« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

穏やかな一日

ニュースによれば東北や日本海側では大雪だそうですが、葉山はよく晴れ、気温も上がってとても穏やかな一日でした。

013101

冬の中休みといった感じで、こういった日に人けのない海に出るととても癒されます。夏の行楽客で賑わう海はそれはそれで風物詩として趣きのあるもので嫌いではありませんが、やはり人がいないほうが落ち着くものです。仕事の途中でふらりとそんな場所へ出て行ける幸せを感じます。

013104

013107

漁港の埠頭から仕事場のほうを見てみる。左側の4階建ての白いビルです。後ろの山はちょっとした登山ハイキングコースになっていて、天気のよい日は年配のハイカーがよく行き交っています。結構急な登り坂で意外と体力を使います。

013102

埠頭のボラード。

013103

|
|

2012年1月30日 (月)

初ウミウシ

15時ごろ潮が少し引いたので磯に出てみました。注意深く岩の隙間を見てまわるとウミウシを1匹見つけることができました。今年見た最初のウミウシです。

岩の隙間に隠れるようにいました。

013001

見づらいので、ウミウシ君にはかわいそうですが、つまんで水の外に出してみました。

013002

体長は4cmほど。ヤマトウミウシです。このウミウシはわりと季節外れに見ることが多いです。こちらは裏返したもの。

013003

水の中に帰すと2本の触角と花びらのようなエラが出てきます。寒いからか、動きは非常に鈍いです。

013004

頭のクローズアップ。2本の触角は目ではなく臭いの感覚器だそうです。

013005

お尻にあるエラのクローズアップ。

013006

いたのは○印のあたり。

013007

|
|

2012年1月29日 (日)

東京ではまだ雪が積もっていてびっくりした

風邪でダウンしていたのと、そのつけで仕事がバタバタしてしまったのとで更新が鈍ってしまいました。今日は打ち合わせで久しぶりに東京・千駄ヶ谷の事務所へ。電車を降りると、町のあちこちにまだ雪が積もっていてびっくりしました。葉山にいると雪が降ったことなどすっかり忘れてしまっていましたが、都心では結構積もったんですねー。そういえば東京へ行くときの電車の中で奇妙な光景に出会いました。JR大船駅で電車が停車中にふと窓外を見てみると、近くの電柱に何かくっついているんですよ。

012901

何だと思いますか? 拡大した写真がこれ。何と玉ねぎが電柱にくっついていました(笑)。

012902

なんでこんなところに玉ねぎがくっついてるんでしょう? ホームの線路内にはむやみに人は立ち入れませんから、JR関係者がやったのでしょうか? 謎ですね。

|
|

2012年1月26日 (木)

ダウン

昨日まで39度近くの熱が出て完全にダウン。インフルエンザかなとも思い、このまま熱が引かなければもう一度病院に行こうと思っていたところ、今日はほぼ平熱に。熱が出る前に喘息の経過観察も兼ねていきつけの病院へ行ったのですが、そのときはここまで症状が悪化するとは思いませんでした。ひとつ仕事の納期が間近に迫っているのでやばいです。この時期は代わりに誰かにやってもらおうにも、みなそれぞれの仕事で忙しいのです。

|
|

2012年1月21日 (土)

寒いですね

昨日金曜は葉山でも朝から雪。沿岸部では雪が降っても積もることはほとんどありませんが、山側では昨日程度の雪でも多少積もるようで、道では屋根に雪をかぶった車がちらほら走っていました。この辺りは海岸からいきなり山になっていて、たとえば秋谷の自宅では全然積もっていないのに、隣の小高い場所にある湘南国際村では除雪車が出るくらいに積もるそうです。葉山・横須賀は地域の大半が山で坂が多く、雪が積もるとすべりやすくなって危険なのです。

今日も引き続き寒いですねー。外に出るのがおっくうになります。みなさんは暑いのと寒いのとどちらが我慢できますか? どっちも嫌ですよね。夏の猛暑のときは寒いほうがマシだと思い、真冬のこんな日には暑いほうがマシだと思ってしまいます(苦笑)。

011803 My office entrance

ところでニュースを読んでいると気になる記事が。

<小澤征爾さん>水戸での演奏会指揮 体調不良のため降板

前にも書きましたが3月17日に神奈川県民ホールでおこなわれる小澤征爾音楽塾のオペラを聴きにいく予定で、チケットも既に送られてきているのですが、少々不安になってきました。昨年だったか一昨年だったか横須賀芸術劇場での演奏会も病気で降板されていて、度重なる大病と手術を経て、年齢が年齢だけにもう少しも無理がきかない状態なのでしょう。それでも引退せずに音楽にこだわる姿勢には鬼気迫るものがあります。死ぬときは指揮台の上だと考えているのでしょうか。

僕自身もいつまでCGの仕事ができるのかよく考えることがあります。指揮者に比べればCG制作のほうが精神的にも肉体的にもはるかに楽でしょうね。極端なことを言えばキーボードを操作する体力があればできるので。ただ20年後、30年後のCG制作が今のようにマウスとキーボードではなく全く別のデバイスになっている可能性は考えられます。声による命令だけで済むならばもっと楽になるかもしれませんね。スタッフみんながブツブツつぶやきながら仕事をしているオフィスはちょっと不気味でしょうが(笑)。

|
|

2012年1月19日 (木)

ファンタスティック・プラネット

今日は今年最初のリコーダー教室だったのですが、急ぎの仕事のため残念ながら欠席。しかし何ですかね、仕事をしていると早々に眠くなってくるのはなぜでしょう?。ゲームとか映画を見てたりとか、他のことをやっていると起きていられるのですが、仕事だと20時くらいから眠気をもよおしてきます(苦笑)。仕事柄、人からは夜型人間だと思われることが多いのですが、僕は夜はめっきり弱いのです。では朝型かというとそんなことはなく、これまた8時とか9時くらいまで寝ているわけです。夜も弱いし朝も弱い。しかし僕は血圧が高く、高血圧の人はたくさん寝たほうが良いらしいのでそうしようと思います(笑)。そのほうが血管に負担がかからないのでしょうかね。

010105 Ginza

個展用の作品を作るにあたって、いわゆる昔の「カルト映画」と呼ばれるものを片っ端からおさらいしなおしているのですが、その中でも特に印象深いのはルネ・ラルーの「ファンタスティック・プラネット」です。ルネ・ラルーはフランスのアニメーション作家で、とてもシュールな作風で知られています。「ファンタスティック・プラネット」はその彼の作品の中でも出色のできで、これより前の作品は素人臭さが抜けきれず、これより後の作品、たとえば「ガンダーラ」やメビウスとの合作「時の支配者」などはごく普通のアニメ絵になってしまい魅力に乏しく、ちょうどその両端の過渡期で奇跡的なバランスを持って生まれた作品だと言えるでしょう。余談ですが、子供の頃この「ファンタスティック・プラネット」と「時の支配者」を混同していて、長い間この作品はメビウス作だと勘違いしていました。

Fp Fantastic Planet

さて、映画にしろ何にしろ昨今の作品は技術的にこそ優れていますが、本質的なアイデアは源流に遡っていったほうが衝撃的なものに出会える気がします。そういうものに触れることで想像力が刺激される。それは他の作品をパクるという意味ではなく、例えばナトリウムが水に触れると劇的な爆発を起こして全く別の性質を持った物質に変わるように、化学反応的に新しいものがインパクトを持って生まれるのだと思っています。

|
|

2012年1月18日 (水)

加湿器

冬になるといつも悩まされるものが「静電気」です。僕は帯電性質なので、この時期になると金属製の物に触るのが怖くなります。車に乗るとき、ドアノブをつかむとき、椅子に座るとき、猫をなでるとき、何かにつけて指先にバチッと激痛が走るので常時10円玉などの金属を手に持って、何かに触るときは前もってそれで放電します。そのたびに生まれる小さな雷のような青白い光はとてもきれいで面白いです。

011802

仕事場で暖房のためにずっとエアコンをつけていると空気が乾燥してくるので(お金をけちって加湿機能のないエアコンを買ってしまった)、先日パナソニックの加湿器を購入して使っています。これに「ナノイー」と書かれたボタンがついていて、それを押すと超微粒子イオンが発生してカビやアレルゲン、臭いを抑制するらしいのですが、作動させると抑制どころか逆に妙なニオイが出てくるんですね。青臭いというか何というか決して良いとはいえない臭いがするんです。気になってネットで調べてみると、同じような苦情がかなり見つかりました。「カメムシ臭がする」とか「魚臭くなる」といった書き込みが目立ちます。おそらく僕が「青臭い」と言ってるものと一緒でしょう。臭いを抑えるつもりがかえって変な臭いが充満するのでは意味がありません。むしろ健康に悪そうな感じもするので、ナノイーボタンは押さないようにしています。

|
|

2012年1月17日 (火)

久しぶりの磯

011601 My Office @ Hayama

春~夏の間はこのブログで頻繁に会社前の磯の写真を載せていましたが、秋から冬にかけては昼間に潮が引かなくなり、磯が現れないので磯観察はお休みです。それでもこの2日間くらいは夕方ぎりぎり日が沈む前にちょっとばかり潮が引くので、何ヶ月かぶりに磯に出てみました。完全に潮が引くわけではないのでウミウシがいるポイントまでは行けませんでした。

こちらはどこにでも普通にいるハクセキレイ。あまり人を警戒しません。

011606

イソヒヨドリのオス。水色とオレンジの色の対比がきれいです。その名のとおり海岸でよく見る鳥です。

011602

潮溜まりにいた巨大ヤドカリ。15cmくらいはあったでしょうか。イソギンチャクを2個背負っています。

011603

クローズアップ。水面が風で揺れていたのでややボケ気味になってしまいました。

011604

磯をひととおりざっと見てみましたが、やはり寒いこの時期は水の中はとても静かでほとんど動きを感じません。それでもじっと目を凝らして見てみると、小さな生物たちが健気に生きているのがわかります。こちらは普通の2cmくらいのヤドカリ。

011608

これはアメフラシの赤ちゃん。

011609

|
|

2012年1月16日 (月)

がっかり

今朝東京へ出るのに、電車の中で朝食を食べようと逗子駅前のマクドナルドでチキンナゲットとポテトとファンタグレープを購入。電車にのってチキンナゲットを開けてみたら、なんとソースがないではないですか。注文の際にちゃんと「バーベキューソース」と言ったのに。チキンナゲットをソース無しで頼む人はそうそういないと思うのですが、このソース入れ忘れって割とあるんですよねー。電車に乗ってから気づいたのでもう店まで引き返すことはできず、しかたなくソース無しで食べました。しかしソースをつけないマクドナルドのチキンナゲットって正直マズイです(苦笑)。全部食べ切れませんでした。モスバーガーのはそんなことはないんですけどね。

一日の初っ端をこんなふうにくじかれると、何だか虚しいです。これからは商品を受け取った時点で確認するようにします。

011605 Zushi station

ところで冬になって自宅の花壇を荒らす何者かがいます。春に向けてチューリップの球根を植えてあるのですが、朝になると穴が掘られ、球根がなくなっているのです。これまでに何度かありました。リスかタヌキの仕業だと思うのですが油断なりません。

|
|

2012年1月15日 (日)

町長

葉山町長選挙の投票結果が出て、34歳で前町議会議員の山梨崇人氏が当選しました。実は僕は知人つながりでちょっとだけ山梨氏の選挙運動のお手伝いをしていたので、彼が新町長になれたことはとてもうれしいです。ただ当選の喜びもつかの間、これからが大変でしょうね。とても前向きで不屈の精神を持った方なのですが、旧態依然の町職員、町議員とやり合っていくのは容易なことではないでしょう。

僕は葉山町民ではありませんが、今の仕事場の場所が好きで葉山で働いている以上はどんどん町に良くなってほしいですし、葉山の素晴らしい自然をいつまでも残してほしいと思っています。選挙戦では「葉山生まれ・葉山育ち」をアピールする候補者が多いのですが、結局ずっと同じところにいる人にはその場所の良さがわからないんですよね。自分にとってあまりに当たり前になっているので、その良さに気づかず、隣の芝生が青いのを羨ましがって変な方向に変えていこうとする。もともとは個々に独自の魅力を持っていた土地がそうやって全国的に均一な味気ないものになっていくのです。

山梨氏には前途多難な道が待っているでしょうが、微力ながら僕に協力できることがあれば積極的にやっていきたいと思います。

|
|

2012年1月14日 (土)

はちみつ

先日「すかなごっそ」に寄ったときに買った葉山のはちみつ。

011401

上山口という、内陸側の山がちな地域で養蜂をやっているそうです。ネットで探したらブログがありました。

はちみつあんこのブログ

「百花夏」と書かれてあるので、単一種の花ではなく、色々な夏の花の蜜が混ざっているのでしょう。上山口の里山に咲く花々の蜜をミツバチが集め回っている姿が目に浮かびます。色は少し濃いめ。葉山の自然が凝縮された濃密な味でとても美味しいです。そっけないラベルがいかにも手作りっぽくていいですね(笑)。

こちらは会社猫のイオタ。皮膚ガンの領域がどんどん広がって、目の周りもこのようにブツブツが大きくなってきました。

011402

病院の先生によれば全身に悪性腫瘍が多発するケースは猫では珍しいと。最初に手術、その後は何種類かの抗がん剤を試してみましたが、どれも効きめがありませんでした。根本的に治す方法はないので、今はとりあえず猫が苦しまないように朝と夜の2回、病院で注射を打ってもらっています。ただ全身に腫瘍があるので、注射を打てる場所がだんだん減ってきています。もともと痩せ型の猫でしたが、さらに体重は減って骨と皮だけのようになってしまいました。毛が生えているので写真ではあまりわかりませんね。一緒に飼っている他の2匹の猫が丸々と太っているので、分けられるものならイオタに分けてあげたいです。

元気なころはとてもけなげな猫だったのですが、最近は偏屈爺さんのように頑固で怒りっぽくなっています。特に食べ物が非常に難しく、あまりちゃんと食べてくれません。色々なエサを試してみてはいますが、日によって食べたいものがどんどん変わっていくので困りものです。この年末年始は吐きまくって全くエサを受けつけなくなり、10日間くらい何も食べませんでした。今は少しずつですが、食べてくれてはいます。

|
|

2012年1月13日 (金)

会場決定

今日、個展会場の申し込みをしてきました。青山学院前のこちらになります。期間は10月11日から16日までの6日間です。以前の記事で占星術によると10月の1~10日あたりが最高と書きましたが、そこはすでに埋まっていたのでこの期間にしました。占星術はあくまで古代人の天文学・宇宙観というスタンスで勉強しているだけなので、スクウェアエニックスが以前の目黒アルコタワーから引っ越す際にW社長が占星術師に言われて今の新宿クィントビルに決めたような行動(ネットでのウワサですが)はとりません(笑)。もともとこの時期にやろうと考えていて、試しにホロスコープを見てみたらたまたま良い運勢だったというだけです。

010602 My office @ Hayama

夜は代々木の居酒屋で会社の新人歓迎会。なぜかその日たまたま採用面接に来ていた外国人学生も一緒に(笑)。うちの会社はそれほど人の出入りは多くありませんが、それでも5年、6年と勤めていると海外で働きたいとか、フリーランスになりたいとかで辞めていく人はいます。僕自身数年単位で会社を変わってきた身ですし、人の人生を左右する権利はないので、無理に引き止めることはしません。ただ縁あって一緒に仕事をすることになったならば、その人が悪人であるとか実力があまりになさすぎるといったことがなければ、できるだけ長くいてほしいと思うものです。

|
|

2012年1月12日 (木)

選挙

011201 Sangashita beach @ Hayama

今月15日(日)に葉山町の町長選挙があります。また現役の町議会議員2名が町長に立候補したため、議員の補欠選挙も同時に行われます。なので町では候補者の街宣カーが行き交っており、そもそも葉山町は狭いので、ものすごいサイクルで同じ候補者の車が仕事場の前を何度も通過していきます。町長というと町内会の会長さんのように聞こえますが、葉山町というのは地方公共団体なので鎌倉市とか品川区などと同レベルになります。

面白いのは候補者が街頭演説をする場所で、例えば横浜市長の選挙なのに横須賀市や鎌倉市で街頭演説をしても意味がないわけで、普通は自分の選挙区内で演説をしますよね。しかし葉山町の選挙では、多くの候補者が逗子駅前で演説します。言うまでもなく逗子駅は逗子市にあります。ではなぜ他所の自治体で演説するかというと、葉山町にはショッピングセンターなど人が多く集まる場所がなく、鉄道も通っていません。通勤する人は逗子駅から電車に乗るので、確実に葉山の有権者がやって来るのがこの逗子駅なわけです。

ご存知のように葉山は田舎ですから、横浜や東京に出るのに時間がかかります。したがって朝の通勤ラッシュの時間はすごく早いです。一日のうちバスの本数が一番多いのが午前6時台で、ちなみに僕の自宅の最寄のバス停では6時台には10本、7時台には9本のバスが来ます。有権者の出勤が早いので、候補者もそれに合わせて駅に行くわけで、聞いた話では午前5時ごろから駅前で奮闘しているそうです。夜明け前の一番冷え込む時間帯で大変ですね。

|
|

2012年1月10日 (火)

10年

昨年末の会社の納会のときに話していて、今の会社を立ち上げてもう10年経ったことに気づきました。正式に法人化したのは2003年ですが、リンダという組織を立ち上げたのがその1年前。僕はそれまで5年以上ひとつの組織とかグループに所属し続けた経験がなかったんですよ。最長だったのが美大進学予備校のすいどーばた美術学院で、これが5年。別に5浪したわけではなく(笑)、生徒として1年、大学に入ってから4年間講師のアルバイトをやって計5年間在籍していました。次がスクウェア(現スクウェアエニックス)時代の4年3ヶ月。そして大学時代の4年間。小学校は3年生のときに転校しているので、5年というのが最長だったのです。

011001

僕は元来興味の対象が移ろいやすいというか、同じことをずっとやっていられない性格で、CMメインで仕事をしているのも、ゲームや映画は制作期間が長すぎてモチベーションを維持できないからです。その僕が10年続けられているのはスゴイことだなと(笑)。自分の会社なので当然と言ってしまえば当然なのですが、たとえ自分の会社であっても嫌になればあっさり辞めてしまうと思うので、現状はそれなりにモチベーションと興味を維持できているということでしょう。スタッフや仲間に恵まれていることに加え、葉山に移ってきて環境が大きく変わったことも影響しているのかもしれません。

話は変わりますが、転んで捻挫した右肩の痛みが一向に治まらず思うように動かせません。それどころか、右手の指を動かすのに違和感を感じるようになりました。捻挫ってそういうものなのでしょうか? もう一度病院に行ったほうがいいですかね?

|
|

2012年1月 9日 (月)

東京で初打ち合わせ

今日は東京で今年最初の打ち合わせ。お昼に白金、そして夕方に目黒で。ちょっと早めに白金に着いたので、その隣町の高輪を歩いて散策してみました。この辺りは都心ではありますが、新しい高層マンションの狭間にまだ昭和のレトロな建物が残っています。発展が著しい品川駅の近くだからでしょうか、古い家をどんどん壊して更地にし、再開発をスタートさせようとした矢先に不景気に突入してしまい、しかたなく駐車場にしてしのいでいると思われる空き地がとても目立ちます。時代から置き去りにされてしまったような、ちょっと寂しさを感じさせる町でもありました。

010901

010902

010903

010904

最初の打ち合わせが終わって次の打ち合わせまでだいぶ時間があったので、個展の会場となるギャラリーを物色するために渋谷へ。宮益坂のクア・アイナでベーコンバーガーを食べて腹ごしらえをし、青山、原宿と歩いてめぼしをつけておいたギャラリーを回ってみるも、ことごとく休業中。そもそもギャラリーは月曜休業なのが多いのと、まだ正月休みが続いていたりでとんだ失敗でした。辛うじて原宿のデザインフェスタだけは営業中でしたが、ここは大きな建物の中にいくつもの展示室が存在するというタイプで、それぞれひとつずつの部屋自体の雰囲気は悪くないのですが、壁を隔てたすぐそばで違う展覧会をやっているのはちょっと落ち着かないかなと。

余談ですが、数年ぶりに裏原宿の通りを歩いて、その寂れっぷりに唖然としてしまいました。ファッションの流行の発信地などと呼ばれていましたが、もともと洋服屋だった場所はことごとく空き家になっており、「貸物件」の貼り紙ばかりが目立ちます。僕の会社が原宿にあったときによく通っていた頃の華やかさは見る影もありません。若者が以前にも増してファッションにお金をかけなくなったということでしょうか。

そうこうしているうちにすっかり日も暮れ、次の打ち合わせ時間が近づいたので南青山三丁目のバス停から都バスに乗って目黒へ。写真は夜のとばりが下りる南青山の町。

010906

|
|

2012年1月 8日 (日)

富士山いろいろ

最近撮った富士山いろいろ。いずれも仕事場の窓から。毎日見ていますが、決して同じ表情を見せることはありません。なので毎日が一期一会の風景です。

010801

010803

010804

010802

010806

010805

|
|

2012年1月 7日 (土)

三崎

今日は久しぶりに三崎で昼食。

「マグロの町」らしく、三崎の町中ではこのように切り落とされたマグロの頭が店先に置かれています。

010702

庄和丸というお店に入ります。黒板に書かれた本日のおすすめ。

010703

僕は鮪三昧御膳をいただきました。赤身・中トロ・大トロのお刺身と、マグロの甘辛煮、海藻の味噌汁。

010704

三崎から仕事場に戻る途中で「すかなごっそ」に立ち寄り。すかなごっそは道の駅のようなもので、横須賀・葉山の地場農産・畜産物がお手ごろな価格で売られています。夕飯用の野菜などを購入。

010705

すかなごっその近くにある長井水産にも寄ってイオタ用のイワシを購入。ここは隣接している長井港でその日の朝に揚がった新鮮な魚介類を直売しています。なので少し遅い時間に行くと魚によっては既に品切れのこともあります。

010706

|
|

2012年1月 6日 (金)

ベン・シャーン

神奈川県立近代美術館の葉山館で開催中の「ベン・シャーン展」を鑑賞。

010608

ベン・シャーンは1900年代前半に活躍したアーティストで、「クロスメディア・アーティスト」と書かれてあるとおり、絵画、写真、グラフィックデザイン、オブジェなど様々な技法を使って、世界恐慌後の閉塞感溢れるアメリカ社会で生活する人々の喜怒哀楽を描きだしています。独特のセンスが生み出す構成・フォルムは僕らのような者にとってはアイデアの宝庫ですね。僕は美術館に行ってもその展覧会の図録本を買うことはほとんどないのですが、今回は即座に買ってしまいました。彼の多くの作品は写真を再構成することで作られており、その元ネタの写真が並べて展示してあるので、それがどのような回路を経て絵画やイラストレーションになったのかが読み取れて興味深いです。

3日前に道で転んで捻挫した右肩がまだちゃんと動かせません。肘から先は普通に動かせるのですが肩が不自由なので、ジャミラ(下の写真)のような動きになっています(苦笑)。

010609

仕事が仕事なので生活に致命的な支障はきたしていませんが、食事をしたり、歯を磨いたり、風呂で体を洗ったり、背中まで伸びた髪を束ねたりと色々なことが普段より面倒になってイヤですね。念のため整形外科の病院で見てもらったところ骨に異常はなく関節捻挫ですと。しばらくすれば自然に治るとのことなので、それまでは我慢です。

仕事場の窓から海を眺めるイオタ。

010701

|
|

2012年1月 5日 (木)

ボンジュールとか秘境とか

葉山の老舗パン屋ボンジュールが2月で閉店するというので、ランチに行ってきました。パンはちゃんと買ったことがないのでその味がどうとかは言えませんが、併設されているレストランが地元の魚などの食材を美味しく料理して出すので、ときどき利用していました。

010604 Googleストリートビューより

店はいつも結構賑わっているようでしたが残念なことです。この日はヒラスズキのポワレ、アメリケーヌソースをいただきました。こんがり焼かれたヒラスズキに甲殻類のクリームソースと数種類の野菜のグリルが添えられます。パン屋のレストランなのでパンは食べ放題です。

葉山といえば海を連想しますが、実際には海岸に面しているエリアはそれほど多くなく、「葉山」というくらいでそのほとんどは山です。海岸からすぐに山になっているため、住宅の多くは下の写真のように山を削った斜面に建っています。

010605

こういった住宅街は比較的新しく作られたようで(30~40年くらい前)、町のちょっとはずれに行けば、のどかな里山の風景があちこちに残されています。そういったところは車で来てもなかなかわからないですね。てくてく歩いて散策することで隠された魅力を発見することができます。

たとえば葉山町役場近くにあるつつじヶ丘という住宅街から僕の仕事場近くの住宅街へ抜ける道では下の写真を見てもらうとわかるように「ここは秘境か」と思わず言ってしまいそうな風景に出くわします。

010606

010607

西岸良平の「鎌倉物語」という漫画では葉山がずいぶん田舎に描かれていて、雑誌編集者が葉山在住の作家の家へ原稿を取りにいったら道に迷って山で遭難したなどという話がときどき出てくるわけです。まだ葉山のことをよく知らなかった頃は、さすがにこれは大げさだろうと真に受けませんでしたが、最近はあながちありえないことではないなと思うようになりました。

|
|

2012年1月 4日 (水)

今年の運勢

今年は5年ぶりに個展を開催する予定です。例年4~7月頃が仕事的にはいくぶん楽になる時期で、この期間でオリジナル作品を制作し、秋ごろに個展で発表しようかと思っています。では具体的にいつ開催すべきか、西洋占星術を使って探ってみました。僕は科学書を読み込んでいる反面、このようなややオカルト的な分野にも興味があり、学生の頃は渋沢龍彦の本が愛読書でした。

西洋占星術で運勢を見るには、まず自分が生まれたときのホロスコープを作成しなければなりません。昔はちょっと高めの占星術本に付録としてついていた天文暦を片手に、自分の生まれた時間を世界標準時に変換して、出生場所の緯度・経度から各惑星の位置を割り出すという面倒くさい計算をしていましたが、今は自動で星の位置を計算してくれる便利なフリーソフトがネットで手に入ります。出生時のホロスコープができたら、次に運勢を知りたい日の惑星の位置を求め、それが出生時の惑星とどういう位置関係にあるかを調べることで未来予測をするのです。

Horo_2

そうやって調べていくと、今年の10月上旬あたりが何かをやるのに適していそうだとわかりました。上の図がそうで、重要な位置関係を作っている惑星のみを表示しています。中心にあるのは地球。そして一番内側の円内にあるのは出生時の惑星、そのひとつ外側の円内にあるのは今年10月上旬の惑星、一番外側の円の記号は星座を表しています。

僕の出生時には9室に太陽、10室に金星があります。金星は「美」を表すほかに「芸術」の意味もあります。10室は「専門的職業」とか「社会的ステータス」といった意味があり、つまり出生ホロスコープでは芸術的な分野の仕事で社会的なステータスを得ることを表しています。それが10月上旬に「コミュニケーション」を意味する水星と120度の角度をなし、アートで人とコミュニケーションする、つまり作品を発表するにふさわしい時期だと予測できます。また「自己表現」を意味する太陽がやはり10月上旬に同じ太陽どうしで120度をなします。ちなみに水星も太陽も5室で相をなしており、5室には「クリエイティブな自己表現」という意味があります。さらに出生時の太陽が木星と120度をなしていて、木星は最大の吉星であるので、出生時の太陽のパワーがより高められるという効果があります。

この位置関係がだいたい10月1日から10日くらいまで続くようなので、その期間を逃す手はないと思うわけです。ただこの時期は「芸術の秋」というくらいでギャラリーも早く予約で埋まってしまうでしょうから、今からなる早で押さえておかなければなりませんね・・・・。

|
|

2012年1月 3日 (火)

正月の風景

完全手抜きで葉山の仕事場とその周りの風景を。

010301

010303

010302

010304

正月三が日は葉山はまずまずの天気でした。

夜、イオタを病院に連れていった帰り、イオタが入ったカゴを抱えたまま道でつまづいて転倒。その衝撃でカゴが壊れイオタは脱走。僕は地面で右肩を強打して捻挫。痛みで肩が思うように動かせなくなりました。

 

|
|

2012年1月 2日 (月)

ISS

このCMの仕事でISS(国際宇宙ステーション)の写真資料を集めるため、制作期間中Googleの画像検索で「ISS」をキーワードに幾度となく検索をかけたのですが、ISSと入力するたび、毎回下図のように「issa はげ」という候補ワードがトップにでてきます。

010201

issaとは言わずと知れた男性ボーカルユニットDA PUMPのボーカルで、ネットではよく彼の髪のことが話題になっているわけですが、このように候補として最上位にでてくるほど検索がかけられているとは凄いですね。ただ、実は僕自身かなり髪の生え際が後退してきており、これを見るたびに心に突き刺さるのです(苦笑)。しかも生え際がことごとく白髪化しているため、余計にハゲてきているように見えるわけです。まあそういう年齢だからしょうがないとあきらめ、カツラだとか植毛だとか往生際の悪いことをやってみる気はサラサラありませんが。

で、このBOSSのCMのシリーズは毎回CGが結構使われているのですが、ほとんどは見ていてそれがCGであることがわからないようなもので、今回のように全面にCGが使われることは珍しいです。宇宙モノなので必然的にそうならざるを得なかったこともありますが、最近はここまで贅沢にCGを使うCMはめっきり少なくなりました。もちろんその原因はクライアント各社が広告費を年々削りつづけていることによります。それでもサントリーは昔からCMを「作品」として位置づけ、今なおこだわりを持って作り続けている数少ない企業ですが、これからもそれがずっと続くとは限りませんね。

|
|

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。人様の役に立つようなことは特にこれといって書いていない当ブログですが、知人・関係者への近況報告くらいにはなっているのではないでしょうか。今年もお暇な時にでも読んでいただければと思います。

今年は奥さんと葉山の仕事場で年越し。0時過ぎに裏の神社へお参りに行きました。普段はまったく人がおらず、鳥居と小さなほこらだけで境内らしい境内もない神社ですが、ことのときばかりは大勢の人で賑わっていました。

010101

参拝者全員に甘酒、豚汁、みかんの大盤振る舞い。僕らもいただいて寒さで凍える体を温めます(と言っても仕事場から1分足らずの場所なんですが)。そのあと、外に出たついでなので森戸神社の様子も見に行ってみました(仕事場からは歩いて3、4分くらい)。案の定参道には参拝者の長い行列が。イオタの面倒をみなければならないのと、この寒い中を並ぶのは嫌だったので、そのまま引き返しました。

010102

夜が明け、午前10時過ぎにイオタを連れて病院へ。動物病院の先生方は正月も休みなく働いています。表向きは休診日ですが、入院している動物たちがたくさんいるので休むわけにはいかないのですね。なのでイオタのように目が離せない子は正月でも診てくれるのです。

病院から戻って東京板橋の奥さんの実家へ年始の挨拶。イオタが心配ではありましたが、とりあえず薬も打ってもらいましたし、少しの時間なら大丈夫だろうと。今日から首都高速の料金体系が変わったんですね。今までどこから乗ってどこで降りても一律の料金だったのが一般の高速道路と同じ距離別料金になりました(ただしETC利用者のみ)。うれしいのは、東京の首都高と神奈川の首都高が別料金ではなくなったこと。これまで神奈川で600円、東京で700円の計1300円とられていたのが、900円で済むようになりました。

実家でおせちとお雑煮をいただいてすぐ葉山に戻ってきました。そして夕方もまた病院へ。

|
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »