« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

講座いろいろ

今日はリコーダー教室。6月23日に演奏発表会があるので、その練習が大詰めを迎えています。まずいことに年度末の忙しい時期に2か月ほどお休みしていたので、その間に出てきた新しい曲がなかなかうまいぐあいに演奏できません。僕はバスリコーダー担当で、ソプラノやアルトに比べると楽譜は比較的単純なのですが、それでもところどころに素早い指使いを要求される箇所があり、いつもその場所でつまづいてしまいます。2週間に1度の教室での練習だけでは厳しいので、自宅でも頑張らないといけませんねー。幸い、来週からようやく時間が作れそうなので、23日までに何とかモノになるようにしたいと思います。

052706

しかし今何が一番ほしいかと言われれば、それは「時間」ですね。歳をとるほどに色々なことに興味が出てきて、でもそれに裂く時間がなかなか取れずにいます。暇すぎて死にたいと言っている人がうらやましいです。ドラえもんじゃないですけど、そういう人たちの時間がもらえるといいなといつも思います。メールマガジンでは面白そうな講座の案内をよく送ってきますし、僕が普段通っているNHKや朝日のカルチャーセンターでも興味深い講座が目白押しです。それら全てにはとうてい行けないので、特に興味のあるものを選んで参加を申し込んだのは下記の講座。

【6月30日】
KEK(高エネルギー加速器研究機構)公開講座
「ダークマターを探せ」「宇宙のダークエネルギーとは何か」

【7月7日】
量子力学講座その1・原子構造の解明

【7月14日】
吉田類のほろ酔いトーク

【7月21日】
量子力学講座その2・とびとびの物理量

【7月28日】
スーパーコンピュータが明かす宇宙と物質の起源
超弦理論の数値シミュレーションが描く宇宙誕生

【8月4日】
量子力学講座その3・不確定性原理

【8月11日】
スーパーコンピュータが明かす宇宙と物質の起源
真空の相転移:質量が生まれるしくみ

【8月18日】
量子力学講座その4・量子力学の成立

【9月1日】
量子力学講座その5・相対論的波動方程式

ひとつだけ異色なのがありますが(笑)、こうやってみると、毎週土曜は何かの講座に行っていることになりますね・・・・我ながら物好きだと思いますよ(苦笑)。

|
|

2012年5月30日 (水)

ウグイス

近所のスーパーへ昼食を買いに行く途中、ウグイスの声がすごく大きく聞こえてきたので、そおっと辺りを見回してみたら電線にとまって鳴いていました。

053001

053002

ひと月前くらいにもウグイスの姿を見たのですが、そのときはカメラを持っていなかったので撮影できませんでした。ウグイスは誰もが知っている鳥ですが、実際には声は聞こえてもなかなか姿を人前には現さないので、めったに見ることができません。大きさはほぼスズメくらいで、薄緑というか、緑と白と茶色を混ぜた(白多め)ような色をしています。僕が写真を撮り続けても、しばらく電線にとまっていましたが、調子に乗って口笛を吹いたら逃げました(笑)。この場所は街なかではありますが、この電線のすぐ横はうっそうとした茂みになっていて、普段はそこにいると思われます。ちなみに「ホーホケキョ」という声は、縄張りに侵入しそうな者に対する警戒の声だそうです。

こちらはスズメ。このお宅の屋根の瓦は彼らが棲むのに都合がよいらしく、いつもたくさんのスズメがとまっています。

053003

|
|

2012年5月29日 (火)

ムシムシ

夏も近づき、自宅の花壇には俄然、いろいろな虫たちが出現するようになりました。

こちらはサンショウの枝についたみのむし。この蓑(みの)は寒い時期には防寒の役目を果たして良さげですが、暑い時期にはなんだか蒸れそうですね。大丈夫でしょうか。

052405

アカシマサシガメというカメムシの仲間。

052406

ヤマトシリアゲというシリアゲムシの仲間。その名のとおり、お尻をグイッと上げています。口が長いので、植物に突き刺して汁を吸うのかと思いましたが、雑食性で昆虫の死骸を食べたりするそうです。

052407 052408

カマキリの子供。何の種類かわかりませんでした。基本的にうちの周りにいるのはオオカマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリの3種で、毎年秋に花壇の植物に卵を産みます。春になるとそれが孵って、このようなチビカマキリの姿をあちこちで見るようになります。

052409

|
|

2012年5月28日 (月)

何か

今日は東京。家に携帯を忘れる。

午後はILMでマットペインターをしている谷君のセミナー。御茶ノ水のデジタルハリウッドにて。谷君は最近「Silent Force」という写真集を出したので、その出版記念セミナーということです。この手のセミナーはだいたい技術的な話に始終するのが普通なのですが、今回は仕事の話は最小限に留め、谷君がこの写真集を出すに至った経緯、仕事を離れたいちアーティストとして、どんなことに興味を持ち、どういったところからインスピレーションを得るかなど、表現の根源みたいな部分を掘り下げていくような内容でした。僕自身、現在個展に向けて作品制作の準備中ということもあり、かなり共感できる部分がありました。

結局僕を含めCG制作に携わる技術者というのは、極端なことを言えば誰とも交換可能な存在であり、工場の工員みたいなもので、近年は特にその傾向が強まってきています。もちろんそれ自体は悪いことではないし、何の不満もない人もいるでしょうが、僕個人としては将来的なことも考えると自分にしかできない「何か」を確立していきたい思いがあるわけです。いろいろと模索した結果、何もなかったということになるかもしれませんが、とりあえずは何もないということがわかるまでは挑戦は続けたいですね。

写真は自宅のキウイの木。

052802

先日、オスの木に花が少し咲きましたが、メスのほうは今のところ咲く様子はありません。今年もまだ実はつかないかもしれません。

052803

|
|

2012年5月27日 (日)

初夏

初夏らしい日が続きます。一部ではゲリラ雷雨だとか雹だとか、大きく天気がくずれているようですが、おそらく内陸なほどそのような天気になりやすいんでしょうかね。海岸のほうはそれほどではありません。

国道134号線は、うちの近所では「西海岸通り」という名前がついています。三浦半島西側の海岸という意味ですね。東京湾側が東海岸になります。

052701

自宅付近は葉山以上にのんびりしたところです。

052702

仕事場前の海岸は、例によってBBQ客でとても賑わっていました。

052703

あまりに浮かれた雰囲気が周囲を支配していたので、僕もカウンターで昼食を食べてみました(笑)。スーパーで買ってきたお刺身、ごはん、シュウマイ。シュウマイには食べるラー油をかけて。

052704

|
|

2012年5月26日 (土)

花粉団子

今日は夕方から高校時代の友人U君が葉山の仕事場に遊びに来てくれました。会うのは卒業以来です。今は山口県の某大手化学工業の会社で働いているそう。明日両国の国技館でおこなわれる元関取の魁皇の断髪式を見るために上京していて、そのついでに立ち寄ってくれました。魁皇は福岡県出身なので、福岡には彼のファンが多いのです。なんでもU君は糖尿病だそうで、カゴいっぱいに詰められた糖尿病の薬を抱えて参上したのは驚きでしたが、僕もあまり人ごとではないんですよね。健康診断では今のところは大丈夫ですが、予備軍であることは間違いないのです。葉山の創作イタリアンの店「菊水亭」で一緒に夕食。トマトとモッツァレラのカプレーゼ、地ダコのカルパッチョ、佐島の魚の唐揚げ盛り合わせ、アンチョビとキャベツのスパゲッティ、ガーリックトーストなど。

写真は自宅花壇のルッコラの花にきたミツバチ。花粉をせっせと集める姿を撮ってみました。(※後の調査でミツバチではなくコハナバチの仲間であることが判明

まずは花に顔を突っ込んで蜜を吸っているところ。

052601

あらかた蜜を吸い終わると、花の上をグルグルと回って花粉を集めます。全身花粉まみれですね。

052602

052603

052604

052605

052606

052607

花粉集め完了。最初の写真と見比べると、おしべの花粉がきれいに集めとられていることがわかります。

052608

ミツバチは足に花粉団子をよくつけていますが、集めた花粉をどうやって団子状にするか知りませんよね? 僕も以前から気になっていたのですが、NHKのサイトに花粉を団子にする様子が見られる動画がありました。

ミクロワールド だんご職人 ミツバチの秘密

いやー、面白いです。

|
|

2012年5月25日 (金)

潮溜まりの魚たち

相変わらず海の潮が引いたときは磯の潮溜まり観察をしているわけですが、昨日・今日で見た魚を何匹か。潮溜まりにいる魚の多くはハゼやギンポの仲間で、そのほかには群れで泳いでいる何かの幼魚がいたり、たまに迷いこんだフグがいたりします。

海藻の上でヤドカリと一緒に休んでいるアゴハゼ。

052415

イソハゼ。

052505

イダテンカジカ。

052504

イソギンポ。頭のトサカが特徴です。

052503

こちらはきれいな魚ですが、名前がわからず。魚の名前を調べるときは、まずは何の仲間に属するかを大雑把に予測するわけです。そうしないと魚の種類は膨大なので、全ての魚の写真の中から似たものを探し当てるのは時間がかかりすぎるんですね。なので潮溜まりにいる魚の場合はハゼやギンポの仲間から探し始めるのですが、その中に似たのがいないと困ってしまうのです。

052501

特に潮溜まりの場合、この写真のように多くは魚を上から見るかたちになるので、横から見るとどんな感じなのかがいまひとつわかりにくいんですね。図鑑の写真はたいがい横から撮られていますから、それが名前の特定を難しくしている理由のひとつです。

052502

青や緑のキラキラがとてもきれいです。

|
|

2012年5月24日 (木)

花火&音霊

確か去年はなかったと思うのですが、逗子海岸の花火大会が今年は6月2日(土)に早々に開催されるそう。この日は逗子駅前は激混みでしょうね。やや距離はありますが葉山の仕事場から見れるので、会場まではいかず、芝崎あたりからのんびり見てみようかと思います。

2012hanabi_1

逗子海岸と言えば毎年恒例なのが音霊SEA STUDIO。今年も行きます。既にチケットを買ったのは稲川淳二の怪談ナイト。夜とは言え真夏の砂浜のライブハウスは暑さ炸裂で、その場にいることが拷問に近かったりするわけですが、去年はヒヤロンを大量に持ち込んだおかげでちょっとはマシでした。あとは扇風機の近くの席をとれるかどうかが鍵ですね。

さて、うちの花壇は無計画に植物を植えているので、その一部はわけのわからないことになっています。この写真で上半分のツルツルした葉はレモンの木。その下にはジャガイモの葉。さらにその下の花びらはガーベラ。ジャガイモの右横の枯れた葉はチューリップ。そのほか、まわりにはルッコラやドクダミ、ヒルガオなどの雑草が生い茂っています。

052402

こちらも、ちゃんと植えたのは薄紫の花が咲いているスカビオサという植物だけで、そのほかの黄色い花や猫じゃらしのようなのは全て雑草。でもきれいなんですよね。

052403

|
|

2012年5月23日 (水)

横浜行きバスと猫

今日東京から帰ってきて、逗子駅からバスに乗って葉山の仕事場へ向かっていたところ、途中で対向車線を「葉山→横浜」と行き先表示のあるバスが走って行ったんです。車体には「リムジンバス」と書かれていました。こんなバス見たのは初めてです。葉山から横浜行きのバスなんて出てたっけ?と思い、仕事場に着いてからネットで調べたところ、何と6月11日から葉山発横浜駅行きバスの運行が開始されるとのこと。今日見たのはおそらくテスト運転中のバスでしょう。普通の路線バスよりはすこし小型でした。

052303

葉山という町は鉄道が通っておらず、まあそれが葉山を急激な発展から遠ざけて、静寂でのんびりとした町たらしめているわけですが、公共交通機関を使って横浜・東京方面に出ようとしたら、まずはバスで逗子駅へ出て、そこで電車に乗り換えなければならないわけです。人によってはそれが面倒だと感じる場合もあるでしょう。葉山でこのバスが通るバス停の近くに住んでいて、横浜駅近くへ働きに出ている人には便利なんじゃないでしょうか。残念ながら、僕はリコーダー教室以外では横浜にあまり用事はないですし、それも仕事場から行くことはまずないので、特にお世話になることはなさそうです。でも話のタネに一回乗ってみたいですね。

久しぶりに仕事場の猫の写真を。ゆず(下)とみかん(上)。兄妹です。

052301

甘えん坊のみかんがゆずのおっぱいを吸っているところ(笑)。オスのゆずからお乳が出ることはないのに、おかしいですね。ゆずはそれを嫌がることなく、みかんの体を舐めてあげています。

052302

|
|

2012年5月22日 (火)

飲み会&セミナー

昔の仕事仲間で、今はルーカスフィルムのVFX工房ILMでマットペインターとして働いている谷氏が日本に一時帰国しているので、当時の仲間で新宿に集まって飲み会。総勢17名。当時の仲間はそのままスクウェアエニックスで働いている人もいますが、大半はもうバラバラ。ポリゴンピクチュアズ、マーザ、バンダイナムコ、アップルコンピュータなど。一応僕が幹事をやったのですが、店がイマイチでした。高い割には食事の満足度が低く(特に量が)、参加したみんなにはちょっと悪かったなぁと反省しております。

052201

谷氏は最近写真集を出版していて、その記念のセミナーを来週28日に御茶ノ水のデジタルハリウッドで開催します。写真集はその会場でも買えるそうです。興味のある方は参加してみてはどうでしょうか。下はそのセミナーのご案内。

======================================================

来る5月28日にILM(Industrial Light & Magic)で活躍中の谷雅彦氏様をゲストに招き、写真集「Silent Force 」出版記念セミナーを開催することが決定しました。

「Silent Force 」は少し面白い写真集です。サンフランシスコ、プレシディオにあるレターマン・デジタルアーツセンター。ILMが入居しているそのビルの地下駐車場、ただそれだけを被写体とした写真集。著者である谷氏が地下駐車場に魅せられ、何をファインダーで捕らえたのか、ご本人自ら制作に至るストーリーや撮影画像のお話を講演いただきます。

当日は「Silent Force 」をはじめ、新刊書籍の販売も予定しております。実際に見て購入したという方は、この機会にご検討ください。

 【開催日時】2012年5月28日(月)14:30~16:00(開場14:00)
 【会  場】デジタルハリウッド 東京本校 1F セミナールーム(東京 お茶の水)
 【参加費用】無料※事前登録制
 【定  員】90名

 ★ Silent Force 出版記念セミナー ~日常生活の裏にある非日常の世界~
  ⇒
http://www.borndigital.co.jp/seminar/detail.php?id=246 

|
|

2012年5月21日 (月)

金環食とIPMU

今朝は日本中が金環食一色で染まってましたね。僕はといえば、この日にそなえて天体望遠鏡用の太陽観測パーツを購入したのですが、湘南地区はまさかの雨。と言うか、それ以前に仕事に追われて仕事場の部屋の中に缶詰でした。奥さんによると雲の切れ間から少しだけ見ることができたらしいのですが、僕は結局朝8時半くらいまで仕事。何とか日蝕に間に合わせようと寝ないで頑張りましたがダメでしたねー。しかたなく仕事をしながらPCでインターネットのストリーミング中継をちらちらと見ていました。

仕事を片付けて、風呂と着替えのために一時帰宅したのち、東京大学の柏キャンパスへ。数物連携宇宙研究機構(IPMU)で打ち合わせ。

052101

052102

ちょっと早めに行って学食で昼食。ハンバーグと魚フライの定食をいただきました。僕は社員食堂とか学校の食堂とかが大好きで(笑)、慶応大のSFCで講義をやっていたときはいつも学生に混ざって学食で昼食を食べていました。しかし葉山から柏までは遠いですねー。バス→横須賀線→山手線→つくばエクスプレス→タクシーと乗り継いで片道2時間半かかります。

IPMUは僕のような宇宙好きにとっては一種の聖地みたいなもので(笑)、そこの役に立てる仕事ができることはお金を抜きにして純粋にうれしいし楽しいです。

|
|

2012年5月20日 (日)

シジュウカラその他

自宅のそばに立っている電柱に最近シジュウカラが巣を作ったようで、写真の矢印で示した穴に出入りしていました。頻繁に電線にとまって鳴いています。ちょうど3階の居間と同じ高さなので、朝食を食べていると姿がよく見えます。

052012

鉢植えで育てているサンショウに実がなりました。実山椒と葉山椒の2種類を植えており、このように実がつくのは実山椒のほう。葉山椒には実はなりません。その代わり、葉っぱを「木の芽」として食事に利用します。実のほうは秋まで熟れるのを待って、皮を粉にする予定。

052010

サンショウはミカンの仲間で、これから先、アゲハチョウの幼虫がけっこうつくんですよね。すごい勢いで葉を食べるので困り者なのですが、僕は虫も好きなので殺すわけにもいかず、悩ましいところです。

こちらはセージの花に頭を突っ込んで蜜を吸っているミツバチ。

052001

上の状態のままちっとも動かないので死んでいるのかと思いましたが、しばらくすると花から出てきました。とても小さなミツバチでした。

052002

こちらはラベンダーに飛んできたヒゲナガハナバチのメス。足にがっつりと花粉をくっつけています。

052003

キウイの木に花が咲きました。雄花です。今のところまだ雌花は咲いていません。

052011

|
|

2012年5月19日 (土)

CG勉強会

今朝の海の様子。暖かくなると空気が霞んで、この辺りから富士山はあまり見えなくなります。雪はもうだいぶとけている模様。

051901

今日は僕が昔勤めていたリンクスという会社の先輩で、ついこないだまで大学の教授をやられていた高桑氏のお宅で少人数によるCGの勉強会をおこないました。主に日本でのCGの作り方がハリウッドのそれよりいかに遅れているかという点について。

両者で圧倒的に違うのはやはり開発力でしょうね。自分のところで十分な開発力を持てるかどうか。この差が大きい。日本では大手でも基本的には市販のツールをそのまま使っており、その市販ツールに対して多少便利に使えるようにするためのプラグインなどを書くことはあっても、例えばレンダリングのアルゴリズムを根本から変えるような開発はやられないわけです。開発にはそれなりにお金がかかり、基礎的な開発は特定のプロジェクトからお金を引っ張ることは難しいので、会社の利益のなかから開発費として割り当てるか、巧妙に複数のプロジェクトから少しずつこっそりと引っ張ることになります。そのためにはまず会社が十分な利益を出していること、または各プロジェクトに十分な予算が与えられなければなりません。しかし残念ながら、日本に於いて現状ではなかなかそれは難しいと言わざるを得ません。ではどうやれば改善するのか? その辺をこれから考えていこうというわけです。

個人的には、日本で日本の映像コンテンツを作っている限りは改善は難しいと思いますね。ごく一部を除いて日本の映像コンテンツ自体がお金になってないわけですから。いろいろ考えていることはありますが、書き始めると長くなりそうで、今は仕事が忙しいので、そのうち時間ができたら書きます。

|
|

2012年5月18日 (金)

江ノ島と夕日

最近ちょっとバタバタしているので手抜きで。

051801

|
|

2012年5月15日 (火)

ひどすぎ(笑)

JR逗子駅に貼ってあった岩手のキャンペーンポスター。

051501

新幹線はやぶさの写真の切り貼り方がひどすぎ(笑)。

051502

ねらってアートっぽくしているのでしょうか?

昔VOWに載っていたこの画像を思い出しました。

Katotokiko

|
|

2012年5月14日 (月)

あしかがフラワーパーク

日曜日に栃木県佐野にあるあしかがフラワーパークに行ってきました。夜には園内の植物がライトアップされてきれいだというので、ちょっと遅めに家を出て、行くまえに葉山芸術祭の青空アート市に寄りました。

20日余りにわたって続いた葉山芸術祭も今日が最終日。森山神社の境内が会場となる青空アート市は、良い天気もあって大盛況でした。

051330

051331

一通り会場を見て回ったあと、葉山を後にし一路栃木へ。横横道路から首都高を経て東北道を走ること約3時間。あしかがフラワーパークに到着です。ここは藤で有名な植物園で、それは立派な藤が園内のあちこちに植えられていて、この時期には見事な花が咲き誇ります。ただ残念ながら、今日の時点ではピークを既にすぎていて、だいぶ花は落ちていました。それでもなかなか見ごたえはありました。

051325

夕日を浴びる藤の花。

051323

051324

こちらは八重咲きの藤。

051326

白藤の回廊。

051321

ライトアップされてとてもきれいです。

051322

日もすっかり暮れ、夜の闇に白藤のスクリーンが浮かび上がります。下は池になっていて、夏には噴水ショーみたいなのがあるようです。

051329

|
|

2012年5月13日 (日)

てんとう虫

今年はなぜかてんとう虫(ナナホシテントウ)をよく見ます。去年まではそれほど多くはなかったのですが。僕の自宅にも何匹かいたので、試しに古くなって葉にアブラムシ(アリマキ)が湧いた大根を外に置いておいたら、案の定さっそくとびついていました。ナナホシテントウはアブラムシが大好物なのです。

051301

上の写真で、赤っぽいゴマのようなプツプツとたくさんついているのがアブラムシです。この大根には3匹のてんとう虫が来ていました。

051302

僕が花壇の植物に水を撒いたのでびしょ濡れになったてんとう虫。

051303

家の壁を這っていたてんとう虫。

051304

こちらはミントの葉に乗っかっています。

051305

ローズマリーの葉の上で、念入りに顔の手入れをしています。

051306

同じくローズマリーにいた別種のてんとう虫。ナミテントウか。

051307

交尾中のてんとう虫。

051308

こちらはクモの巣にかかったのか、まわりに何かまとわりついていました。生きてるのか死んでるのかはわからず。

051309

|
|

2012年5月12日 (土)

BBQ@Hayama

今日は会社のスタッフと葉山アトリエ前の浜でバーベキュー大会。

051201

参加者は20名ほど。

051203

磯散策をするファミリーたち。

051202

みなさん東京からわざわざお疲れ様でした。

|
|

2012年5月11日 (金)

ミヤコウミウシ

今年はアオウミウシ以外のウミウシを全然見れないので意気消沈していましたが、今日は新しいウミウシを見つけました。ミヤコウミウシです。

051101

結構大きく、体長は7~8cmくらいでした。隣に置いた500円玉と比較するとわかりやすいでしょう。

051106

大きなウミウシが磯の潮溜まりにいることは珍しく、何かの拍子で迷い込んでしまったのでしょうか。顔のクローズアップ。愛嬌のある顔をしてますね(笑)。

051102

体のブツブツのクローズアップ。一見ランダムに見えますが、花びらのような規則性があるようです。

051103

こちらはエラ。気管支がむき出しになったような感じですね。

051104

おまけでイダテンカジカ。カジカの仲間で、この磯ではよく見かけます。大きさは6cmくらい。

051105

|
|

2012年5月 9日 (水)

不気味大会

葉山とかのほうに住み続けると、だんだん通俗的なものに対して興味がなくなってきます。別にかっこうつけているというわけではなくて、芸能界だとか流行りモノだとか娯楽みたいなのがどうでもよくなってくるんですね。そういうのよりは自然界の神秘みたいなものに興味を惹かれるわけです。元々そういうのが好きではありましたが、より一層その傾向が強くなってきた気がします。ただ悲しいかな、食べ物だけは依然強欲なままですね(笑)。やはり美味しいものを食べることは楽しいです。動物としての基本的欲求なので、これはもうしょうがないでしょう。

NHKのBS2で「コズミックフロント」という宇宙の番組をやっていますが、明日夜10時からの回のCG映像を一部担当しました。今回のお題は「カニ星雲」です。宇宙船でカニ星雲の中心にあるパルサーへ向かうシーンを制作しました。興味がありましたらぜひ見てください。ちなみに番組のオープニングタイトルも僕が制作しています。

050910

こちらは僕が自宅の天体望遠鏡で撮影したカニ星雲。どうやったらカニに見えるのかよくわかりませんが(笑)、おうし座のツノの先端に位置し、冬に見ることができます(もちろん肉眼では見えません)。超新星爆発の残骸で、中心には元の恒星が中性子星となって残っていて、規則的な電波を発信しています。

カニ星雲

今日の磯の生物。なぜか今日は不気味な生き物が目立ちました。

タツナミガイの頭部クローズアップ。アメフラシの仲間です。右側の先端の2つの突起が目のように思ってしまいますが、たぶん、先端からもっと左側のほうの縦に2つポツリと見える非常に小さな青っぽい点が目だと思います。

050901

イタボヤというホヤの仲間。ビロ~ンと液体のように垂れ下がっています。

050902

こちらはゴカイの仲間。ミミズみたいな体をしていてクネクネ動きます。体の一部からこのように触手みたいなのがたくさん出ています。

050903

ナマコ。こちらは顔のほう。脂ののった肉みたいですね。

050904

|
|

2012年5月 8日 (火)

磯の価値

今日も会社前の磯をざっと見てみましたが、めずらしくタコがいました。ちょっと離れた芝崎という磯ではときどき見ますが、会社前の磯で見たのは初めてかもしれません。

050801

050802

晴れた休日にはこの会社前の磯にもたくさんの人がやってくるわけですが、特に親子連れなんかはたいがい手に網とバケツを持ってうろうろしてるんですね。いつも不思議に思うんですが、あれはやはり磯の生物を取って持って帰ろうとしてるのでしょうか? もしそうだとして、持って帰ってどうするんでしょう? 水槽か何かに入れて飼うんですかね? 磯で生物を採取している人は、その生物が磯の生態系にどれほど重要なのか考えたりしないのでしょうか? 

まあヤドカリなどは腐るほどいるので、たかだか2、3匹とったところで影響はないと思うでしょうが、そのヤドカリが偶然にも珍しいヤドカリである場合があるかもしれません。でも一般人でヤドカリの種類などわかる人はいないでしょう。ろくに生物の知識もないのにやたらと採取するのはやめてほしいですね。取って帰るなら、その生物を繁殖させて増やしてまた元の磯に戻すくらいのことをしてほしいのですが、散々荒らして帰るだけなので始末が悪いです。遠くから観光で来る人は、自分が帰った後にその磯がどうなっても知ったことではないのでしょう。

仕事場前の磯はすごく狭いのにも関わらず、そこには実に多様な生物が生息していて、このような場所はなかなか他にはないのではないでしょうか。非常に貴重な磯だと思います。そこへ他所から来た能天気な人たちが、何も考えることなく生き物を採取していく。生態系というのは非常にあやういバランスの上に成り立っていて、特にこの磯は面積がすごく狭いだけに、ちょっとしたことでも致命的になりやすいです。例えばウミウシなんかは、去年は4月になれば青、白、黄色、紫、色々な種類のものを見れたのですが、今年は5月になってもアオウミウシばかりしかいません。原因が何かはわかりませんが、生態系が壊れればそれまでいた生物を見ることができなくなり、要は自分の楽しみがなくなるから嫌なのです(笑)。

おいそこかよ!と言われそうですが、原発の件でもわかるように人は自分の利害が関わってきてこそ物事について真剣になるわけで、ここから遠く離れたところに住んでいる人にとっては仕事場前の磯のことなんてどうでもいいでしょうが、僕にとっては自分の利益に関わることなんですね。かく言う僕も、この場所に来なければ環境とか生態系のことに関心は持たなかったでしょう。まあ、あくまでも個人的な利益ですが、恐らく周辺に住んでいる人はみな同じように感じているでしょうし、さらには葉山という町の利益にもつながってくるのです。

他所の人は、かつてこの磯が整備されて遊歩道になる計画があり、近隣の住民は反対運動を起して守ってきたという事実があることを知らないでしょう。つまりこの磯を荒らして生態系を乱すことは、この近辺の住民にケンカを売っている行為なわけです(笑)。このような貴重な磯があることは葉山のひとつの価値になっているわけで、磯を荒らすことは葉山の価値を下げることに他なりません。ここへ来る人はそういったことも考えて、生き物を「取る」のではなく、自然の水族館に来た気になって「観察」していってほしいですね。

|
|

2012年5月 7日 (月)

今日の磯

このところ大潮でちょうどよい時間に潮が引くので、磯の生物観察。

水の外に取り残されたアメフラシ。長さは15cmくらい。大丈夫でしょうか? 表面を触るとベタベタしたゼリー状の物質で覆われています。これが乾燥から身を守ってくれるのでしょう。

050701

こちらはタカラガイ。タカラガイというと恐らくみなさんは砂浜に打ち上げられているきれいな貝殻(こんな感じ)を想像すると思いますが、生きているときは貝殻はこのように「外套膜」というもので覆われていて見えません。

050702

ずっとこのスター・ウォーズのグリードのような膜で覆われているので、死んで貝殻だけになったときもツルツルしてきれいなんですね。

050703

この日のウミウシは2匹。やはりいずれもアオウミウシ。そのうちの一匹。

050704

縞模様がきれいなキヌバリというハゼの仲間。

050705

カモフラージュしているのでわかりにくいですが、カニがいます。どこからどこまでが体なのかわかるでしょうか?

050707

上のカニはカモフラージュしているからか、誰もオレに気づく者はいないぜみたいな感じで、人が近づいてもせっせとエサをあさっていますが、多くのカニは臆病で、人の気配を感じるとすぐに岩陰に隠れてしまいます。こちらは自分と似た色の海藻に紛れて隠れた気になっているカニ。この画像では姿をわかりやすくするために色調の調整をしていますが、それをしなければ海藻とかなり同化しています。

050708

こちらのカニは人が近づいてもまったく逃げる様子はありません。平然としていて撮影しやすかったです。

050706

浜に打ち上げられたクラゲ。放射状の模様がきれいです。

050709

クローズアップで。

050710

|
|

2012年5月 6日 (日)

COOK&DINE HAYAMA

仕事に行く前に、葉山に最近できた「COOK & DINE HAYAMA」というレストランでブランチ。鉄製料理器具の販売コーナーがあり、とても洒落たお店です。先日ふらりと立ち寄って、そのときは既に昼食を済ませてしまっていたのでお茶だけいただきました。そして今日は食事。

オープンしてすぐのレストランにはありがちですが、接客や料理出しのタイミングなど、まだうまくサービスが回ってないようです。特に今日のような休日はたくさんの人がやって来るのでスタッフもてんてこ舞いの様子で、次々にくるオーダーをさばくだけで精一杯といった感じでした。料理は悪くないので、もし興味があって行ってみたい方は、当面は混む時間を避けたほうがよいでしょう。

ところで葉山界隈で飲食店を経営するのはとても難しいようです。GWやお盆などの行楽シーズンには都会から大勢人がやって来ますが、それ以外の時期はとても閑散としているからです。したがって行楽客をあてにするのではなく、地元民が足繁く通うお店にならなければ、この地でうまくやってくことはできません。実際、仕事場の近辺で長く営業を続けているのはそういう店ばかりで、そうでないお店はどんどん潰れていきます。今回訪れたこのお店は、果たして葉山町民の心をつかむことができるかどうか気になるところです。

自宅1階の窓から、外にいる僕を見ているノンチ(上)と茶太郎(下)。

042911

|
|

2012年5月 5日 (土)

BBQ

横浜などから高校時代の同級生が集まってバーベキュー。会場の前はヨットハーバー。

050501

大人、子供合わせて総勢13名。一番遠方は茨城から。GWなので道がかなり混んでいたそうです。

050502

食材&焼かれる肉。

050503

050504

結局朝11時から夜の9時までおじゃましてしまいました。

050507

|
|

2012年5月 4日 (金)

歩いて通勤

今日は午前中は良い天気だったので散歩がてら奥さんと歩いて葉山の仕事場へ。その前に、ご近所のスローフードレストラン、アーセンプレイス朝食。下は店内の写真。

050401

窓からの景色。

050402

明日は高校同級生と佐島でバーベキューをやるので、お土産で持っていく「とりこプリン」を8個予約してからお店を出ました。

道中の写真。
名前のわからない植物とてんとう虫。最近てんとう虫をよく見ます。

050403

アブラムシと蟻、共生の図。

050405

立派なコケ。

050404

国道は通らず山側の道を行きます。

050408

前を行くのは奥さん。もう夏のような天気でした。

050409

|
|

2012年5月 3日 (木)

湘南国際村フェスティバル

雨の中、湘南国際村へ。晴れれば歩いて行こうと思ってましたが、雨の中、山を登っていく気力はないので車で。10時からメイン開場でJAXAの方の講演。はやぶさのお話です。前半はレーザー光線を使って距離を測るライダー(LIDAR)の開発についてのお話、後半はオーストラリアでのはやぶさ回収作業のお話。写真はその会場風景。

050301

雨であまり人が来ないかなと思ってましたが、開始時間にはほぼ満席状態になりました。はやぶさがイトカワへ着陸する際に自分自身とイトカワとの距離を測るのに使われるのが今回のお題であるライダーという機器で、簡単に言えばレーダーみたいなものです。レーダーが「Radio Detecting and Ranging」の略語であるのに対し、ライダーは「Light Detecting and Ranging」の略語で、つまりレーダーが電波(Radio)で探査するところを、ライダーは光(Light、大きく言えば光も電波の一種ですが、可視光線でってことですね)で探査するというものです。具体的には4mほどのレーザー光線の矢を発射し、それが何かに当たって跳ね返ってくるまでの時間を計って距離を割り出すわけです。そのライダーの開発にまつわる苦労話を語っていただきました。この手の話にはあまり興味のない奥さんも飽きずに聞けていたようで、とても面白かったです。

こちらは屋台コーナー。葉山、横須賀、三浦などこの近辺のお店が出店しています。ココイチ横須賀店の海軍カレーと、レストラン・ミラマールのクラムチャウダーをいただきました。

050303

午後からは地球環境戦利略研究機関の施設見学。雨で中止になった子安の里散策ツアーの代替イベントです。こちらがその施設の外観。

050306

建物の下にいくとアリ地獄が。

050308

こちらが建物内部。大きな吹き抜けの空間。有楽町にある東京国際フォーラムと同じ設計者だそうです。似てますよね。

050309

2階。通路の左側にずらりと研究室が並んでいます。

050310

研究の性質上、施設も環境に優しい設計になっているそうですが、環境に優しくすると人間には優しくならないらしく、夏は暑く冬は寒いと言ってました(笑)。研究の内容が内容だけに節電にはうるさいとのことで、研究者や職員はとばっちりを受けているようでした。下の写真は水処理の施設。手前の木の樽は飲料水のタンク。トイレなどの水は雨水をろ過して使っているそうです。宿泊施設のお風呂やシャワーのお湯は太陽熱で温めているそう。

050313

 

|
|

2012年5月 2日 (水)

最終日

葉山芸術祭展示の最終日。平日で、しかも雨ということでお客さんはまばら。今日はリコーダーの吉澤先生が来てくれました。僕の展示はこれで終わりですが、葉山芸術祭自体は13日までやっています。この芸術祭は自分が展示をやっていると他の人の展示が見れないというジレンマがあるんですね。そうならないように今年は展示期間を短めにしました。これから13日までに気になるところを見てみようと思います。

明日は湘南国際村フェスティバル。子安の里散策ツアーに申し込んだのですが、雨天のため中止になったようです。中止の場合は地球環境戦略研究機関という施設の見学になるそうで、それはそれで普段は入れない場所なので、ちょっと興味をそそられます。国際村にはこの手の研究施設みたいなのがいくつかあるんですが、どれも何をやっているのか謎なんですよね。あまりひと気はないし、本当に稼動しているのかどうかも怪しいと、いつも思っていたのです。なので明日はその辺を確かめてやろうと思います。

写真は風呂場から外の景色を眺めるなぎさ。

050201

|
|

2012年5月 1日 (火)

髪切りました

もう10年近く長髪を後ろで束ねるヘアスタイルを続けていましたが、昨日ばっさりと切りました。

050110

奥さん曰く、おでこが禿げてきたのは後ろで髪を縛ることで生え際にテンションがかかるからだそうで、じゃあまあこれから夏だし切ろうかと。葉山芸術祭の展示を早めに切り上げて、湘南国際村にあるROSSOという最近できた美容院に行ってきました。ずうずうしくも坂本龍一みたいな感じでとお願いし(笑)、ついでにフケがよく出るのでメディカルヘッドスパというのもやってもらいました。

美容院に行くには湘南国際村行きのバスに乗って、終点で降ります。このような、自然に囲まれた高級住宅街です。

050104

住宅を抜けて山を下っていきます。どうですか、この田舎度は(笑)。右端のグレーの建物は、エコール・ド・ハヤマという資生堂の研修施設。美容院は前方に見える山の下あたりにあるます。ちなみに山を完全に下りて海に出ると僕の自宅があります。

050105

国際村から海に向かって流れる川。この辺りでは夏になると蛍が見れます。

050107

周囲は畑が多く、生産者が自分でやっている有人・無人の野菜販売所があちこちにあります。2枚目の写真はうちもときどき利用する野菜販売所。こちらは有人。

050108

050109

|
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »