« いやはや | トップページ | 新人には不遇の時代 »

2011年8月 9日 (火)

身近な自然

奥さんから、また葉山のバス停でクワガタを拾ったとの連絡が。実は、だいぶ前に書いたミヤマクワガタは死んでしまいました。最初から弱ってはいたのですが、ミヤマクワガタは飼育が難しいらしいので、ヘタに飼わないほうが良かったかもしれません。ただ、自然に帰すと言ってもどこからやって来たのかよくわからないのです。たぶん裏の山から飛んできたのだとは思うのですが、山のどの辺りから来たかまではわかりません。お門違いの場所に戻しても生きていけない気がしますし、悩みどころです。

最近撮った動画。カルガモの親子、カマキリの子供、謎の軟体生物です。

カマキリは、この体を揺らしながら登っていく動きが面白いですよね。最後の謎の軟体動物は会社前の磯にいたものです。小さなタコかと思ったのですが、持ち上げてみても頭らしきものがなかったので違うようでした。ヒトデの仲間にしてはブヨブヨしすぎている気がしますし、何なのでしょう?

いつものように虫の写真。

左は自宅の朝顔の葉にとまっていたクロアゲハ。レモンの木に卵を産みつけに来たのでしょうか? 右はいつものキアゲハの幼虫。こうやって見ると宇宙生物のようです。

080910 080911

キウイの茎に一列に並んでとまっているアオバハゴロモという小さな昆虫。セミの仲間です。セミと同じく木の汁を吸って生きています。何と学名は「ゲイシャ(芸者)」といいます。 右はパセリの茎についていたカメムシの卵。だいぶ生まれた後のよう。

080912 080913

ルッコラの葉にとまっていたホオズキカメムシ。

080914

キウイの葉をムシャムシャ食べていたコガネムシ。

080915

こちらは東宝スタジオの桜の木にとまっていたアブラゼミとその抜け殻。

080916

080917

 

|
|

« いやはや | トップページ | 新人には不遇の時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事