« 雑煮&パスタ | トップページ | 日本のCG教育もしくは美術教育 »

2012年2月15日 (水)

来ましたわー

いやー、どうかなと思っていたんですが来ました。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

この度お申込みいただきました下記公演について、主催者よりご連絡です。


   ▼小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXI「蝶々夫人」
      公演日:2012/03/17(土)
      会場 :神奈川県民ホール 大ホール


本公演は、オペラ形式での上演を取り止め、全4公演を演奏会形式(セミ・
ステージ付)で行い、各公演の指揮を小澤征爾塾長とピエール・ヴァレーが
分担して行うことといたしました。

すでにオペラ公演のチケットをご購入のお客様は、現在お客様に
ご用意している席番と同じ座席にて演奏会形式をご観覧いただけます。

公演詳細は http://www.ongaku-juku.com/j/index.php をご確認ください。


上記に伴い、お客様には、演奏会形式公演への振替えか、払戻しを
ご選択いただきます。

それぞれの手続き方法を下記にご案内いたします。
詳細をご確認のうえ、所定の期限内にお手続きください。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

先の水戸での公演を体調不良で降板していたのでもしやと思っていましたが、案の定こんなふうになってしまいました。もちろん払い戻しはせずに、この新しい公演に振り替えますが。でもしかたがないですね。小澤氏の音楽にかける情熱はすごいと思いますが、もうあまり無理しないほうがいいのではないでしょうか。

今日の磯の生物。

ボウシュウボラ(房州法螺)という巻貝。ホラ貝の仲間です。結構大きくて15cmくらいありました。隣に100円玉を置いたので大きさがイメージできると思います。

021501

磯で見つかるこの手の貝は、死んで貝殻になっているか、中にヤドカリが入っていることがほとんどですが、これはまだちゃんと中に貝の身が入って生きていました。触ると引っ込んでしまいますが、しばらく放っておくと恐る恐る中身が出てきます。

021502

2本の触角が出てます。毒々しい色ですが、刺身で食べるとなかなか美味しいらしいです。ただしフグ毒に似た毒があるので注意が必要だそうです。今日初めて気がついたのですが、貝殻の開いた口から下にニョキっと突き出ている部分、これって排水管?のための突起なんですね。上の写真を見ると突起部分の下に丸い管が見えます。単なる飾りではなく形にはちゃんと意味があるということですね。

バフンウニ。この磯にはたくさんいます。ただしサイズはみな小さく、これも直径4cmくらいで、この磯では大きいほうです。よくカラスの餌食になっています。真ん中の小さな丸は肛門。

021503

ひっくり返してお腹側。こちらの真ん中の丸は口。下から食べて、頭から排泄するんですね。

021504

イソギンチャク3つ。造形が面白いですねー。

021505 021506

021507

ナマコを頭のほうから見たところ。未知の惑星に棲むモンスターみたいです。海の生物の醍醐味といえば、まさにこの非日常的な異世界感、エイリアン感みたいなものでしょう。その造形美は見ていて飽きません。

021508

ウミウシは今日は見つけられず。

 

|
|

« 雑煮&パスタ | トップページ | 日本のCG教育もしくは美術教育 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事