見えることがあるそうです。

今朝のネコたち。

会社のイオタ。爪とぎボードの上に乗っかっています。

052101

同じく会社ネコのゆずがトックリ蘭の葉を食べようとしています。

052102

自宅ネコのママ。

052103

会社前の海にて。鵜が海面から飛び立つ様子。

052104

052105

052106

052107

052108

砂浜に打ち上げられていたウツボの死骸。結構でかいです。

052109

|
|

彗星衝突

昨日は一日バタバタしていたので更新できませんでした。このブログでもよく書いているように、木曜日は隔週でリコーダー教室に通っています。そして第3木曜にはそれに加えて西洋占星術の講座に、もうかれこれ1年以上通っています。西洋占星術といえば「星占い」として、雑誌やテレビなどの占いコーナーでおなじみですが、あれは本来の占星術を100万分の1くらいに極度に簡略化したもので、本格的に勉強しようとするとかなり学術的?な話になります。なぜならば占星術とは古代の天文学そのものであり、古代エジプトやギリシャでは最先端の科学だったわけです。もちろん現代の天文学から見ればおかしなものに見えますが、古代人の知恵や自然に対する尊敬、畏敬の念の集大成だと言えます。科学的に正確ではないものの、人間という存在は宇宙・自然の一部にすぎないという考えには大いに共感できますし、曲がりなりにも今日の天文学へ続く道の出発点であるという意味では、宇宙論に興味を持つ者として知っておいて損はありません。この辺りを手っ取り早く知るには、元東大教授でインフレーション宇宙論の提唱者である佐藤勝彦先生が書いた「眠れなくなる宇宙のはなし」(宝島社)がおすすめです。

もともと小さいときから宇宙に興味のあった僕は、西洋占星術の勉強を始めたときに、何かしらその中に現代の天文学によって裏付けられるものがないだろうかと、いろいろ調べてみました。例えばご存知のように地球は太陽や月から重力の影響を受けていますし、生物の生体リズムは月の満ち欠けの周期とリンクしているといった話もあります。こんな感じで、他の惑星の運動が我々に何らかの影響を及ぼしているのではないかと考えたりしたわけです。しかし色々な事を勉強しているうちに、占星術における惑星の力というのは重力のような物理現象ではなく、占星術以前からある「数秘術」と呼ばれる占いをベースにした、一種の数遊びの要素が強いことを知りました。また、太陽や月はまだしも、遠くにある惑星が物理的に何か我々に影響を及ぼしているということはありえないということもわかりました。ある星の重力が地球に与える影響は、地球から見たその星の見かけの大きさに比例し、太陽系の惑星は地球から見ればほとんど大きさのない点なので、その影響は無視しても良いレベルなのです。

で、表題の「彗星衝突」ですが、下記のようなニュース記事がありました。

ホワイトハウスが文書を発表「エレーニン彗星衝突の危険あり」

エレーニン彗星(Elenin彗星、Comet Elenin) が現在太陽系の中心に接近してきているという。この情報に伴いホワイトハウスは対策をはじめる模様。
Comet C / 2010 X1(Elenin彗星、Comet Elenin) は2010年12月10日にLeonid Eleninによって発見された。2011年3月11日におきた東日本大震災を引き起こした原因はエレーニン彗星の引力だといわれる。この日エレーニン彗星と地球と太陽は一直線上に並んだ。

現在のエレーニン彗星の位置はまだ地球から離れている。しかし刻一刻接近しており、今年9月26日ごろエレーニン彗星は地球と太陽の間を通ると予測されている。この時もエレーニン彗星と地球と太陽はもう一度一直線上に並ぶ。しかしこの時は3つの天体の距離は小さく地球が受ける引力の影響は東日本大震災の比ではないという。

あるていど天文学の知識を持っていれば、地球からは肉眼で見ることのできないような彗星が、その重力で地震を引き起こすことなどありえないことはすぐにわかるわけです。地球の上空を回っているスペースシャトルが日本に地震を引き起こすなど誰も思いませんよね。それと同じようなことをこの記事は言っているのです。1980年代に「惑星直列」なる天文現象が起こり(実際には直線上に並ぶのではなく、ある狭い領域に惑星が集まる)、そのときは惑星どうしの重力が高まって大変なことが起きるとまことしやかに言われたものですが、結局は何も起こりませんでした。この記事についても、何も知識のない人は信じるかもしれないわけで、まずは記事を鵜呑みにせず、その裏づけをしっかりと調べることが必要ということですね。

|
|

2011年5月18日 (水)

今日の磯

昨日は終日東京で仕事のため更新できず。

またまた磯の写真ですが・・・・。

カニ。磯にカニはたくさんいますが、人の気配を敏感に感じ取って、すぐ岩陰に隠れてしまうので、実は結構写真を撮るのが難しかったりします。なので撮りたいカニがいたら、その場でじっと動かずに辛抱強く待っていると、そのうち恐る恐る出てきます。

051803

やや大きめなイソガニ。1匹だけだと思っていたら、もう一匹、色がちょっと赤めのが一緒にいました。つがいでしょうか?

051804

こちらが動かずにじっとしていると、こんな感じで穴から出てきます。どうやら右手がもげてしまっているようです。カニに利き手というのはあるのでしょうか? 利き手がなくなったら何かと大変ですよね。

051805 051806

見た目の雰囲気では、最初に出てきた黄色っぽいほうがオスで、赤っぽいほうがメスのような印象を受けました。オス蟹のほうは、メス蟹がエサを食べるようすをじっと見ていました。

051807

再びくっつく2匹。何か始まるかなと期待しながら見ていましたが・・・・

051808

単にオスがこちらのほうに来たかっただけのようです。

051809

このあと特に進展もなく、カニの観察はとりあえず終わり。

毎度、今日のウミウシです。先日と同じように、みな岩の上に取り残されて水の外に出てしまっていました。

051812

ウミウシは数日間は同じ場所にいるようで、昨日見たところに同じウミウシがいることが多いです。

051813

このウミウシはひどくて、もう完全に水気のないカラカラに乾いた岩の上に転がってました。クロシタナシウミウシ(マダラウミウシ)です。

051814

しかも結構な日差しが照りつけていて、これはさすがにかわいそうかなと思い、水の中に移してあげました。

051815

つかんでみてわかったのですが、体がヌルヌルしてるんですね。水中で触ったときには無い感触でした。水の外にいるときは粘液で体を覆って乾燥から身を守っているのでしょう。

ただ、水に移してから思ったことですが、もしかしてウミウシが水の外に取り残されてしまうのは何かしらのわけがあるんでしょうか? 敢えてその場に残ろうとする理由があったとしたら、勝手に水中に戻されてしまうのは本当は良くないことなのだろうかと思ったのです。心なしか、このウミウシは「ここはドコ???」みたいな感じで辺りをキョロキョロ見渡して落ち着かない様子にも見えました。


|
|

2011年5月16日 (月)

小魚

磯の潮溜まりでは、あちこちでとても小さな魚が群れで泳いでいます。何かの稚魚なのでしょうが、成長すると何になるのかはわかりません。どれも体長1~2cmほどです。

051609

クローズアップで。何の魚だかわかるでしょうか? 小さくて動き回るので、ピントを合わせるのに一苦労です。オートフォーカスでは合わせにくいので、マニュアルで撮ります。

051610

口を開けてます。エサを食べているようです。

051611

ちょっとチ○コのような生物。

051613

ケヤリムシという生き物です。

|
|

今朝のウミウシ

昨晩は急ぎの仕事で会社に泊まり。今朝、潮が大きく引いていたので観察に出てみました。今週は大潮が続いて午前中からお昼にかけて大きく潮が引くので磯の観察にはもってこいです。

熊野神社のお祭りが終わったので、やぐらが撤去されていました。

051601

今日は新しいウミウシを見つけました。シロウミウシです。これもまたきれいなウミウシですね。

051602 051603

こちらはいつものアオウミウシ。今日は普段より大きく潮が引いたからか、岩場に取り残されて海から出てしまっているものが目立ちました。下の2匹はいずれも水の外にいます。

051606 051607

これももうすぐ水から出てしまいそうです。

051604

そして今日衝撃だったのは、このウミウシ。

051608

普通のアオウミウシですが(模様やツノが無いように見えるのは裏返しになっているから)、問題はこのウミウシがいた場所です。今までに一度も見たことがない場所にいたのです。下図はGoogleマップで見た会社前の磯ですが、これまで黄色の線で囲んだ場所でしかウミウシを見たことはありませんでした。しかしコイツは赤い×印のところにいたのです。

Shinnase_2

これは驚きです。この1年間ずっと磯を観察して、初めてこの場所でウミウシを見つけました。ことあるごとに、この磯では黄色の場所にしかウミウシはいないよと人に断言していたのでショックです。ただ、この1匹以外には、その周辺でウミウシを見つけることはできませんでした。可能性としては、

  • 単にこれまで見つけられなかっただけで、黄色以外の場所でもウミウシはいる。
  • 誰かが黄色い場所で捕獲したウミウシを×印の辺りで放した。

といったことが考えられます。もし後者だった場合、この場所がウミウシの生息に果たして適しているのかどうかという問題があります。実際のところどちらかはわかりません。今後、注意深く観察を続けようと思います。

|
|

2011年5月15日 (日)

寄り道

今日会社に行く途中で撮った写真。

自宅そばの海岸から見た富士山。もうてっぺんの雪がかなり少なくなっています。

0515b01

こちらは富士山と反対側、秋谷の立石方向を見たところ。潮がだいぶ引いています。海面をびっしりと覆っているのはヒジキです。

0515b02

一色海岸バス停の近くにあるお宅。「Sunday Postcard」と書かれています。日曜だけやっているみたいですね。写真を撮っている僕が写り込んでいて少々間抜けですが。

0515b03

その横にある赤いポスト。葉山には、まだこの形のポストが現役であちこちにあります。

0515b04

一色海岸横にある公園。白い花がきれいです。

0515b05

久しぶりに一色海岸に来てみました。天気がいいので、たくさんの人がいました。

0515b06

思い思いに海を楽しむ人たち。

0515b08 0515b09
0515b07

ライフガードの人たちが訓練をしていました。夏が近づいたからでしょうか。

0515b10

このあたりは葉山でも屈指の豪邸ゾーンです。

0515b11

とんび。

0515b12

|
|

草刈り

今日の午前中は自宅まわりの草刈り。もうだいぶ前から通路が通れないくらい草ボーボーになっていたのですが、仕事の都合がつかなかったり雨だったりして長く放置していました。ようやく今日時間が取れたので、電動草刈り機で一気に刈ってしまいました。ただ、雑草とは言えども命あるものなのだし、虫たちの棲みかになっていたりもするので、刈っているときは少々複雑な気分ですが、人が通れないのでしょうがないですね。

キウイの木に花芽がつきました。ただしこれはオスの木で、これだけ花が咲いても実はなりません。メスの木にも花が咲かなければなりませんが、いまのところまだのようです。

051501

イタリアンパセリがみるみるうちに成長して、だいぶ巨大になってきました。もう1メートルくらいになっています。こんな大きなパセリ、みなさん見たことあるでしょうか?

051502

パセリの先端にはつぼみらしきものがついています。パセリの花は見たことがないので、どんな花が咲くか楽しみです。

051503

これは紫蘭(シラン)という蘭の花。冬は枯れてしまいますが、暖かくなるとまた大きくなります。雑草に埋もれていたので、今日草刈りをして初めて花が咲いていることに気づきました。

051504

アジサイにもつぼみがついています。

051505

ネギ坊主モドキのつぼみが割れて咲きそうです。ちょっと不気味ですねー。

051506

051512

つぼみだったイキシアも咲きました。

051508

051509

不思議なカタツムリが落ちていました。カラに毛が生えています。オオケマイマイというカタツムリだそうです。中身は空っぽでした。

051511

|
|

児島未散ゴールデンベスト

先日Amazon.co.jpから来たメールを見て驚いたのですが、何と児島未散のゴールデンベストCDが5月18日発売とのこと。児島未散とは知る人ぞ知る80年代後半から90年代前半にかけて活動していた歌手で、マニアックな存在であるはずの彼女のベスト盤が今この時期に出るということは、それだけ要望があったということでしょうか?

Michiru

◆ 収録曲◆
1.ハッチまた会おうよ
2.学園のDiary
3.Sweetest joker
4.月影のサブリナ
5.水のないプール
6.風にバカンス
7.星の涙
8.黒のドレス
9.8月の雨
10.悲しくなんて
11.プロポーズ
12.夢の手前で
13.季節の終りに
14.ジプシー

この曲目はどうでしょうかね。悪いとは言わないまでも微妙な感じがするのは、これ、どうやらレコード会社がVapだったときの曲だけのようですね。まあこんなことを書いても、このブログを読んでいるほとんどの人が何のことやらさっぱりわからないでしょうが。

彼女がVapに移籍したのは3枚目のアルバムからで、最初の2枚はフォーライフでした。余談ですが、いま僕の自宅が建っている土地は、元々フォーライフレコードのスタジオ建設予定地だったそうです。フォーライフは一度倒産してますから、その時に資産整理みたいな感じで手放したのでしょう。

で、僕的には「Best Friend」「MICHILLE」という最初の2枚こそ彼女のベストだと思っているので(世間的に人気が出たのは4枚目の「ジプシー」のとき)、これでベスト盤と呼ぶのはどうも違和感があるのです。わざわざ今になってベスト盤を出すのであれば、レコード会社の枠を超えてやって欲しかったですね。ただ、最初の2枚のアルバムはもうそれ自体でベスト盤と言いたくなるようなできなので、あえてそこから何曲か限定で選ばれても、それはそれで不満が出る気はします。

と、このように文句を書きながらも既に予約を入れてしまった僕は、結局レコード会社のいいカモでしょうか。

|
|

2011年5月14日 (土)

ウェブサイトリニューアルしました

昨日は終日東京で仕事をしていたので更新できず。

ウェブサイト http://www.hayashidahiroyuki.com をリニューアルしました。見た目が変わったわりには中身はあまり変わっていなくて、現状まだ残念な感じですが(苦笑)、これから徐々に充実させていく予定です。以前よりは趣味のことに力を入れていこうかなと思っていまして、今はまだアクセスできませんが「Cosmology」のページでは自分なりに勉強している宇宙論について、斬新なビジュアルで説明するようなコンテンツを載せていこうと考えています。

今日会社へ行く途中で神奈川県立近代美術館に寄って、開催中の

<視覚の実験室>モホイ・ナジ/イン・モーション

を見てきました。モホイ・ナジはドイツ・バウハウスの代表的なアーティストのひとりで(僕が大学生のときのデザイン概論の授業では「モホリ・ナギ」という呼び方だった気がします)、1910年代~1930年代に活躍した人物です。芸術と科学技術の融合に力を注ぎ、面白いのは、電話による説明だけで人に絵を描いてもらうといった(電話絵画)、今で言えばメールで作業の指示をするようなことを当時実験的にやったりしていて、その時代の先端の技術を積極的にアートに取り入れていました。絵画からグラフィックデザイン、舞台美術、果てはSF映画の特殊効果といったことまで、幅広い分野でその才能を発揮してるんですね。ナチスによる芸術活動の迫害や、渡米後に復活させたバウハウスが1年でぽしゃるなど、様々な障害があったにもかかわらず、死ぬ間際まで貪欲に表現活動をしていたその姿勢は見習うべきものがあります。

今日の夕暮れ。天気が良い日でしたが、ウェブサイトの更新のため、ずっと部屋に閉じこもってました。

051401

明日は会社裏の熊野神社のお祭りです。道にはちょうちんがぶら下がってます。

051402

風情があっていいですねー。夏がやってくる感じです。僕は神社の縁日が大好きなのです。

051403

051404

|
|

2011年5月12日 (木)

雨とスズメ

台風は熱帯低気圧に変わったそうですね。台風が直撃すると、自宅の植物が潮をかぶって大打撃を受けるので、とりあえず一安心です。とは言え、ずっと雨が降っていますが、そんな雨の中でも、毎日スズメがエサをねだりにベランダへやって来ます。もうすっかり暖かくなってエサには困らないと思うのですが、ずうずうしくもやって来るのです。

051201 051202

冬は羽根が空気を含んで丸々と膨らんでいたスズメですが、暖かくなった上に雨で濡れてずいぶんと細く見えます。

051204

051203

つぎつぎとやって来ます。

051206

アマゾンの箱に入っているノンチ。定位置です。

051207

ノンチには3匹の兄姉がいて、みなよそにもらわれて行きましたが、彼女は一番可愛くなかったので我が家に残されてしまいました。

051208

| | トラックバック (0)
|

2011年5月11日 (水)

ウェブサイト更新作業中

すっかりほったらかし状態になっている僕のウェブサイトの更新作業をしているため、こちらは簡単に。

台風が来てますねー。1号で早くも日本直撃です。天気図を見ると明日の夜に関東に来るようで、これから風雨が強まってくるのでしょう。関東地方の交通網は、明日は大幅に乱れそうです。東海道線なんかは運休になるかもしれませんね。通勤する人は要注意でしょう。

Taifu

葉山芸術祭も終わって一息ついているのと、打ち合わせの予定がなくなったので明日は自宅周りの草刈りでもやろうかと思っていましたが、これではちょっと無理そうです。

|
|

2011年5月10日 (火)

三ヶ岡ハイキングコース

今日は横浜のクロサワスタジオで撮影立会い。午前9時半のスタジオインに間に合うよう、7時過ぎに家を出ました。撮影は毎度朝が早いんですよね。今回初めてJR横浜線に乗りました。

昨日、写真家佐藤正治さんの展示を見た後、ひさしぶりにハイキングコースになっている山を越えて会社へ戻ってきました。1kmちょっとの、それほどハードではない山道なので、緑を浴びながらの散歩にはちょうど良いです。

登山口。会社のそばの登山口まで行くには、ここからとあじさい公園からとの2通りがあります。

051001

山道はこんな感じです。木には名前の札がついていて、勉強になります。

051002

やや急な階段もあります。先日まで工事をしていて、すっかりきれいに整備されていました。

051003

道の途中にある愉快な看板たち。

051004

051005

051007

どうやらリスが山道のマスコットになっているようです。このハイキングコースにはありませんが、他の山では右の鳥のバリエーションも見ることができます。下のようにちょっと物騒な看板もあります。

051006

山の花たち。これは「シャガ」というアヤメの仲間。

051008

コバノタツナミソウという植物。小さい葉の立浪草だからこの名前だそう。

051009

たぶん「ホウチャクソウ」というユリの仲間。

051010

ツツジの花にはたくさんのクロアゲハが蜜を吸いにやって来ていました。

051012

山道から見た葉山の町並み。葉山の中心地・元町地区、葉山マリーナ、逗子マリーナ、遠くに鎌倉の由比ガ浜~稲村ガ崎が望めます。

051014

山頂にはこんなのが建っています。

051013

|
|

2011年5月 9日 (月)

先日、葉山に住んでいらっしゃる写真家の佐藤正治さんが僕の展示を見に来てくださいました。佐藤さんは今日までご自宅で写真展をやっておられるとのことだったので、行ってきました。

佐藤正治写真展 B&W(ブラック&ホワイト)
http://www.kanshin.jp/hayama-artfes/?mode=keyword&id=897872

場所は、ちょうど僕の仕事場の裏山を越えた向こう側、三ヶ岡ハイキングコースの逆の登山口にあたるところで、縁側のある古民家です。写真をはじめ、DVDや過去のイベント映像など、いろいろと見せていただきました。物腰の柔らかなとても素敵なおじさまで、おしゃべり好きそうな奥さまと対照的なのが面白いです。



海に巡視艇が出ていました。ということは、葉山御用邸に皇族の誰かが来ているのでしょう。

050811

僕が勝手にサムと呼んでいる近所の犬。

050813

バス停でバスを待っているあいだに一枚。右のシルバーの看板が掛かっている場所は、この前までアリスヴィラリゾートという店名でしたが、最近「葉山テラス」という名に変わりました。もともと東京の老舗フレンチ、クィーンアリスが経営していましたが、どうなったんでしょうね。

050814

会社前にある「佐久間小屋」という葉山の名所。芸術祭の時期になると、このように愉快なデコレーションが壁を飾ります。

050816

会社横の脇道でお祭りの準備が始まりました。この道の奥にある熊野神社で、今月15日に例大祭が行われます。

050817

道の先はこんな感じになっています。奥の山のふもとに熊野神社があり、山を越えた向こう側に佐藤正治さんのお宅があります。

050819

こちら、会社の入り口。

050818

江ノ島の向こうに太陽が沈んでいきます。今日も一日が終わる(―と書いておきながら、実は昨日の写真だったりする)。

050820

|
|

シスの復讐

先日、日本テレビで放送していた「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を見て気づいたこと。今までずっとDVDの低画質で見ていたからかもしれませんが、今回初めてフルHD画質で見ると、合成のしょぼさが異様に目立って、ちょっと衝撃を受けました。宇宙シーンや夜などの周りが暗い場面はそこまで違和感を感じませんが、昼間の明るい場面では背景と人物のライティングがチグハグで全然馴染んでませんね。建物内部の本来セットを組むようなところでかなりCGを使っていますが、お世辞にも出来が良いとは言えないシーンが結構ありました。ラストで、オビ・ワンが赤ん坊のルークをラーズ夫妻に引き渡す、本来感動すべきシーンも、空があからさまに1枚の写真で奥行き感が全く感じられなかったり、何だかテレビのスター・トレックシリーズを見ているようで、感情移入する以前に興ざめしてしまいました。あまりにもVFXの量が多いので、1カットごとのクォリティーを落とさざるを得なかったということでしょうか。

メイキング映像を見ている限り、ルーカス監督のチェックは大きな試写室みたいなところで行われているようで、当然そのような場ではプロジェクタで上映となります。すると、やはり画質の低下は避けられないので、多少合成やCGに難があったとしてもそれほどわからないのではと推測します。映画を映画館で見るぶんにはそれでも特に問題はないでしょうが、ブルーレイディスクのHD映像をテレビで見ると、手を抜いてしまった部分があからさまに見えてきて恐いですね。その昔、まだ特撮がデジタル処理ではなかったころ、レーザーディスクなどでスター・ウォーズを見ると、宇宙船が飛ぶシーンで手書きのマスクがパカパカ見えてきたもので、テレビだと映像全体の輝度が上がってしまうため、映画館の暗い映像では決して分からなかったものがどんどん見えてしまうという落とし穴があったものでした。

スター・ウォーズシリーズもようやく9月にブルーレイディスク版が出ますが、全編こんな感じかと思うと、購入についてはちょっと考えてしまいますね。まあ特典目当てで買うとは思いますが。

|
|

2011年5月 8日 (日)

葉山芸術祭を振り返って

まだ終わったわけではないですが、最終日ということで今回葉山芸術祭に参加して展示をやったことについての所感など。

葉山芸術祭は、他の一般的な芸術祭とは異なり、きまった会場がありません。葉山町を中心として、隣接する逗子市や横須賀市に住むアーティストが、それぞれのアトリエや自宅にて作品の展示を行い、お客さんはパンフレット片手に徒歩、バス、車などでお目当ての所を見てまわります。葉山町には大きな規模のイベントを開催できる施設がないことを逆手にとった形態なわけです。

各アーティストにとっては普段の生活の延長線で気楽に参加できる利点がありますが、こと「集客」ということで言えば、個々の会場の場所や開催日時がバラバラで広範囲に及ぶので、ある展示を見に来たお客さんが、じゃあついでにこの展示も見ようかとはなかなかなれない欠点があります。また、僕のようなアーティスト自身は自分の会場にずっといますから、ほかに興味深い展示をやっていたとしてもそれを見に行くことができず、必ずしもアーティストどうしのつながりが生まれやすいとは言えない状況だったりします。したがって一応「芸術祭」という体裁をとってはいるものの、実質は限りなく「個展」に近いと言えるでしょう。たくさんのお客さんに来てほしければ、自分でどうにかしなければなりません。

せっかく葉山に仕事場を作ったので、これも何かの縁だろうと昨年・今年と2回続けて芸術祭に参加しました。では芸術祭に参加したことで、僕自身に何かメリットはあっただろうかと一歩引いて考えたときに、少なくとも現時点では-特に仕事面に於いては-大きく何かを得たとは言いがたいのは事実です。もちろん来ていただいたお客さんにはとても喜んでいただけて、その笑顔を見るとやって良かったなぁという気持ちになります。ただ、贅沢な望みかもしれませんが、やるからには何か仕事に結びつけたいという思いは少なからずあり、それも敢えて葉山という場所でやっているので、今までにないような方向で何かきっかけができればいいなぁと思うわけです。

何事も「継続は力なり」という言葉があるので、たった2回の参加で結果を出そうとするのは無理があるとは思います。しかもこの2回は特に何か確固たる目的を持ってやったわけではなかったので、来年以降参加する場合は、何のためにやるのかという目的やポリシーをきちんと定めたほうがいいのかなと感じたこの1週間でした。もちろん、ゆるくやれるのが葉山芸術祭の良いところではあるのですが、忙しい仕事の中を時間を割いて準備するわけですから、何かしらのメリットを享受できるようにはしていきたいですね。



今朝の自宅の植物。

つぼみがついていたセージの花がついに咲きました。

050801

ポピーのつぼみ、そして花が散ったあと。

050802

050803

左はイキシアというアヤメ科の植物のつぼみ。きれいなエメラルドグリーンです。右はブーゲンビリアの新芽。

050806 050807

ジャスミンの新芽。これもどんどん伸びていきます。

050805

ネギ坊主もどき(左)とドクダミのつぼみ(右)。

050808 050809

自宅の玄関前は雑草でボーボーです。芸術祭が終わってひと段落ついたら草刈りをします。

050810

クローバーの森。

050804

|
|

2011年5月 7日 (土)

今日のウミウシ

葉山芸術祭の展示もいよいよ明日が最終日となりました。今日は天気が悪かったので、お客さんはひとりだけでした(苦笑)。この方は去年も来ていただいたのですが、風貌が面白く、ハツカネズミの入った小さなカゴを首からぶら下げているのです。その姿があまりにも印象的だったので覚えていたのです。この近所に住んでいる方なんでしょうかね?

天気がぱっとしない一日でしたが、雨がやんだところを見計らって磯へ出てみました。この連休中は行楽客で賑わっていた磯ですが、さすがに今日は誰も来ていませんでした。誰もいない磯でじっと潮溜まりの中を覗いていると「チリチリチリチリ・・・・」「ジリジリジリジリ・・・」という、潮が引いていく(もしくは満ちていく)音が聴こえてきます。そしてときどき「ブリッ、ブブブブ」みたいな、おならそっくりな音も聴こえます(笑)。これは波が狭い岩の隙間に入っていくときに鳴るんですね。磯でうっかりおならをしてしまったときは、波が岩の隙間を通る音だと言ってごまかしましょう。

今日見たウミウシは5匹。その中から3匹の写真を。

まずは毎度のアオウミウシ。このアオウミウシはここ数日ずっと同じところにいました。

050701

最初は小さく縮んでいましたが、写真を撮っているとにゅ~っと伸びて穴の中に隠れていきました。人の気配は感じているんですかね?

050702

これがウミウシが隠れた穴。いつもこの近くにいるので、もしかしたらこの穴が彼の棲みかなのかもしれません。

050703

こちらはサラサウミウシ。これも色がきれいです。背中の模様が、いい具合に焼き色がついたクレープのようで、何とも美味しそうに見えるのは僕だけでしょうか。

050704

そしてひさしぶりに見たゴスロリウミウシ(クロシタナシウミウシ)。小さく丸まっていました。知らないとウミウシであることに気づかないでしょう。

050705

|
|

八つ頭と猫

会社で八つ頭(里芋)を水栽培していて、冬に葉が枯れてしまったのですが、夏が近づくとまた生えてきました。葉っぱの先からは小さな水滴が染み出てきて面白いです。

050715

050716

050717

この八つ頭、見た目が涼しげで夏向きの植物ではあるのですが、小さなアブラムシがたくさん湧くのです。部屋の中なのにどこからやってくるのか不思議なのですが、ちょっと不気味なので、今年は何とかつかないようにしたいところです。

今日の会社の猫たち。イオタ。

050718

ゆず。

050719

みかん。自宅の近所に「マーロウ」というレストランがあり、そこで名物のプリンをたくさん買ったときにもらった箱の中に、このみかんはいつも入っています。

050720

|
|

2011年5月 6日 (金)

ヤドカリ

会社前の磯には、それこそ何千、何万というヤドカリがいて、日々壮絶な戦いが繰り広げられています。今日偶然目にした戦いを見てください。

最初はこのオレンジの貝を持つヤドカリが、シルバーの貝にちょっかいを出していたのです。

050601

しつこくオレンジがシルバーを攻めます。次第に取っ組み合いの戦いになってきました。

050602

そしてオレンジが腰をたくみに動かして、自分の貝殻を相手にガツガツ打ちつける行為に出ました。

yado1

これを見て、もしかしたらオスがメスに欲情しているのかと思いましたが、殻越しの交尾はさすがに無理なので、やはり攻撃なのでしょう。そこへ、左から黄土色の別のヤドカリが参戦します。

yodo2

3匹がお互い絡まるようにバトルを繰り広げていると、とうとうシルバーのヤドカリが貝殻の外に放り出されてしまいました。

yodo3

哀れにも殻の外に出てしまったシルバーのヤドカリ。

050603

裸の恥ずかしい姿になったこのヤドカリは、最初はいじけて、その辺の岩にこびりついているエサを食べていましたが、間もなく自分の貝殻を取り返すべく、再度参戦します。

しかしいつまでたっても決着がつかず、気がついたら800枚以上の写真を撮っていました。上のGIFアニメもYoutubeの動画も、ムービーではなく静止画の写真をつなげたものです。芸術祭展示の開場時間が過ぎてしまったので、心残りですが決着を見届けることなくその場を去ることにしました。

|
|

2011年5月 5日 (木)

カラスの食事

磯で死んでいた魚をカラスが食べていました。

050501

050502

何の魚でしょうか? 僕はあまり魚に詳しくないのでわかりません。その魚をなぜかくちばしでくるりとひっくり返し、また中身をほじくって食べます。

050503 050504_2

このカラス、僕のけっこう近くにいるんですよ。僕もしょっちゅう磯に出ているので、最近は人の顔を覚えているのか、近づいてもぜんぜん逃げる気配がありません。

今日の夕焼け。遠くに江ノ島。

050505

葉山芸術祭参加中です。
http://www.kanshin.jp/hayama-artfes/?mode=keyword&id=892232"

|
|

続・サマータイム

前にも書きましたが、サマータイムを推奨している人は、なぜそこまでサマータイムを実施させたいのか、僕はまったくもって理解できないのです。つぎつぎと大企業がサマータイムを実施、または検討していることがニュースで報じられていますが、どうせあの企業がやるのならうちもやっておこうくらいのくだらない理由でやってるのでしょう。極めて日本的ですよね。節電をうたうのならば、何かもっと独創的・画期的な案を考えつかないのかとあきれてしまいます。1時間始業時間をずらしただけで劇的な節電効果があるとは、国民の誰もが思ってないでしょう。始業時間を早めるくらいなら、平日のどれか1日を完全に休業にしてしまったほうが節電になるでしょうし、従業員にとってもありがたいのではないでしょうか。消費という点でも、そのほうが促進しそうな気がしますし。

サマータイム推奨派のどの記事を読んでも、ほほぉ~っとうならせるものは全然ないんですよね。何だか的外れなものばかりで。誰か納得できる文章を知っている人がいたら教えてほしいくらいです。恐いのは、上に書いたように日本独特の右に倣え感覚で、どんどんほかの企業も始業時間が前倒しになっていかないかということです。僕は日本が国としてサマータイムを実施しますとならない限りは絶対やりませんけどね(笑)。他人がやるから私もみたいなことばかりで独創性が欠如していることが、今の日本企業が世界レベルで凋落してしまっている大きな原因でしょう。

話は全然変わりますが、会社の掃除機が壊れたので、ネットのショップで新しいものを物色しています。楽天なんかだとその商品を買った人のレビューが星つきで載ってますよね。これから買おうとする身としては当然レビューを参考にするわけですが、驚いたのは『商品がまだ届いてないので星3つにしておきます』といった類の、まだ商品を使ってもいないのにレビューを書き込んでいる人が異様にたくさんいることです。これって、とりあえず買ったら商品が届くまでそう書いておくような一般的な習慣でもあるんですかね? アマゾンでも発売前から星いくつとか書き込んでいる人がいるじゃないですか。まあ公開済みの映画のDVDなんかだと、あくまでも映画の感想ということで書き込めないこともないですが、Yahoo!の映画コーナーで公開前から感想みたいなのを星つきで書いてる人っていますよね。家電でも使ってもいないのに星3つですとか、いったい何なんだろうと思うのです。

これ、別に商品が届くのが遅くて星3つと言ってるわけじゃないですからね。購入ボタンを押すと同時にとりあえず星3つつけといて、届いたらあらためて評価しますということなのです。アナタ何を基準に星3つって言ってるんですか?と思いますよね。それがひとりではなく、たくさんいるんです。そんないいかげんなレビューをしないで、ちゃんと商品が届いて使ってから書けばいいじゃないかと思うんですが、よほどせっかちなんですかね。

|
|

2011年5月 4日 (水)

葉山芸術祭4日目

今日も多くの人に来ていただきました。東京など遠方からも来ていただき、ありがとうございます。

展示は8日(日)までやっています。みなさんがよくテレビで見るCMなどの映像で、どのようにCGが使われていて、どのように作られているかを映像で解説しています。こんなところでCGが使われていたんだと、みなさん驚かれるので、僕も2日間会社に泊まって作った甲斐がありました(笑)。会期中はずっと会場にいられそうです。

葉山芸術祭参加企画・葉山のCGプロダクション
http://www.kanshin.jp/hayama-artfes/?mode=keyword&id=892232"

今日は天気が良かったので、葉山の町はとても活気づいていました。会社前の磯も大勢のファミリーなどで賑わっていました。

050420

こちらは森戸神社裏の海岸。右奥に見えるマンションは逗子マリーナ。左奥は鎌倉の由比ガ浜あたり。

050421

ヨットやカヤック、船がたくさん出ていました。

050422

050423

|
|

今朝の植物とかウミウシとか

今朝のノンコ with 葉っぱ。

050401

例によって今朝の自宅周りの植物を。

色々なものが芽吹いてきました。こちらはネムノキの新芽。去年は、モンキチョウの幼虫に葉っぱを食い尽くされてしまったので、今年は気をつけないといけません。

050404

レモンの木の新芽。これも毎年アゲハチョウの幼虫に葉を食べつくされてしまうんですよね。でも僕は虫も好きなので、葉をとるか虫をとるか、非常に悩ましいところではあります。

050403

キウイの木もどんどん新芽が伸びています。去年の今頃はまだ右のような大きさでした。今では2階の高さまで届いています。あっという間に成長しますね。

050411 050424

野生のポピー。側面と正面。めしべの「米」みたいな模様が、手で描いたような適当さでいいですね。

050406

050407

左はルッコラの花。右はコリアンダー(香菜、パクチー)の花。ルッコラの葉には、これからモンシロチョウの幼虫がたくさんつきます。

050408 050414

クローバー。クローバーは放っておくと、瞬く間に増えて、他の植物のエリアを侵食してしまい、悩みのタネです。

050409

今朝、磯にいたウミウシ2匹。

050415

これは上と同じウミウシ。潮が引いてきたからか、水から出てしまわないように小さくなりました。

050416

こちらは別のウミウシ。色が薄めです。

050418

|
|

2011年5月 3日 (火)

サマータイム

「サマータイム」本格化=始業繰り上げで節電-大手企業

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011050300268

毎年この手の話はよく出てくるんですが、今年は震災による電力不足で一気に拍車がかかったようですね。いつも疑問に思うのですが、たかが1時間始業を前倒しにしただけで本当に節電になるんでしょうかね? 夏場は朝でも既にそうとう暑いので、朝だからエアコン無しというのは厳しいと思うのですが。夏場の電力需要ピークってお昼ごろじゃありませんでしたっけ? 結局そこでエアコンつけてたら意味がないんじゃないでしょうか? 少なくともコンピュータが仕事道具の会社はエアコンを止めることなんてできないですしねー。本当に節電効果を狙いたいのなら、夜中に仕事をすべきだと思います(笑)。

自分がそういう立場になっているわけではないので、あくまで想像でしかありませんが、個人的な感覚で言えば、全国的にはサマータイムではないが、一部の企業だけサマータイムというのが、そこで働いている人にとっては一番辛いと思うんですけど、どうなんでしょうか?。日本全体で1時間繰り上がるのならば、1日目だけいつもより早く起きなければならないものの、次の日からは普通のサイクルに戻るわけですよね。1時間時差のある外国に行ったようなものです。しかし自分の会社だけサマータイムで1時間繰り上がると、自分だけ他の人より1時間早く起きなければならず、では夜は1時間早く寝れるかというと、家族がいればその時間に合わせなければならないだろうし、見たいテレビなんかもあるかもしれないし、他の企業で働く友人と飲みにいったりということもあるでしょう。最悪1時間睡眠時間が減ることになります。まあ、それでも何日か続ければ慣れるのかもしれませんが、人によってはストレスとなるのではないでしょうか。

だからいっそのこと、今回サマータイムをやる企業は、夏だけではなく通年1時間早い始業にしたほうが、始業時間をコロコロ変えるよりも社員の精神衛生のためになる気がするのです。こういう大企業は実際に節電になっているかはともかく、「社会貢献してます」とか「エコ活動してます」というスタイルを見せて、あくまでも企業イメージを良くすることが目的だったりするので、そこで働いている人はとんだとばっちりを受けてかわいそうですね。もちろん始業時間前倒しを歓迎している社員も少なからずいるとは思いますが、僕はイヤですねー。

日経トレンディネットのこんな記事もありますが

“省エネ”だけでは判断できない、「サマータイム」の有効性

何かこう的を射てないように思えますね。しきりに仕事が終わってからの明るい時間が増えると消費が伸びるとかどうとか言ってますが、逆に暗くないとできないこととか、暗い雰囲気を楽しむことが減るわけじゃないですか。例えば花火とか。常に何かが増えると、その逆のことは減るわけです。日本では夜は暗いという風土の中で息づいているものがいろいろとあると思うんですけどね。すぐアメリカはこうだ、ヨーロッパはどうだと言いますけど、ここは日本だぞと。アメリカでもハワイはサマータイムはやってませんからね。サマータイムは、基本緯度が高い地域がやるものなのです。何だか頭が悪い記事だなぁと、それほど頭の良くない僕でも思ってしまいますよね。

そもそも、サマータイムを推奨するこの記事でも「節電」という意味では、アメリカの算出では1%削減できるかできないかという結果が出てるとはっきり書いてあるわけです。それでもサマータイムをやろうとする人は、いったい何が彼らをそこまで駆り立てているのか、理解に苦しみます。節電とは何か別の企てがあるんじゃないかと勘ぐってしまいます。



さて、今年も<音魂>の季節がやってきます。

音魂2011 公式サイト  http://www.otodama-beach.com/2011/

僕は今年は下記のライブに行く予定です。

●7月1日 スターダストレビュー

●7月11日 やさしさに包まれたなら2011

  出演 奥華子 つじあやの 熊木杏里 南波志帆 ふくい舞 まきちゃんぐ

●8月11日 稲川淳二の海岸ナイト@音魂逗子怪談



葉山芸術祭展示のほうは、今日は昨日とうって変わってたくさんのお客さんに来ていただきました。ありがとうございました。

|
|

会場の様子

葉山芸術祭3日目。会場の様子です。

050302

モニタにて、過去に手がけた作品のメイキング映像を流しています。

050303

会場内をうろつくイオタ。

050304

会社前の浜は大勢の人で賑わっていました。バーベキューのおいしそうな匂いがたまりません。

050301

|
|

2011年5月 2日 (月)

今日の夕暮れ

今日の夕暮れ。時刻は18時ちょっと過ぎ。魅惑のペールトーンです。

050201

050202

こんな感じのトーンの夕暮れとか、もっと晴れていれば日が完全に沈んでから暗闇になるまでの明るくもなく暗くもない時間帯が僕は好きなのです。一日の中で一番叙情的というか、何かとても懐かしい気分がよみがえってくるというか、覚えてはいないけれども、小さい頃に何かこんな状況で良い思いをしたことがあるのかもしれません。

会社の猫、イオタのちょっと変な顔。

050203

葉山芸術祭展示のほうは、今日は誰も来ませんでした(苦笑)。世間的には一応平日なんですよね、今日は。ゴールデンウィーク期間は、いつが休日でいつが平日なのかよくわからなくなります。

|
|

2011年5月 1日 (日)

ありがとうございました

強風と雨の中、わざわざ葉山の展示を見に来ていただいた方、どうもありがとうございました。天気が悪かったので誰も来ないだろうと思ってました。みなさん、普段よく見る映像なのに、自分の思わぬところでCGが使われていることを知って、とても興味を持っていただいたようでした。2日(月)、3日(火)は終日会場にいます。

今回ブルーレイディスクを作るのに手間取ってしまいました。オーサリングにはバッファローのブルーレイレコーダーに附属していたサイバーリンクのものを使っていて、これがなんとQuickTime形式の動画を読み込むことができないんですね。AfterEffectsで延々2時間くらいかけてQuickTimeを出力し、それをオーサリングソフトに読み込もうとしたときに気づいたのです。そういえば去年の芸術祭のときも同じミスをしていましたが、すっかり忘れてました。それでもう一度、今度はWMV形式でまた延々時間をかけてムービーを作りなおし。開場時間を過ぎてしまいました(苦笑)。ちょうどムービーを出力しているときにお客さんから「今から見に行きたいんですけど」という電話がかかってきて、申し訳ありませんが13時まで待ってくださいとお詫びした次第です。

|
|

本日より葉山芸術祭イベント

本日より、葉山芸術祭イベントで仕事場にて映像の展示をおこないます。今、ブルーレイディスクに書き込むためのムービーを出力しているところですが、なんせブルーレイディスクを作成するのは去年の葉山芸術祭以来なので、やりかたをすっかり忘れてしまっていて手間取ってます(汗)。開場時間に間に合わなそうです(苦笑)。何とかぎりぎり最低限のコンテンツはできそうではありますが・・・・明日以降はまたもうちょっと増えるかもしれません。まあ、あくまでもプライベートイベントという感じで、ゆるくひっそりとやっていこうと思います。アナウンスもこのブログと会社のHPでしかしてませんし。

●会場 

リンダ葉山アトリエ+ギャラリー
神奈川県三浦郡葉山町堀内1070 葉山シーランド2F
TEL. 046-877-0887

●時間 

11時~19時

●アクセス 

JR逗子駅または京急新逗子駅から葉山一色(海岸回り)行きのバスに乗って真名瀬(しんなせ)バス停下車。バスの進行方向に歩いて30秒ほどです。1階がオレンジ色のビルの2F。車の場合は、近くに安い町営のコインパーキングがあります。

大きな地図で見る

051909

今日は1日こちらにいます。ただ、会社に2日泊まって準備していたのでボサボサです(笑)。あいにく今日は天気が良くないですね。葉山を満喫するのならば晴れた日に来たほうがいいかもしれません(と、それとなく明日以降の来場を促してみる)。

|
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »