« OB会 | トップページ | アメフラシ »

2011年8月27日 (土)

NUKE

082701

朝10時からNukeの講習会に行ってきました。うちの会社ではメインのコンポジットツールとしてAppleのShakeを使っています。僕自身もかれこれ13年余りShakeを使ってきましたが、既に開発が終わったソフトウェアであり、いずれ使えなくなることは目に見えているので、そろそろ新しいコンポジットツールに乗り換える必要があります。ノードベースのコンポジットツールに慣れた身としてはAfter Effectsは面倒なだけだし(一応サブのツールとして使ってはいますが、メインとして使うには心もとない)、そもそもLinux上で動いてほしいので、現時点ではNukeが最良だろうと。で、だいぶ前からNUKEのライセンスを購入してはいたのですが、なかなか乗り換えるタイミングがなく、今までズルズルと来てしまいました。さすがにそろそろ本腰を入れて触ってみなきゃいかんだろうなぁということで講習会に行ってきたのです。

講師は、これまで何度も一緒に仕事をやってきた顔なじみのコンポジター松田国策氏。松田さんはShakeのエキスパートでもあるので、ShakeユーザーがNukeに乗り換える際の注意点や利点などもいろいろと聞くことができました。そもそもNukeはデジタルドメイン社のインハウスコンポジットツールで、さすがに現場で揉まれただけあって、実に痒いところに手が届く仕様になっていますね。しかもShakeの開発者も関わっているそうで、Shakeの良い部分が取り入れられたりしているようです。

今回の講習は入門篇だったので、その内容はNukeの基本理念とユーザーインターフェースの説明があった後、ごく基本的な操作の仕方、コンポジットの仕方、3Dレイヤーの使い方を学ぶといったものでした。その辺がわかれば、あとは仕事でガンガン使っていくうちに個々の細かいツールについても習得できるでしょうから、さっそく今とりかかっている仕事でも使っていこうと思います。

082702

|

« OB会 | トップページ | アメフラシ »

CGのこと」カテゴリの記事