« レグザフォンすご過ぎ | トップページ | ゼルダ »

2011年11月20日 (日)

DVDとか猫とか

112001

昨日はまるで台風並みの雨と風で恐ろしいくらいでしたが、今日はうって変わってよく晴れました。気温も上がって葉山の仕事場は久しぶりに冷房をつけないと暑くてしかたがないほどでした(コンピュータの熱ですぐ暑くなるのです)。このところまた忙しくなってきたのですが、猫の看病でずっと会社に泊まっているので、買っておいてそのまま見ずにずいぶんと放っておいた映画のDVDなぞをちょこちょこと夜中に見ておりました。「ダークナイト」「第9地区」「アリス・イン・ワンダーランド」「時をかける少女(仲里依紗版)」など。「ダークナイト」に至っては、2年以上かけてようやく全編を見ることができました(笑)。2年前に買ったのがNTSC版のDVDで、それを仕事の合間に見ていた途中で忙しくなり、そのまま放置。そうこうしているうちにブルーレイ版が出たのでそれを買い、またちょこちょこと仕事の合間に10~20分刻みくらいで見ながら、ようやく全編鑑賞完了。「第9地区」「アリス・イン・ワンダーランド」も買ったのは1年半ほど前でした。

112002

闘病中の猫のイオタには週に一度抗がん剤を投与してもらっているのですが、抗がん剤というのは癌を患っていない人(動物)がそれに触れると癌になるそうです。なのでお医者さんも薬を調合するときには細心の注意を払っているそうで、抗がん剤を投与された猫の排泄物には薬が混ざっているので取り扱いには十分注意しなければならないとのこと。会社では3匹の猫を飼っていて、健康な猫がイオタの排泄物にふれるといけないので、とにかく始終見張ってないとダメなのです。僕が打ち合わせなどで東京へ出る際は奥さんが面倒を見てくれています。

112003

112004

|
|

« レグザフォンすご過ぎ | トップページ | ゼルダ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事