« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

プロメテウス

このところめっきり映画を観にいかなくなりましたが、久々に観にいきたいと思っているのがリドリー・スコットの「プロメテウス」。これほどワクワク感を煽る予告編は近年なかなかありませんでした。今年の期待度ナンバーワン映画は「ダークナイト ライジング」かと思ってましたが、ダントツでこの「プロメテウス」でしょう。

予告編を4つ。

僕と同年代のSF好きでこれを見て興奮しない人はいないのではないでしょうか。「エイリアン」の第1作が公開されたのが1979年で、その前に「オーメン」と「スター・ウォーズ」でヒットを飛ばしていた20世紀FOXは、オーメンの恐怖感とスター・ウォーズの特撮を融合したようなダン・オバノンのこの企画に乗ったわけですね。その思惑どおり映画は成功で、この後に何作も続編が作られたのはご存知のとおりです。

「プロメテウス」は「エイリアン」第1作目のさらに前のお話になるそうで、第1作目でその謎が明らかにされることのなかったスペースジョッキーや、ギーガーがデザインしたU字型でハンマーヘッドのエイリアン宇宙船が予告編の中で動いているのを見ると、もうそれだけで僕らの世代の人間は観に行かざるを得ないでしょう。特に3つ目の予告編を見ると、H・R・ギーガー特有の「バイオメカニック」なエイリアンの外観がどのようにして誕生したかという理由付けみたいなのが語られるようにも思え、興味は尽きません。公開が待ち遠しいです。

|
|

2012年4月29日 (日)

行楽日和

今日はとても天気が良く、葉山の町は陸・海ともに、とても混雑しているようでした。

042913

仕事場前の浜はBBQをする人で賑わってました。

042914

芸術祭展示の様子。今日は友人関係がけっこう来てくれました。葉山くんだりまで来ていただいてありがとうございます。

042912

今日も花壇にはハチがたくさん来てました。こちらはクロマルハナバチ。大きなハチで、ラベンダーに止まると花がその重みで大きく揺れる上に、黒くて露出をあわせるのが難しく、写真が撮りにくいです。

042904

ベロが出たまま飛行中のクロマルハナバチ。

042905

ヒゲナガハナバチ。妖精みたいです。

042909

こちらはハチではなくアブ。キンセンカの花にとまってます。

042903

|
|

2012年4月28日 (土)

芸術祭状況

何度かブログに登場した花壇のチューリップも終わりの時期になってきました。花が開ききって、もはやチューリップなのかどうかもわからない状態だったり、完全に散ってしまったものもあります。しおれてきたら花は切り落として、葉と茎はそのまましばらく放置しておきます。枯れてきたら土を掘り起こすと新しい球根がたくさんついているのです。

042801

月桂樹の新芽が一気に出てきました。成長した葉はカレーなどの料理の際に役立っています。枯れてもすごく良いにおいがするのです。

042802

こちらはハーブコーナーに植えてあるセージ。つぼみがつきました。ラビオリのセージバターソースなんかを作ってみたいですが、うちのセージはまだ摘み取れるほどたくさんはありません。横に植えてあるローズマリーとミントの勢力が凄まじく、セージは大きくなれないようなのです。

042803

葉山芸術祭の展示は昨日から始まってます。昨日は平日でしかも雨だったからか、来客は2名(笑)。それも通りすがりの人。今日はまあぼちぼちといった感じでした。来てくれた人の反応を見て、上映する映像の内容を少し変えてみたりしています。見る人にもよりますが、CGへの興味が薄い人には25分の尺は長いようでした。また、できるだけ退屈しないで見れるように、内容の順番も入れ替えてみてます。明日はそれを反映したものを上映します。

こんな感じのところでやってます。

042810

|
|

2012年4月26日 (木)

芸術祭

明日から葉山芸術祭の展示。しかし上映する映像はまだ制作中・・・・果たして明日までに間に合うのか? あまり大した展示になりそうにないので、もしいらっしゃるという方がいましたら、葉山でのハイキングをメインにして、そのついでに僕の展示に寄るくらいのスタンスでいらっしゃったほうがガッカリしなくて済むかもしれません(苦笑)。

ギャラリーにする側の部屋の電球がいつもすぐに切れて困っていました。換えてもほんの2、3日でまた切れるんです。古い建物だからか、どうも電圧が安定していないようです。天井には全部で13個の電球があるのですが、だんだん交換するのが面倒になり、最近はそのうちの2個しかつかなくなりました(仕事をする部屋は別なので大丈夫なのです)。しかし明日から芸術祭の展示なので、思い切って全部の電球をLEDにしました。久しぶりに明るい部屋になりました(笑)。それでもやはり電圧のせいか、ときどき電球がチラチラ点滅するんですね。実は天井の照明には調光器がついていて明るさを調節できるようになっているのですが、どうもこれが悪さをしているっぽいです。調整してちらつきが出ないようにしてみましたが、これで安定するかどうかはわかりません。

自宅のキウイの木。3年目になります。4本植えてあり、雄株、雌株がともに2つずつ。去年雄株のひとつに花が咲きましたが、雌株には花が咲かず実はつきませんでした。今年はどうでしょうか。

042417

|
|

2012年4月25日 (水)

雑記

とりとめもなく、昨日今日で撮った写真を。

チュウシャクシギというシギの仲間の鳥。中くらいのシャクシギだからチュウシャクシギ。仕事場前の磯にて。この場所でこの鳥を見るのは珍しいです。この鳥自体は全然珍しくはないのですが。少なくとも、僕が葉山に仕事場を移してから見たのはこれが初めて。しかしあんな細い足一本でよくバランスを崩さずに立てるものですね。

042501

真名瀬漁港のカラフルな漁船。向こうに見える青い屋根はデニーズ。その横の白い建物は有名人御用達のセレブマンション。その左の木々は森戸神社。奥の山を越えると逗子。

042502

芝崎の猫たち。こちらのチャトラは飼い猫か? 右目が悪いようでした。

042503

耳に切れ込みの入った地域猫。バットマンのクリスチャン・ベール似(笑)。

042504

今日のウミウシ。見つけたのは3匹。相変わらずアオウミウシのみ。昨日はこの暖かさにも関わらず全然見つかりませんでした。

042505

042510

こちらは巻貝。前に何度か見つけたボウシュウボラかと思いましたが、中身の色・模様が異なるようです。模様はこちらのほうが毒々しいですね。何という貝でしょうか?

042506

042507

何かの稚魚。大きさは2cm弱くらい。群れでいました。

042509

|
|

2012年4月24日 (火)

ハチ

昨日とは打って変わって暖かい晴れの天気。気温が上がったので一気に虫たちが活動し始めたようです。自宅花壇の花にはたくさんのハチが蜜を集めにやってきていました。特に紫色のラベンダーが人気なようです。よく見ると何種類かのハチが来ているようです。

こちらは一見ミツバチに見えますが、足の毛がフサフサしているのでヒゲナガハナバチだと思います。触角が短いので恐らくメス。

042401

長く太い舌を花に差し込んで蜜を吸っています。

042402

で、こちらがオス。色が違うので上とは違う種類のヒゲナガハナバチかも。

042408

042409

これはマルハナバチ。黒くてずんぐりむっくりしているので、パッと見恐いですが、これも花の蜜を吸う温厚なハチです。

042410

オレンジ色のお尻が特徴。体が黒いので写真を撮るのが難しいです。

042411

キアゲハもラベンダーの蜜を吸いに来ていました。

042413

042415

|
|

2012年4月23日 (月)

一日中雨。パッとしない天気が続きますね。寒いですし。今日は朝から東京で打ち合わせ。こんな天気の日に遠出をすると雨が靴に染みて靴下がグチョグチョになるのが不快でしたが、今日は先日奥さんに買ってもらったゴム製の雨用靴を履いていったので快適でした。

27日から葉山芸術祭の展示を始めなきゃいけないのですが、まだ全然準備ができてません(苦笑)。仕事場の中も散らかってますし。明日から3日間で何とか形にしていかねば。去年の展示が割りとみなさんに好評だったので、今年も普段の仕事のメイキング映像を流します。それに加えて、今回はCGにあまり馴染みがない人のために、CG映像制作の基本的な概念を映像化して上映しようと思っています。つまり具体的な何かの仕事とかではなく、CGの一般的な作業の流れをシンプルな題材を使って説明しようかと。見に来る方々のほとんどは、この業界とは無関係なので。

自宅の風呂場でくつろぐなぎさ。

042301

こちらは居間の茶太郎。

042302

|
|

2012年4月22日 (日)

ダ・ヴィンチとか

今日は夜19時から東京で打ち合わせ。ちょっと早めに奥さんと渋谷へ行って、僕は東急Bunkamuraのミュージアムで開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチ/美の理想」を鑑賞。奥さんは東急の先にある松涛美術館で焼き物の展示を鑑賞。

042201

ダ・ヴィンチのほうの展示ですが、こちらは全作品がダ・ヴィンチのものというのではなく、彼の作品&彼の弟子や関係が深い画家たちの作品という内容。論じるような部分ではないのでしょうが、しかしこう並べられるとダ・ヴィンチ本人とその弟子たちの画力の差は歴然ですね。完成作品のみならず、下絵の素描的な作品についても。やはりこれはもう才能の差なんでしょうね。ダ・ヴィンチは絵画だけでなく様々な分野で業績を残しているわけですが、やはり頭の良さみたいなのが絵にも滲み出てきています。

僕は大学で古典絵画の模写をやらされたりしましたから、一部の弟子の作品なんかは僕でも描けそうだと思うわけです。実際、今の美大生のほうがよっぽどうまいだろうと感じる作品などもあって、まあそういうのはうまいヘタはともかく、歴史的資料としての価値が高いわけですから、そんな風に感じることが無意味なんでしょうが。しかしさすがにダ・ヴィンチの絵については、当然ですが同じレベルで描けそうだとは微塵も思えませんねー。自分の凡人さ加減をあらためて思い知らされます。

打ち合わせ後、奥さんと合流して新宿高島屋のガレットのお店で夕飯。田舎風パテ、アーティーチョークとほうれん草のガレット、そして甘口のシードル。

|
|

2012年4月21日 (土)

金田漁港

葉山の漁師四郎さんから先日いただいたヒジキを使ってスパゲッティを作りました(食べている途中のを撮ったので、ちょっと汚いのはお許しを)。

042101

作り方は簡単です。アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノのスパゲッティを作る要領で、まずは弱火でオリーブオイルにニンニクの香りと唐辛子の辛味をしっかりと移し、アンチョビを適量加えます。茹だったスパゲッティをそこに投入して絡め、洗っておいたヒジキを皿に盛る直前にたっぷりと混ぜます。ヒジキは元々火が通っているものなので、ここで改めて炒めたりはしません。

仕事場に行く前に三浦の金田漁港に寄ってみました。三浦海岸から三崎方面へ少し進んだところにあります。ここでは週末日曜に朝市が開かれているそうです。今日は土曜でしかも着いたのは13時ごろだったので何もやってませんでした。この漁港には「レストラン金田」という食堂があり、以前から気になっていたので行ってみました。

こちらがレストランの建物。1階が朝市の会場になっているようで、食堂は2階にあります。レストランというよりは、田舎の観光地にあるようなお食事処といった雰囲気です。

042102

こちらが入り口。ややうらぶれた感があります。中には魚が泳ぐ生簀がありました。

042104

2階へ上がっていく階段。この地で獲れる魚介類の紹介が貼られています。

042105

食堂の写真はありませんが、中はお客さんで結構賑わっていました。家族ぐるみでやっているようで、子供がお手伝いをしていて微笑ましかったです。今回は無難にお刺身定食を頂きましたが、次回はこの店ならではの違ったものを食べてみたいと思います。

漁港の様子。大きな定置網が所狭しと並べられています。

042108

魚をねらってトンビやカラス、カモメなどがたくさん集まっていました。

042109

|
|

2012年4月20日 (金)

チューリップと今日の磯

自宅花壇のチューリップがほぼ満開になりました。今年は白と紫の量が多く、皆が思い描く一番チューリップっぽい赤のものは少なかったです。

042001

042002

今日の仕事場前の磯の様子。ウミウシは6匹ほど見れました。その中から4匹の写真。

042004

042005

042006

042007

徐々に個体数が増えてはきましたが、見るのはアオウミウシばかりなんですよね。たまに地味系のがいたりしますが、シロウミウシやサラサウミウシのような白系のは今年はまだ見れてません。季節的にはこれからなんでしょうか。

他の生き物たち。こちらは一見ゴミくずのようですが、カニです。うまくカモフラージュしています。

042008

岩の上でひっくり返っていたヒトデ。大丈夫でしょうか? 今日は日差しがなく、このあとすぐに潮は満ちてくるので、まあ大丈夫なのでしょう。

042011

魚2種。いずれもハゼの仲間だと思います(下はもしかしたらギンポの仲間かも)。

042009

042010

|
|

2012年4月19日 (木)

スマホ、リコーダー、ヒジキ

さきほど、スマホに先週金曜くらいからのメールがまとめてどっさり届くという珍事がありました。ひどすぎませんか? 先週金曜といえばもう1週間前ですよ。その間僕のスマホに送られたメールが全然届いてなかったのです。先日も会社のスタッフがメールを送ったと言ったのに届いてないのでおかしいなぁと思っていたんですよ。これってハードの問題ですかね? それともauの通信能力の問題でしょうか? 1週間電波の届かないところにいたのならいざ知らず、東京、横浜、横須賀、逗子、葉山、三浦とあちこちに行ってるわけです。電波が届かないなんてことはあり得ません。やはりスマホに問題があるのでしょうか? 

何度もここで書いてますが、絶望的にダメダメな機種ですからねー、僕の持ってるIS04は。どんなスマホのランキング記事をみても全てダントツで最下位ですし。悪いのは使い勝手だけだと思ってたらメールの受信すらもできないとはあきれて物が言えません。こんな具合では普段の連絡用としても使えませんよね。もうiPhoneとかに変えたほうがいいんですかね。でも僕はおさいふケータイ機能を頻繁に使うので、そこがネックなんですよねー。

041414

さて、今朝は約2か月ぶりにリコーダー教室へ行きました。僕は比較的時間が自由に使える人間ですが、それでも年度末は仕事が集中するので精神的にも時間的にも余裕がなくなり、家に帰る回数もめっきり少なくなります。ようやくこのところ余裕が出てきたので、これからはきちんと毎回通えるはずです。6月に横浜でリコーダーの演奏発表会があるので、これから練習に追い込みをかけていかねばなりません。ただ別にソロで演奏するわけではなく30数名の中の一人なので、最悪は演奏しているマネをしていれば大丈夫ではあるのですが(苦笑)。

リコーダー教室から逗子に戻ってきたところで、ちょうど知人から四郎さん(葉山の名物漁師さん)のところでヒジキがあがったよーと連絡をいただいたので寄ってみました。僕の仕事場のすぐそばなのです。

葉山の真名瀬海岸にある四郎さんの仕事場。

041904

大きな釜でヒジキを茹でる四郎さん。

041905

すごく手間ひまかけて茹で上げています。今茹でているのは、火を消したあとそのまま明日の朝まで蒸らしておくんだそうです。既に茹で上がったものをたくさんいただきました。すごくふっくらとしていて、さっと水で洗えばそのまま食べられるから、ぜひサラダなどで食べてほしいとのこと。そして余ったら煮物などにしてくださいと仰ってました。

| | コメント (0)
|

2012年4月18日 (水)

再会

041901

今日は高校のときの同級生I君と20数年ぶりに再会。逗子の和食バー「ENISHI」で飲みました。最近になってFacebookを再開したとたん、高校時代の仲間との親交が次々に復活し、I君は某広告代理店でプランニングの仕事やっていてお互い業界が近いということと、聞けば横浜の金沢文庫に住んでいるそうで、何だ、住んでる場所も近いじゃんということで、逗子で飲もうという話になったのです。もちろんお互い歳はとりましたが、彼はあまり変わってなかったなぁ。髪型もほとんど高校時代と一緒だったし。反面僕は髪型は全然違うしハゲてきてるし中年太りだしで、多分町で会っても僕だとわからないでしょうねー。前にも書きましたが、来年は僕らの代が高校同窓会の幹事年だということで、当時の仲間と会うことも多くなりそうです。

何の脈絡もなく写真を。僕の自宅の周りの風景。田舎すぎます。

041902

植物が絡まってきれいな葉山御用邸の壁。葉山バス停でバスを待っているときに。

041903

 

|
|

2012年4月17日 (火)

トルコ料理

会社の幹部会で、麻布十番にあるトルコ料理のレストランへ。

オスマントルコ宮廷料理ブルガズアダ

俗に「世界三大料理」のひとつと言われるトルコ料理。現代の我々の感覚からすればあまりピンとこないのですが、このフレーズが生まれたのは恐らくそうとう昔のことで、14・15世紀頃はオスマン帝国としてかつてのローマ帝国のように広大な土地を支配していたことを考えると不自然ではないのかもしれません。

このレストランはまさにその頃のトルコ宮廷料理のレシピを今の時代に合うようにアレンジして出しており、普段僕らがイメージするトルコ料理とは一線を画していて、とても洗練されたものでした。現代風にスタイリッシュにアレンジしていくとイタリア料理でもそうですが、フランス料理との区別がつきにくくなってしまうものですが、使用する食材、味つけのしかたがトルコ料理独特のエスニック感をきちんと残していて面白かったです。スタッフの方々はとてもフレンドリーで、料理について実に細かく説明してくれます。またプライベートでも行ってみたいと思いました。

|
|

2012年4月16日 (月)

湘南国際村フェスティバル

僕の住んでいる町の隣に湘南国際村という町があります。名前が「村」となっていますが、一応町でしょう。ここは住宅、大学、研究所、企業の研修施設が集まった複合型の新興住宅地で、毎年GWに湘南国際村フェスティバルというイベントを開催しています。単なるエンターテインメントのお祭りではなく、大学では一般向けの特別講演をおこなったり、結構興味深い催し物があります。そのお祭りの今年の内容が決まったようです。

湘南国際村フェスティバル2012 5月3日~5日

メインプログラムの特別講演は「レーザーで距離をはかる ~探査機はやぶさのライダー開発」。JAXAの教授による講演です。これが3日の10時から12時まで。総研大では同じく3日の13時から「アルマとすばる望遠鏡~世界最大望遠鏡で迫る太陽系外惑星の世界」という講演会。その後15時30分からサイエンスカフェ、そして18時30分から望遠鏡による天体観望会。この辺りが行ってみたいイベントですね。

しかし同じ時間に地球環境戦略研究機関主催の「子安の里散策ツアー」というのが開催されていて、こちらも興味をそそられるんですよねー。子安の里は湘南国際村に隣接した里山の風景を色濃く残している地域で、僕もときどき散歩するんですが、そこの植生や歴史について説明しながら散策をするというのです。んー、どっちに行くべきか悩みます。

なぎさ。見る人がみんな可愛くないと言います。実際あまり可愛くないんですよ、顔は。でも性格はすごく可愛いのです。僕が仕事から帰宅すると、必ず居間から玄関のほうにやって来て頭を僕の顔にグリグリこすりつけるのです。明日、手術したお腹の抜糸をしてもらいに病院へ行きます。

041601

|
|

2012年4月15日 (日)

にじいろさかな号

先日三崎で乗ったにじいろさかな号という海中観光船の様子を。

三崎港。休日に行くととても混んでいますが、今回は平日だったので人は少なかったです。

041501

にじいろさかな号に乗船したところ。出航時間になるまでしばしの間待ちます。船上では子供合唱団が歌う船のテーマソングがずっと流れています。

041507

三崎港を出港し、三浦半島と城ヶ島を結ぶ城ヶ島大橋をくぐって沖の方へ出ます。

041502

魚のポイントに着くまでは、この辺りの歴史を解説する船内放送を聞きながら船上のベンチに腰掛けて風景を楽しみます。港内ではそうでもありませんでしたが、この日は沖に出ると結構揺れました。

041503

ポイントに着くと、階段を下りて船内に入ります。船内は海面より低く、窓から海の中を見ることができます。

041504

係りの人が船上から撒き餌をするのでたくさん魚が集まってきます。ただ見れる魚の種類はだいたい決まっているようですね。メジナ、スズメダイ、クサフグなど。

041505

船の上からエサを撒かせてくれます。実はこの日はJ:COMのテレビ番組撮影と鉢合わせになり、エサを撒いているのは出演者のたかとりじゅん氏

041506

僕はよくたかとりさんが出ている「湘南まるごとどっち好き!?」という番組を見てるんですが、今回はその番組とは違うと言ってました。今日調べたら22時45分からやっている「おとなの歩き方」という番組のようなので、見てみたいと思います。

|
|

2012年4月14日 (土)

雑記

昨晩は渋谷に行く予定だったのですが、父親が自宅に残るというので、奥さんに母親を渋谷まで送ってもらって僕は葉山の仕事場に。近代美術館前まで奥さんの車に便乗し、そこから歩いて仕事場へ向かったところ、何とちょうど仕事場の前で、走っていたバスが小学校低学年くらいの子供をはねるという事故に遭遇。子供はぐったりして全く動く様子がなく、その場に居合わせた人が仰向けで倒れたまま動かない子供をズリズリ引っ張って路肩へ一旦退避させていました。ただそばにいた親がそれほどパニックにはなっていなかったので、大事には至っていないように思えました。狭い道でバス停の手前だったのでバスもそれほどスピードを出していなかったのが不幸中の幸いだったのでしょう。とは言ってもバスなので小さな子供にはものすごい衝撃だったと思います。ほどなく救急車が来て運ばれていきました。

先日の夕暮れ。仕事場の窓から撮影。年に2回、このように富士山の頂上に太陽が沈んでいく様子が見れます。この日はちょっとだけ頂上からずれてますね。本当は次の日にばっちり頂上に沈んでいったのでしょうが、残念ながら曇りで太陽も富士山も見えなかったのです。

041401

こちらは自宅猫のなぎさ。先日ようやく避妊手術をして、今はこのようにエリザベスカラーを巻かれています。来週火曜が抜糸なので、それまで我慢してもらわなければなりません。

041402

今年も花壇のチューリップがきれいに咲きました。

041403

まだ全部は咲いていません。1/3くらいでしょうか。今年は咲くのが遅いですね。

041404

そのほか、花壇を彩る花々。

041405

041407

041406

041410

041411

041413

041412

冬は地味でさびしかった花壇が春になって一気に華やかになりました。

 

|
|

2012年4月13日 (金)

須田国太郎

ようやく仕事も落ち着いてゆっくりできるようになってきました。毎年恒例になってるんですが、先日から親がヘビメタのライブを見るために福岡から上京中。今日はこれから三崎に行って虹色さかな号に乗ったあと、食堂でマグロを食べ、夜にライブ会場がある渋谷へ行く予定。

神奈川県立近代美術館の葉山館では、いま須田国太郎展が開催されています。

Suda

最初にこの展覧会のことを知ったとき、「須田国太郎? う~ん、どこかで聞いたことのある名前だなぁ・・・・」と思い、頼りない記憶を辿っていったところ、20年くらい前に彼の作品をCGで作ったことがあるのを思い出しました。

須田国太郎は第1回の個展を1932年(昭和7年)に銀座の資生堂ギャラリーで開催しているんですね。銀座7丁目に資生堂パーラーがありますが、その頃はあの隣(現ザ・ギンザのビル)が資生堂の本社で、1階は化粧品売場、2階がギャラリーになっていました。資生堂は今もそうですけど当時からいわゆるメセナ活動に力を入れていたわけです。

今から20年ほど前、僕は資生堂のCG部で働いていたのですが、ちょうどそのときに資生堂主催で須田国太郎の「第1回個展再現展」というのが開催されたんですね。その展覧会用にCGアニメーションで1932年当時の個展の様子を制作したのです。昔の写真を元に当時の資生堂ビルの外観&内観を3DCGで再現し、須田国太郎の絵をスキャンしてCGの壁に並べていったのです。もうすっかり忘れてしまってましたが、上の犬の絵を見て、ああ、こんな作品もあったなぁと感慨深く思い出しました。

|
|

2012年4月 7日 (土)

FaceBook再開

仕事が立て込んでいるので更新が鈍ってます。来週半ばくらいで何とか落ち着くので、そこからはまたちゃんと更新します。いくつか仕事は残っていますが、他のスタッフに任せたりでそのまま徐々にサバティカルに突入しようかと思っています。それにあたってFaceBookを復活させました。仕事が忙しいとチェックしたり書いたりするのが面倒なのでしばらく休眠状態にしてましたが、サバティカルに入るのと、いくつか前の記事で書いた高校同窓会関係で必要になりそうだったので復活です。

http://facebook.com/hayashidahiroyuki

|
|

2012年4月 1日 (日)

三浦ドライブ

久しぶりに三浦半島ドライブに行きました。自宅自体が三浦半島にあるので、実のところは近所をぐるりと回ったにすぎませんが。

走水神社。小高い丘の斜面に沿って境内が広がっています。最近はパワースポットとして密かに人気があるようです。祭られているのは日本武尊(ヤマトタケルノミコト)で、本殿の中を覗くと日本武尊の絵が飾ってありました。この神社の始まりはものすごく古く、弥生時代後期の西暦110年ごろに作られたそうです(写真の本殿は後に建て替えられたもの)。そのころからこの辺りには人が住んでいたのですね。

040101

これが日本武尊が建てたという古代稲荷社の跡。本殿からさらに山を登ったところにあります。

040111

境内入り口の鳥居。海岸からすぐです。海岸手前の道は国道16号線。ちなみに走水で獲れる鯵(アジ)はブランドになっていて高級魚とされています。

040102

境内からの眺め。ここはちょうど太平洋から東京湾への入り口となっているところで、向こうに見えるのは房総半島です。大きな貨物船が引っ切りなしに行き交っています。

040104

観音崎を通って浦賀へ。浦賀はみなさんご存知のように江戸時代にペリーが黒船でやって来た場所として知られています。いつもドライブのときは通り過ぎるだけだったのですが、たまには車を降りて歩いてみようということでブラブラしてみました。

040105

京浜急行の浦賀駅。歴史的な町ではありますが、特に観光地っぽい感じはなく、ごく普通の田舎の町といった雰囲気です。

040106

浦賀は細長い入り江になっていて、その両岸を結ぶ渡し舟があります。それに乗ってみたかったのですが、このあと仕事があるので今回はあきらめて、駅前の食堂で昼食を食べて出発しました。

海岸沿いに走って三浦海岸へつきました。このあたりまで来ると東京湾と言えども海はとてもきれいです。同じ海岸でも葉山のほうとは雰囲気が違いますね。こちらは近くまで電車が来ているので海岸の後ろは結構ビルが建っていて賑やかです。

040107_2

この日はとても風が強く、ウィンドサーフィンを楽しむ人がたくさんいました。

040108

これは何て言うスポーツですかね、パラシュートみたなので進んでいきます。バックには房総半島が霞んで見えます。

040109

| | トラックバック (0)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »