« 正月の風景 | トップページ | ボンジュールとか秘境とか »

2012年1月 4日 (水)

今年の運勢

今年は5年ぶりに個展を開催する予定です。例年4~7月頃が仕事的にはいくぶん楽になる時期で、この期間でオリジナル作品を制作し、秋ごろに個展で発表しようかと思っています。では具体的にいつ開催すべきか、西洋占星術を使って探ってみました。僕は科学書を読み込んでいる反面、このようなややオカルト的な分野にも興味があり、学生の頃は渋沢龍彦の本が愛読書でした。

西洋占星術で運勢を見るには、まず自分が生まれたときのホロスコープを作成しなければなりません。昔はちょっと高めの占星術本に付録としてついていた天文暦を片手に、自分の生まれた時間を世界標準時に変換して、出生場所の緯度・経度から各惑星の位置を割り出すという面倒くさい計算をしていましたが、今は自動で星の位置を計算してくれる便利なフリーソフトがネットで手に入ります。出生時のホロスコープができたら、次に運勢を知りたい日の惑星の位置を求め、それが出生時の惑星とどういう位置関係にあるかを調べることで未来予測をするのです。

Horo_2

そうやって調べていくと、今年の10月上旬あたりが何かをやるのに適していそうだとわかりました。上の図がそうで、重要な位置関係を作っている惑星のみを表示しています。中心にあるのは地球。そして一番内側の円内にあるのは出生時の惑星、そのひとつ外側の円内にあるのは今年10月上旬の惑星、一番外側の円の記号は星座を表しています。

僕の出生時には9室に太陽、10室に金星があります。金星は「美」を表すほかに「芸術」の意味もあります。10室は「専門的職業」とか「社会的ステータス」といった意味があり、つまり出生ホロスコープでは芸術的な分野の仕事で社会的なステータスを得ることを表しています。それが10月上旬に「コミュニケーション」を意味する水星と120度の角度をなし、アートで人とコミュニケーションする、つまり作品を発表するにふさわしい時期だと予測できます。また「自己表現」を意味する太陽がやはり10月上旬に同じ太陽どうしで120度をなします。ちなみに水星も太陽も5室で相をなしており、5室には「クリエイティブな自己表現」という意味があります。さらに出生時の太陽が木星と120度をなしていて、木星は最大の吉星であるので、出生時の太陽のパワーがより高められるという効果があります。

この位置関係がだいたい10月1日から10日くらいまで続くようなので、その期間を逃す手はないと思うわけです。ただこの時期は「芸術の秋」というくらいでギャラリーも早く予約で埋まってしまうでしょうから、今からなる早で押さえておかなければなりませんね・・・・。

|
|

« 正月の風景 | トップページ | ボンジュールとか秘境とか »

西洋占星術」カテゴリの記事