« 葉山花火大会 | トップページ | デジスタ・ティーンズ ワークショップ »

2011年7月 1日 (金)

音霊@逗子海岸

今朝出勤時に潮が引いていたので、例によって少しだけ磯観察。まだ午前ですが、既にかなり暑いです。磯に行くと、いつも最初にウミウシの様子を確かめるのですが、やはり暑いのが苦手なようで姿が見えませんでした。かろうじて、岩穴の奥深くに1匹だけいました。

これから海水浴シーズンになり、会社前の海岸も観光客がたくさん詰めかけてきます。そうなると、海の生物の採取に余念のない海水浴客の横で磯観察をする気にはなれないので、去年もそうでしたが、シーズンの終わる9月ごろまでは、おとなしく屋内に引っ込んでいようと思います。ウミウシもこの暑さで深い場所に潜ってしまっているようなので、まあいいかと。

先日産卵されていたアオウミウシの卵。通常はらせん状に産みつけられるらしいのですが、産卵途中で潮が引いてしまったからなのか、不定形になってしまっています。

070103 070104

ウミウシの幼生ってどんななんでしょうね? ここまで卵が小さいと、生まれてもきっとわからないでしょうね。下は、最近この場所に陣取っているトコブシ。見つけたのが僕だから何もされずに済んでいますが、たぶん他の人が見つければ、バーベキューの具材になってしまうでしょう。

070107

こちらも人間に人気のバフンウニ。ただしこの辺りのものはどれも小さくて、直径3~4cmくらいです。

070108

夕方から逗子海岸へ。

070109

海の家で早い夕食を食べて腹こしらえ。18時半から、海岸のライブハウス「音霊」で、スターダストレビューのライブ。

070101

開場を待つお客さんたち。スターダストレビューともなると、客の年齢層はかなり高いです。平均年齢40歳くらいでしょうか? どう見ても海に似合わない人たちがたくさん集まっています。

070102

アンコールで、RAG FAIRのおっくんが飛び入り参加。この辺りに住んでいるそうです。今日は曇っていて風もあったからか、ライブハウス内はそれほど不快ではありませんでした。念のためヒヤロンを持っていったのですが、使わずにすみました。今年はあと2回行きます。7月11日の奥華子・つじあやのらが出演する「やさしさに包まれたなら」と、8月11日の稲川淳二の「怪談ナイト」です。

 

|
|

« 葉山花火大会 | トップページ | デジスタ・ティーンズ ワークショップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事