« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

ノスタルジア 小学校~中学校

前回の続きです。同じようにすごくローカルな内容なので、他人には面白くないと思います。自分の記録用として。

筑豊電鉄で香月から黒崎駅前までやってきました。黒崎は北九州市では小倉に次ぐ繁華街ですが、僕が住んでいた頃の賑わいは今はありません。下の写真は、かつてはそごうデパートだった建物。今は井筒屋になっています。

0930b01

駅前の風景。この日は土曜日でしたが、人影は多くありませんでした。

0930b02

黒崎は商店街の町と言っていいほどたくさんのアーケード型の商店街があります。下はその中でも最大の商店街。

0930b03

活気はあまりありません。僕が住んでいた頃は土日ともなれば多くの買い物客で賑わっていたので寂しいですね。下の写真は上の商店街のすぐそばを並行に走る別の商店街。元々上の商店街よりはマイナーな感じがあっただけに、より一層悲壮感が漂っていました。

0930b04

黒崎のパン屋の代名詞「シロヤ」。僕はここのキングパンやサニーパン、ミルクパンが大好きで、今回もそれらを買っていただきました。ここも昔はもっと多くの客で賑わっていて、注文するのが大変だったような記憶がありますが、写真を見てのとおり、このときはお客はまばらでした。

0930b08

ここはかつて「中央大劇」という映画館だったビル。数々の映画をここで観たものですが、今は風俗ビルになっていました。黒崎には結構な数の映画館がありましたが、多分今は一軒もないんじゃないでしょうかね。

0930b07

商店街をはずれると、そこはすぐにスナックやパブが連なる風俗街になります。この辺に限っては昔の姿をそのまま残しているような気がしますね。下の「NAGON」と書かれたビルは昔は「納言」というレストランで、壁に清少納言みたいな絵が描かれてあったような気がします。

0930b05

0930b06

昔はショッピングと言えば黒崎の町でしたが、今は完全にその役目が郊外のショッピングモールへ移ってしまい、映画館もそういったところにあるシネコンが主流になっているのでしょう。そしてちょっとおしゃれな買い物となると博多まで行くという図式ができあがっているものと思われます。風俗街が健在なのは、郊外の店へ車で飲みにいくわけにはいかないので、電車で通勤する仕事帰りの人たちが黒崎で飲むということなのだと思います。

黒崎の繁華街から少し歩いて、昔住んでいた場所へ向かいます。このあたりは鳴水(なるみず)という町。

0930b09

町内会役員の一覧がありました。僕の小学校時代の友人の名前があります。その他にも見憶えがあるような名前がちらほら。

0930b11

ここが僕が小学校3年から6年まで住んでいた家。当時から既にかなり年季が入っていたので、まさか現存しているとは思いませんでした。平屋で3軒の家が連なっています。

0930b10

こちらが3年から6年まで通っていた黒畑小学校。山のふもとの高台にあります。

0930b12

黒畑小学校から見た黒崎とその周辺の街並み。手前の建物は黒崎中学校。奥に見えるのは若松の山並み。

0930b13

小学校から現在の実家方面へひたすら歩いて行きます。その途中にあるのがこの引野中学校。僕の母校です。卒業生にはソフトバンクの孫正義氏などがいます。

0930b14

0930b15

結局この日は14キロほど歩きました(笑)。しかもあまり履きなれない長靴で歩いたので、足の甲の皮がズリ剥け、親指にマメができてしまいました。

|
|

ノスタルジア 幼稚園~小学校

帰省したついでに、過去に住んでいたところや通っていた学校などを訪ねてみました。一応「紀行モノ」ではありますが、はっきり言ってローカルすぎて他人には全然おもしろくないと思います(苦笑)。とりあえず今回は人に読んでもらうというよりは自分の記録用として書きますので悪しからず。

僕の一家は北九州市の同じ区内で何度か引越しを経験していて、幼稚園から小学校3年までは筑豊電鉄沿線の「楠橋」という町に住んでいました。今回その楠橋へ実に35年ぶりに訪れてみました。今の実家からバスに乗って筑豊電鉄の「永犬丸(えいのまる)」電停まで行きます。写真は黒崎行きの電車が停車中の永犬丸電停。筑豊電鉄は東京でいう都電みたいな電車で、切符はなく、バスのように運賃箱にお金を入れて乗ります。基本的に2両編成です。

093001

楠橋へ行くには黒崎行きとは反対方向の電車に乗ります。車内はこんな感じ。

093002

都会から来た人は、この電車に乗るとびっくりすると思います。なぜなら車内のシステムがまるでタイムスリップしたかのように時代遅れだからです。例えば両替機などは無く、両替したい人は車掌さんに声をかけ、お金を渡すとカバンの中から小銭を出して返してくれます。また運賃箱はただの箱で、運賃は降車する際に車掌さんか運転士さんに手渡しします。もちろんICカードのような文明の利器は使えません。

さて、乗った電車が「筑豊中間行き」で楠橋までは行かないので、いったん筑豊中間で下車します。

093003

こちらが筑豊電鉄の路線図。

093004

黒崎から直方までを結びます。僕が乗ったのは黒崎から7つ目の永犬丸。楠橋はそこから8つ目です。こうやって見ると難読な駅名が多いですね。みなさん読めるでしょうか? 穴生→あのお、永犬丸→えいのまる、通谷→とおりたに、木屋瀬→こやのせ、遠賀野→おんがの、感田→がんだ、直方→のおがた。

10分ほど待って筑豊直方行きが来たので、それに乗って楠橋へ。こちらが楠橋の電停。

093005

前もってGoogle Mapで見ていたので何となくわかってはいたのですが、驚いたことに35年ぶりに来たにも関わらず、楠橋の風景は僕の記憶の中のものとほとんど印象が変わっていませんでした。奥に見えるのは山陽新幹線の高架線。小倉と博多の間になります。僕がここに住んでいるときに建設され、開通しました。

093006

電停のすぐそばを流れる笹尾川。もっともここに住んでいた頃の僕はこの川の名前など知らず、単に「川」と呼んでいた気がします。河原に友人と秘密基地を作ったりしたものです。

093007

上の写真の逆方向を見たところ。奥に同じような住宅が並んでいますが、そこが僕がかつて住んでいた場所です。もちろんその時とは建っているものは全く違います。

093008

近くへ行ってみました。以前ここには西鉄の社宅団地があり、僕の父親は当時西鉄の電車の運転士だったので、ここに住んでいたのです。今はこのように新しい家が並んでいます。

093009

周辺を歩いてみます。実は上の住宅は周囲からとてつもなく浮いていて、下のような感じの古い家屋がまだ普通に見られます。

093010

福岡県北部を代表する河川、遠賀川。北九州市にはこの楠橋の近辺だけ接しています。川の向こう岸は直方市です。

093011

遠賀川の近くにある「城のような」建物。歴史ある城ではなく、あまり触れてはいけない、いわくつきの建造物です。興味のある方はネットで調べてみてください。

093012

こちらは僕が通っていた楠橋幼稚園。お寺が経営している幼稚園です。今回ここに来てみて、幼い頃の記憶のいい加減さを認識しました。僕の記憶の中では数十段階段を登ったところにこの門があったのですが、実際は階段は3段しかありませんでした。

093013

なぜそんなふうに思っていたのでしょうか? この階段が幼稚園児の僕にはとてもきつく感じられたのか、それとも何か別の記憶と混同されていたのか、どっちかでしょうね。

こちらは楠橋小学校。3年の途中までここに通っていました。

093015

093016

僕が通っていた頃は千数百人ほどの生徒がいて、2年か3年だかのときに近くに香月小学校という新しい小学校ができて、結構な人数の友人がそちらへ移っていきました。僕自身は先にも書いたように、3年の途中で黒崎の方へ引越します。

小学校からは、楠橋のひとつ黒崎寄りの筑豊香月電停まで歩いて電車に乗り、終点の黒崎駅前まで移動。写真は黒崎駅前電停。昔は屋外でしたが、いつの間にか立派になっていました。

093017

次回は黒崎から歩いて、3年生の途中から通った小学校、そして中学校を訪ねてみます。

|
|

2012年9月29日 (土)

高校と折尾駅

北九州へ帰郷。卒業以来27年ぶりに母校の高校を訪れました。当時の同級生たちとも久々の再会。こちらは高校の正門。

092901

校庭。職員室などがあった建物は新しく建て変わっていました。僕らの教室があった校舎(左側の建物)は耐震化のための補強がなされていましたが、見た目はほとんど変わらず。

092902

校舎の入り口に掲げてある著名な卒業生の写真。

092903

学校から最寄り駅のJR折尾駅までの道のりは、このように川沿いに食堂や飲み屋がつらなっていて、とても風情があります。この川は僕らが学生だったときはドブ川でしたが、今はきれいになって魚が泳いでいました。一枚目の奥に見える三角屋根の建物が折尾駅。

092904

092905

とてもレトロな風貌のJR折尾駅。しかし老朽化のため間もなく取り壊されます。

092906

駅構内もこのように木造で昔のままの作りです。

092907

092908

ホームにある立ち食い食堂「東筑軒」。

092909

駅改築のため明日閉店ということで、同級生数名とここで昼食をとりました。

092913

東筑軒の中。向かい側で食べているのは同級生たち。

092910

ケースの中に並んでいるのは名物「かしわめし弁当」。下のトレイに並んでいるのは「かしわめしおにぎり」。かしわめしとは鶏肉の炊き込みご飯のことです。福岡では鶏肉のことを「かしわ」と呼びます。

092911

きつねうどんとかしわめしおにぎりをいただきました。

092912

|
|

2012年9月27日 (木)

ミラーレスカメラ

最近はミラーレスという方式のカメラが人気らしいですね。一眼レフカメラにはハーフミラーを利用した光学式ファインダーが備わっていますが、これを取り除いて、CMOSなどのイメージセンサーに入ってきた映像をそのままダイレクトに液晶モニタなどに表示するという方式です。機構がシンプルになるので小型化でき、コンパクトカメラと一眼レフの中間みたいな位置づけになっているものが多いようです。しかし僕はどうもこの方式に魅力を感じないんですよね。

その最大の理由は、ミラーレスカメラのほとんどは、ファインダがカメラ背面についている液晶モニタになっているからです。つまりスマホで写真を撮る感覚と同じで、あれって昼間の明るいときは光が反射してものすごく見にくくなるじゃないですか。露出とかシャッタースピードとか、どれくらいに設定すればいいか非常に判断しづらいです。また、光学式のファインダーに比べて画面が小さくなるので、被写体にちゃんとピントが合ってるかとか、画面に余計なものが写り込んでいないかとか、細かな部分がわかりにくいですよね。そもそも僕は老眼なので、カメラ本体を顔からかなり離さないと液晶モニタに目のピントが合わないんですよ(苦笑)。そうなると余計に写っているもののディテールがわからなくなるわけです。

結局ファインダーが液晶モニタになると、多くのことをカメラの自動的な判断に委ねることになるわけで、自分の撮りたいように撮るということが難しくなるような気がします。今のスマホみたいな使い方しかできないのかなぁーなんて思ったりするわけですが、画質に関してはスマホとは比べ物にならないでしょうから、まあ使い道はいろいろあるでしょうけどね。ただ僕は今のところは欲しいとは思いません。

今日の一色海岸。台風の影響で波が徐々に高くなってきています。風もだいぶ強くなってきました。明日は羽田から飛行機で福岡まで行くのですが、大丈夫なんでしょうか? 九州は九州で別の台風が来ているようですし・・・・。

092701

|
|

2012年9月26日 (水)

今朝の虫&カモメの水浴び

今朝見たうちの周りの虫たち。

ナナホシテントウ(左)とコクワガタのメス(右)。

092601 092602

コガタスズメバチ。花の蜜を吸いに来ていました。よくこの花にとまっている姿を見ます。おとなしい性格のスズメバチで、こちらから攻撃しなければ、近くにいても刺されません。

092603

ミツバチ。上のコガタスズメバチと同じ花に蜜を吸いにきています。この花にはハチの他に蝶など色々な虫が集まります。

092604

ジョロウグモ。うちの周りは本当にクモが多いです。それだけエサが豊富なんでしょうね。

092605

こちらは家で飼っているキアゲハの幼虫。

092606

先日もこのブログでキアゲハの幼虫を飼っていると書きましたが、実はその幼虫はパセリを挿してある瓶の中に落ちて、残念ながら溺れて死んでしまったのです。なのでこれは2代目。こいつもスーパーで買ってきたパセリについていました。みなさん、スーパーで買ってきたイタリアンパセリを食べるときは、よく注意しないとこのようにキアゲハの幼虫がついています。見た目全然わからないのでたぶん卵の状態でついているんだと思います。きっとみなさんは知らずに食べていると思います(笑)。

おまけでカモメの水浴びの様子を動画で。関根川という小さな川の河口です。

|
|

2012年9月25日 (火)

脱線事故

昨晩、京浜急行の電車が横須賀市内で脱線したそうですね。

4両脱線、10人重軽傷=土砂崩れで京急特急-横須賀

場所は追浜駅と京急田浦駅の間、トンネルの手前だということで、これがうちがキノコとピカルを連れて行っている病院のすぐそばで驚きました。下は先月初めに2匹を病院に連れていったときになぜか撮っていた写真。これがまさに追浜と田浦の間のトンネル手前あたりなんですよ。奥のカーブを曲がった先にトンネルがあります。

092501

092502

つい先週も猫を連れてここに来たばかりでした。横須賀というと海軍とか米軍とか港とか「海」のイメージがあると思いますが、市内の大半は山で、平地はほとんど無いと言っていいくらいです。神奈川県内のトンネルの実に半数が横須賀市内にあるそうです。したがってうちの近所なんかもそうですが、崖崩れのような斜面崩壊危険地区というところがあちこちにあります。いつなんどき、何が起こるかわかりませんね。

さて、今月末、10年ぶりくらいに北九州に帰省します。28日の朝に羽田からスターフライヤーで北九州空港まで行くのですが、天気予報を見ると台風18号がこちらに向かって来てるんですよね。

092503

台風が西寄りのコースをとった場合、関東のほうへ近づきます。飛行機は大丈夫なんでしょうか? 前も博多から東京へ戻る際に台風が接近したことがあって、その時は結構揺れて嫌でしたねー。羽田空港に飛行機が無事着陸した瞬間、乗客から「うぉー!」と歓声が沸いたものです。

|
|

2012年9月24日 (月)

吉田家住宅

昨日は一日中雨でしたが、今日はきれいに晴れました。奥さんが埼玉県の小川町というところへ友人がやっている陶芸の展覧会を見に行くというので、僕もついて行きました。

自宅から車で約3時間(笑)。会場へ着きました。

092401

会場は「吉田家住宅」という、国の重要文化財に指定されている茅葺きの古民家です。

092402

092403

奥さんの友人はここでもう何度も展覧会をやっていて、僕もここへ来るのは3度目です。こちらは中の様子。玄関から入ると広々とした土間があり、そこから一段高い板の間には囲炉裏があります。そしてその奥には畳敷きの部屋があります。1721年に建造された、埼玉県最古の民家だそうです。

092405

092404

陶芸作品は畳の部屋に展示されています。真ん中は奥さん。その左右にいるのが奥さんの友人で今回陶芸の展示をしている作家の御二方。

092406

上から囲炉裏を見下ろしたところ。

092407

うどんやそばなどの食事をすることができます。僕はうどんと野菜の天ぷらをいただきました。

092411

家屋の裏にいた赤とんぼ。一口に赤とんぼと言っても、場所によって生息している種類が全然違いますね。横須賀や葉山のほうは比較的大型で赤味の薄い種類が主ですが、ここで見たのは小型でとても鮮やかな赤のとんぼでした。

092410

俗に赤とんぼは人の魂を連れてくるなどと言われますが、赤とんぼは他の多くの昆虫と違って人を怖がらず、近づいても全然逃げないんですよね。むしろ向こうからこちらへ近づいてくるくらいです。なので人の魂が乗り移っているように感じるんでしょうね。

|
|

2012年9月22日 (土)

パーティー

横浜の馬車道でダンススクールを主催している高校の同級生MINAKOさんが、このたび本を出して、その出版記念パーティーが開催されたので行ってきました。場所は横浜中華街そばのパパダビデというイタリアンレストラン。

092204

車で会場まで行ったのですが、高速を降りて横浜の街に入ったとたん道が混み混み、そして会場付近の駐車場がことごとく満車で、パーティー開始から少し遅れて到着しました。パーティーではMINAKOさんとその生徒さんたちが見事なダンスを披露してくれました。

092201

092202

092203

ベリーダンス、サルサ、ボサノバといったラテン系の踊りをベースに、シャーマン的な激しい振り付けが見る者を圧倒します。こちらの面々は東京・横浜近郊にいる僕の高校の同級生たち。

092205

で、今回出版された本はこちら。

七色の月が踊る 馬月森亜

2年後に大々的なダンスミュージカルイベントを開催しようとしているようで、それにあたって出演希望者、スクール受講希望者を募集しているようです。横浜近郊に住んでいて、ダンスに興味のある方は彼女のスタジオを覗いてみてはいかがでしょうか? 

MMDANCE ウェブサイト

|
|

2012年9月21日 (金)

山芋

3年くらい前から自宅の裏に山芋が生えているんですが、このところずっと見ていなかったので、現状どんな感じになっているか確認してみました。

092101_2 092102_2

久しぶりに見ると、何だかいい感じの芋ができていそうな雰囲気がプンプン漂っています(笑)。しかしここでちょっと問題が。下の写真はこの芋から伸びているツルと葉の写真ですが、葉っぱの形がどうも丸っこいんですよね。

092103

ネットで調べると山芋そっくりな植物で「オニドコロ」というのがあって、山芋の葉はどちらかと言えば細長いのに対し、オニドコロの葉は丸っこいらしいのです。しかもオニドコロは有毒らしいです(笑)。葉の形以外に両者を見分ける方法は、

・ツルが山芋は左巻き、オニドコロは右巻き。

・葉の生え方が山芋は対になっているが、オニドコロは互い違い。

などがあるそうです。下の写真は上とは別の場所にあるプロパンガスの管に巻き付いた山芋で、これは葉が細長いし、対になって生えているし、ツルが左巻きだし、確実に自然薯なわけです。

092104

092105

こちらは今年生えてきたばかりなので、しばらくは掘らずにおこうと思っていますが、上の芋はどうなんでしょうかね? さきほどネットでみてオニドコロのことを知ったばかりなので、葉の生え方やツルの巻き方はちゃんと見ませんでした。あとでもう一度ちゃんと見てみようとおもいます。

|
|

2012年9月20日 (木)

リコーダー教室、007

午前中は横浜ランドマークタワーで隔週のリコーダー教室。今期は今日で終了。先生と相談して来期からは上のクラスに行くことにしました。今日は教室終了後もそのまま残って、その後に始まる上のクラスを見学。従来通っていた入門者クラスは朝9時半から10時半までの1時間ですが、上のクラスは10時半から12時半までで2時間あります。6月のコンサートでみなさんとは一緒に練習、演奏したので、既に顔なじみです。練習する曲目は、さすがに入門者クラスとは違って難易度が高いです。今まで以上に気合を入れて練習しなければなりませんね。

今日の夕暮れ。カモメたちはこのように夕方になると海面からわずかに出た岩やブイの上にとまる習性があります。そして暗くなると、どこか別の場所へ行ってしまいます。

092001

092002

092003

今年は映画007シリーズ50周年だそうで、年末には最新作の「スカイフォール」が公開されます。また、テレビでもイマジカのチャンネルは007特集をやっていて、シリーズ全作を放映しています。これまでジェームズ・ボンド役をショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグの6名が演じてきましたが、先日「トゥモロー・ネバー・ダイ」を見ていて感じたのは、ピアース・ブロスナンは個人的には一番ジェームズ・ボンドっぽくないというか、製作者サイドとしては満を持して登場した彼ではありますが、何だか癖がないというか、非常にあっさりしすぎていて、どうも「コレジャナイ感」があるんですよね。逆に一番新しいダニエル・クレイグは、当初は批判的な人が多かったようですが、僕は結構イケてると思っています。早く「スカイフォール」を見てみたいです。
 
007/スカイフォール公式サイト

|
|

2012年9月19日 (水)

生命

最近はよく雨が降るので、花壇の水やりをしなくてもすむので助かります(笑)。

このブログにはよく虫が登場しますが、田舎に住んでいると周りにたくさん虫がいるわけです。そんな虫たちを見ていると生命のはかなさを感じることがよくあります。下は数日前に仕事場から帰宅したとき、玄関の照明の傘にとまっていた赤とんぼです。

091901

で、ちょっと時間をおいて見てみたら下に落ちていました。

091902

そして翌朝はこのとおり無残な姿に。他の虫に食べられたのでしょう。

091903_2

こちらはベランダのプランターで育っていたキアゲハの幼虫。元気に動いていたのが、次の日にはこんなふうにドロドロになって死んでいたりします。

090211

こういうのを見ると生命のあっけなさ、危うさというものをしみじみと感じます。人間の命も地球レベルで見れば虫みたいなものでしょう。もしくはそれ以下かもしれません。
 

|
|

2012年9月18日 (火)

Windows7と山芋

最近ようやく仕事場のWindowsPCのOSをXPから7に変更しました。XPは非常に安定したOSだったので未だに使っている人も多いようです。実際、このブログのアクセス解析を見てもXPの使用者は依然20%以上いて(Windowsだけで見ると30%)、Windows7とそれほど大きな差はありません。そもそも去年の今頃まではXPからのアクセスの方が多かったので、この1年でだいぶ7への移行が進んでいるようです。

▼当ブログへアクセスのあったOSの割合

1Windows 738.5%
2Windows XP20.9%
3MacOS-X19.1%
4Windows Vista8.2%
5Linux4.5%
6Windows Server 20032.9%
7Robot/Tool2.2%
8Linux x86_640.9%
9Linux x86_640.4%
9MacPowerPC0.4%
11Linux i686)0.2%
12Linux i6860.1%
13Windows 20000.1%
14Windows CE0.0%
14Windows Me0.0%
14Windows0.0%
17au0.0%
17FreeBSD i3860.0%
17Windows 980.0%

今回OSを変えると同時にPC本体も新しいのになりました。なので前のPCに入っているデータを新しいほうへ移す作業をしているのですが、Windowsのファイルコピーの振舞いはどうも不可解ですね。一度に大量のファイルまたはフォルダを選択してコピーしようとすると恐ろしいほどの時間がかかるのですが、小分けにして少しずつコピーすると速いんですよね。例えば小分けにしてコピーすると5、6分で終わるような操作が、それらを一度にコピーしようとすると1時間近くかかるのです。OSの内部的なことはよくわからないので、すごく妙に感じてしまいます。



さて、自宅のプロパンガスの管には、このように山芋のツルが絡まっています。

091801

それにムカゴがつきました。

091802

091803

毎年こんな感じでできるんですが、まだ食べたことはありません。このガス管の山芋は今年伸びてきたやつなので、まだ芋は大した物はできていないと思います。これとは別に家の裏側に何年かたった山芋が生えていますが、もしかしたらそれはだいぶ大きくなっているかもしれません。掘ってみましょうかね。

ところでこれはグチなんですが、ココログのブログ作成ツールってChromeに対応してないんですよ。おバカなことに。Chromeだと画面が変になってブログを正常に書けないのです。スマホもそうだけど、たかがウェブブラウザひとつにも対応できないなんて、やっぱり富士通ってダメなんだなぁと思ってしまいました。

|
|

2012年9月17日 (月)

今朝の様子

スーパーで買ったイタリアンパセリについていたキアゲハの幼虫を育てていますが、だいぶ大きくなってきました。

091701

下は何日か前に撮った写真。だいぶ大きくなったのがわかると思います。

091702

しかし、前にアゲハチョウの幼虫を育てていたときも思ったのですが、虫カゴの中でスーパーで買ったパセリを与えていると、どうも小さく育つようです。外のプランターのパセリについていた幼虫より、だいぶ小さい気がします。とは言え、まだ体にプツプツと突起があるので、まだあと2回くらいは脱皮して成長すると思います。無事蝶にまで育ってくれるといいですけどねー。

こちらは今朝花壇に来ていたモンキチョウ。数匹飛び回っていました。モンキチョウはマメ科の植物に卵を産み、幼虫はその葉を食べて育つのですが、うちのネムノキが毎年これで大きな被害を被るんですよねー。ネムノキはマメ科で、こいつの幼虫がたくさんつくのです。僕は虫好きですけど、さすがに育てている木を食い荒らされるのは嫌なので、モンキチョウの幼虫だけは申し訳ないですが、駆除させてもらってます。

091703

家の壁にとまっていたハラビロカマキリ。カマキリは何匹かがうちの花壇で育っているようです。羽も伸びてもう大人のようですが、少し小さめでした。

091704

花壇で写真を撮っていたら、キノコが2階の窓からこちらを見てミャーミャー鳴いていました。キノコはとにかく異様なほど甘えん坊で、こうやって外にいるとこちらに来たくてたまらないのです。

091705

そのうちピカルも登場。左がキノコで右がピカル。

091706

キノコが網戸をよじ登り始めました。

091707

こちらは屋上から。はるか沖を進む船。客船のぱしふぃっくびいなすです。

091708


|
|

2012年9月16日 (日)

懐かしのCM

YouTubeで見つけた、僕が過去にCGを手がけた懐かしいCMをいくつか。

まずは資生堂レシェンテのCM。出演はドリカムの吉田美和さん。93年だか、それくらいの頃。この時は僕は資生堂宣伝部の社員でした。吉田さんを囲むようにグルグル回っている水色の渦のルックをどうするかで結構もめましたねー。監督の意向で最初はかなり暗い色の不透明な質感で作っていたのですが、資生堂のクリエイティブディレクターは明るく透明感のある質感を望んでいて、ちゃぶ台返しまではいかないですが、ゴタゴタしました。でもこのルックになって結果的には良かったと思います。

バドワイザーのCM。94年か95年くらいです。日本でバドワイザーのCMが作られたのはこれが初めて。駅のホームはミニチュアです。かなりでかい(というか長い)ミニチュアで、先端のほうがスタジオからはみ出ていた記憶があります。ホームにいる人物はブルーバックで撮影して合成。バドワイザーの缶を型どった電車はCG。空を飛ぶ電車と街並みはもちろんCG。シリーズで4本くらい作りました。

トヨタ・ノアのCM。これは2003年くらい。人物と車内のみ実写で、あとはCGの世界。これもシリーズで何本か作りました。

森永ハイチュウのCM。2002年ごろ。浜崎あゆみのシリーズ。しゃべるハイチュウをCGで制作。これもシリーズで結構作りました。プランナー兼監督は大学時代からの友人でもある箭内道彦氏。

最後にキリンアミノサプリのCM。アミノンジャーのシリーズです。これも何本か作りましたねー。歌はもちろんささきいさお、作曲は宇宙刑事シリーズでおなじみの渡辺宙明氏。当時はアミノンジャーが誰なのかという件が話題になっていて、実は有名俳優がやっているのではという噂も流れたりしていました。僕は撮影に立ち会っていたので、ヘルメットをとった彼らの顔を見てましたが、全然有名な人ではありませんでした(笑)。

|
|

2012年9月13日 (木)

インディ・ジョーンズ、プロメテウス

Amazonから下記のようなメールが。

Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

お客様からご注文いただいた商品を本日発送いたしました。

発送いたしました商品は以下のとおりです。
--------------------------------------------------------------------

数量      商品                             価格       発送済み      小計

--------------------------------------------------------------------

   1     インディ・ジョーンズ コンプ      ¥ 9,926    1         ¥ 9,926
--------------------------------------------------------------------

小計:  ¥ 9,453

配送料:  ¥ 0

消費税:  ¥ 473

プロモーション -¥ 0

合計:  ¥ 9,9268

インディ・ジョーンズシリーズの各作品「レイダース/失われたアーク」「魔宮の伝説」「最後の聖戦」「クリスタル・スカルの王国」4本が1セットになった商品です。最初にこのメールを読んだときは身に覚えがなく「こんなの注文したっけなぁ~?」と怪しんだのですが、過去メールを確認してみると、なんと6月26日に確かに注文していました(笑)。もちろんそのときは予約という形で、今日ようやく発売日になったので発送されたということです。3ヶ月近く前のことなので、注文したことなどもうすっかり忘れてました。

インディ・ジョーンズ コンプリート・アドベンチャーズ

同じように「007 製作50周年記念版ブルーレイBOX」も発売日のお知らせメールが来てまして、これも注文したのが今年の1月で、もうすっかり忘れていました。だんだんモウロクしてきてますねー。「2001年宇宙の旅」なんかは買ったことを忘れてまた買ったりしてますからね。

ところで映画「プロメテウス」を観た人がどんな感想をもったか気になったので、Yahoo!映画のレビュー欄を見てみました。びっくりしたのは、この映画が1979年に公開された「エイリアン」の前日譚であることを知らない人が非常に多かったことです。ざっと見たところ、知っていた人より知らなかった人のほうが多いようです。見ている途中で気づいたという人はまだマシで、酷いのは「リドリー・スコットは自らが製作した『エイリアン』から未だ抜けきれていない」という批評もあり、いやいや、抜け切らないもなにも、これはエイリアンシリーズなんだからと突っ込みたくなりました(笑)。

「プロメテウス」がいわば「エイリアン0(ゼロ)」であることを知っているか知らないかで、この映画の見方はまったく違ってきますよね。まあ確かに宣伝では「人類の起源」というテーマを前面に押し出していて、エイリアンシリーズのことには一切触れてませんから仕方がないことかもしれません。しかしこれってプロモーションとしてどうなんでしょう? 「エイリアン」の前日譚であることを念頭に置いて見ないと全然面白くないと思うんですが。

以前の記事で「プロメテウス」は期待ハズレだと書きましたが、映像的には見所はたくさんあって、例えばこれはH・R・ギーガーの画集を見たことのある人にしかわからないことですが、彼の画集には映画「エイリアン」のために描いたデザイン画がたくさん載っていて、その中にはボツになったものもあれば、映画には出てこないけれどエイリアン文化の世界観を表現した絵などがあって、それらが今回の「プロメテウス」で随所に使われているわけです。実はこういうのを知っていると、よりこの映画を楽しむことができるんですね。

Aaaaa

Aaaa2a

Aaaa232a

Aaaa32a

|
|

2012年9月12日 (水)

自宅~御用邸

仕事場まで行くのに、自宅から葉山御用邸まで歩いてみました。距離にしてほぼ3kmです。日差しは相変わらず強いですが、適度に風が吹いているのでそれほど暑くは感じませんでした。

自宅近くから佐島方面を見たところ。

091201

仕事場までは一本道。国道を北上していきます。こちらはウェディングレストランの葉山テラス。もちろん普通に食事だけでも食べられます。以前は東京のフレンチレストラン、クィーンアリスの支店だったのですが、今は資本的にはどうなっているんでしょうね? 残念ながらまだ行ったことはありません。

091202

表に出ているランチメニュー。1800円だそうです。ぱっと見、普通のフレンチのコースとはちょっと違う感じですね。どんなもんなんでしょうか。

091203

久留和海岸入り口にある円乗院というお寺。

091204

海を望むさわやかな墓地があります。

091205

久留和海岸。地元の人の憩いの場です。堤防があるので葉山の森戸海岸や一色海岸などに比べて波がなく、子供が泳ぐのにはいいのではないでしょうか。

091208

峯山バス停付近。奥に長者ヶ崎が見えます。この辺りは現在ちょうど住宅の建築ラッシュですが、このように海を望む絶好のロケーションなので土地の価格は高く、豪邸が並んでいます。

091209

こちらは最近完成した、某超大物芸能人の別荘。元々はレストランがあったのですが(僕がこちらのほうに引っ越してきたときはもう潰れていた)、そのレストランの建物込みで4億円で売りに出されていました。ずいぶん長い間買い手がつきませんでしたが、まさか某超大物芸能人が買うとは思いませんでした。建物は全く新しいものに建て替えられています。

091210

長者ヶ崎。ここまでが横須賀市秋谷。ここから先は葉山町になります。

091213

さらに歩いて御用邸前に到着。普通に歩けば40分弱くらいですが、だらだら歩いたので1時間くらいかかりました。

091215

|
|

2012年9月11日 (火)

アゲハ

前にこのブログで書いたパセリについたキアゲハの幼虫ですが、どうやら全滅したようです。だいぶいいところまで行ったのですが、雨で死んだり、クモに食べられたりしてしまいました。残念です。しかしその代わりというか、スーパーで買ったイタリアンパセリにキアゲハの幼虫がついていました(笑)。これです。

091101

外に出しておくとまた他の虫に食べられてしまうので、家の中で育てることにしました。以前クワガタを飼っていたケースに入れてみました。前の住民のクワガタは、猫がいたずらをしてかわいそうだったので外に逃しました。

091102

そして今日新たに見つけたのがこれ。クロアゲハの幼虫です。山椒の木についていました。

091104

異なる種類のアゲハチョウでも卵から孵ったばかりの幼虫はよく似ています。なんでこんな色をしているかというと、これは鳥の糞に擬態しているんですね。遠目には本当にそっくりです。この段階の幼虫が何アゲハになるかを判定するには下記のサイトが非常にわかりやすいです(芋虫が苦手な人は閲覧注意!)

アゲハの幼虫の見分け方

しかしこの山椒の木は、前にも書きましたがミノムシが大発生して葉がだいぶ少なくなっているんですよねー。これでまたアゲハの幼虫に食べられてしまったら、木が枯れてしまいます。最近新芽が出てきて喜んでいたばかりなのに、困りました。

091103

この山椒とは別に、実がならない葉山椒がひとつあって、それはまだ葉がけっこうついているので幼虫をそちらに移してみようかと思います。蝶の親ももう少し木の状態をみて卵を産み付けてほしいですね(苦笑)。

夜、久しぶりに逗子のなぎさ通りにあるブラ・オンザビーチで夕食。こじんまりとした狭いお店ですが、地産地消の美味しい料理が食べられるおすすめのお店です。

ブラ・オンザビーチ

|
|

2012年9月10日 (月)

荒崎

自宅花壇のひまわりがようやく咲きました。異なる種類のひまわりを植えていて、それぞれに個性があります。左は少し赤みがかった色で、花びらの大きさにばらつきがあります。右は一番ひまわりっぽい形ですかね。

091001 091002

左はちょっと色が薄め。ドライフラワーのような質感です。右はつぼみ。どんな花が咲くか。

091003 091004

仕事場に行く前に荒崎の海岸に寄ってみました。

091005

荒崎はうちから少し南下したところで、地層が織りなす岩肌の模様が素晴らしい奇勝として知られています。

091006

海岸に沿って散策コースが設けられています。

091007

091008

平日は人影もほとんどなく、とても気持ちの良い場所です。

091009

陸側には草むらでくつろげるエリアなどがあり、ファミリーでピクニックに来るには持ってこいの場所ですが、とんびがたくさんいるので何か食べるときは要注意です。

091010

|
|

2012年9月 9日 (日)

ダークナイト・ライジング

午前中は家の周りの草刈り。ついこないだやったような気がするのですが、すぐに草ぼうぼうになってしまいます。草刈り機で一気にガーッと刈り、熊手できれいに集めて捨てるという作業で、日差しが強く、汗だくです。刈っているとアゴからポタポタ汗が地面に落ちていくのがわかります。なので途中で水分補給。一見ビールっぽいですが、実は発泡性のりんごジュースです。米国のジュースで、うちはコストコでよくまとめ買いします。

090905

夜は辻堂のテラスモールへ。映画「ダークナイト・ライジング」がもう終わりそうなので、慌てて観てきました。あらかじめネットで座席指定予約を済ませてから行きます。

090903

映画館に入る前に夕食。テラスモールのフードコート、潮風キッチン。色々なジャンルのお店が集まっています。

090901

僕はハンバーグを。一緒に行った奥さんは佐野実のラーメンを食べてました。

090902

映画の感想ですが、先日見た「プロメテウス」は期待はずれで大きく落胆してしまいましたが、「ダークナイト・ライジング」は良かったです。ラストのほうで思わず泣けてしまいました(笑)。上映時間が長いということもあるでしょうが、見応えのある映画です。やや納得がいかない部分、これはどうかと思う部分(いわゆる「ご都合主義的」な部分)もあるにはありますが、「プロメテウス」の甘さに比べれば許せる範囲。前2作「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」から続く物語をうまくまとめているのではないでしょうか。これでシリーズが終わってしまうのがもったいないという気持ちにさせてくれます。前2作を見ていない人は、あらかじめ見ておいたほうがより楽しめるでしょう。しかしリーアム・ニーソン(バットマンの師匠役)が出てくると、どうしてもスター・ウォーズ/エピソード1のクワイ・ガンを思い出してしまいます(笑)。役柄が完全に被ってますからね。

|
|

2012年9月 8日 (土)

お祭り

7日、8日は森戸神社の例大祭で、町はお祭りムード一色。葉山町の各町内会ごとにお神輿が出ます。こちらは僕の仕事場がある真名瀬町内会のお神輿。

090801

5000円寄付してみました。

090802

こちらは別の町内会のお神輿。

090803

森戸神社の境内は人で賑わっています。

090804

やはりお祭りといえばコレ。屋台です。僕は神社の縁日とかにずらりと並ぶ屋台が大好きなのです。

090805

暑くて喉がかわいたのでかき氷を買いました。シロップかけ放題、フルーツ乗せ放題。シロップをかけすぎて氷が溶けてしまいました(笑)。

090808

本殿では神事がおこなわれていました。

090806

たこ焼きも購入。これは仕事場でお昼ごはんとしていただきました。もう少しソースを多めにかけてほしかった!

090807

|
|

2012年9月 7日 (金)

スマホ

本日は写真はナシです。

近々iPhone5が出るということで買い換えようかと思っています。史上最悪のスマホといわれるIS04を6万円も払って買った以上、今まで1年半、何とかガマンして使ってきましたが、もういいかなと。そばで奥さんがiPhoneをサクサク使っているのを見るとバカらしくなってきました。IS04がいかに酷いスマホかはここでも何度か書きましたが、日本製のスマホに対する信頼はもう完全になくなりましたね。また同じような失敗をしたらと思うと恐くて買えません。日本製のスマホが世界のマーケットで苦戦しているなんて記事を読みますが、こんなクソ機種を出しているようではソッポを向かれるのは当然でしょう。自業自得です。

あらためてIS04の酷いところを書いてみます。

●カメラの動作がめちゃくちゃ

シャッターボタンを押してから何秒後にシャッターが下りるか予測不可能(笑)。普通はシャッターボタンを押すと同時にカシャッと写真が撮れるものですよね。しかしIS04はそんな常識が通用しません。シャッターを押して写真が撮れるのが1秒後なのか、5秒後なのか、10秒後なのか、それとも撮れないのか、そのときになってみないとわからないのです(笑)。ひどすぎですよね。だから基本的に動いているものは撮れません(笑)。風景のように静止しているものでないと構図が決められないのです。しかも保存するのにまたものすごい時間がかかるんですよ。シャッターを押して写真が撮れるまで10秒、そして保存するのに10秒。これが普通なのです。

●☓☓が起動できません

何かアプリケーションを動作させようとすると、しばらく動かなかった挙句「エラー。☓☓が起動できません。強制終了しますか? このまま待機しますか?」なんてのが出てくるわけです。だいたい3回に1回くらいは出ますね。カメラでもフェイスブックでも何でも。もう「死ね」と言いたいです。

●みるみる電池がなくなる

突然これはカイロか?と思うくらい熱くなってきたかと思うと、目視でわかるくらい電池残量がどんどん減っていきます。とにかく使っていないときは常に充電していないと電池が持ちません。

●レスポンスが遅い

動作が操作する指の動きについてこれません。もったり、もっさり、引っかかりまくり、反応がない。文字入力もストレス溜まりまくり。

とまあ他にも色々ありますが、我ながらよく1年半もガマンして使ってきたなぁと感心してしまいます。今は、この機種を買うときによく調べもせずに買った自分の情弱ぶりをつくづく反省しています。

ところでネットのBBSでIS04のクチコミを見ると、大概は僕のようにこの機種をコケ下ろす内容ばかりなのですが、一部そのコケ下ろしに対して妙な反論をする書き込みがあるんですよね。その反論の仕方が僕にはピンとこないのです。いくつか例を挙げてみます。

-- 『IS04は初心者向きの端末ではない。初心者なのに買うのはどうか』

「初心者向きの端末でない」って何なんですかね(笑)。苦し紛れにもほどがあるなと。別にこの機種だけ特殊なOSやアプリを搭載しているわけでもないのに。メーカーがちゃんと「上級者向け端末です」といって売りだしているのならばまだしも、そうではありませんからね。メーカーが言ってもないのに勝手に上級者向けにするなと。

-- 『自分は何の問題もなくサクサク使えている。個体差による不具合をこの機種全部の不具合のように言わないでほしい』

「個体差」ってなんですかね? いや、もちろんわかりますが、お金を出して買ってもらっている商品に「個体差」なんてあっていいんでしょうか? そもそも個体差があること自体が問題ですよね。メーカーの商品管理がちゃんとできていないということですから。野菜とか肉とかペットとかならわかりますよ。しかし電子機器で、それももはや単なる個体差では済ませられないレベルの不具合です。

-- 『ビジネスで使おうなんて思ってはいけない。6万円のオモチャを買ったと思えばいい』

6万円のオモチャなんてどれだけセレブなんだと(笑)。6万円もするオモチャなんて買ったことないですよ。あ、でもアメリカから買ったストームトルーパーのコスプレ衣装は700ドルでした(笑)。まあこれをオモチャと呼んでいいかどうかはわかりませんが。

|
|

2012年9月 6日 (木)

リコーダー&山椒

今日はいつものリコーダー教室。授業は朝9時半からですが、練習のために9時に着くようにしています。9時に着くには家を7時半ちょっと前に出なければなりません。そしてちょうど通勤ラッシュに巻き込まれるのです。バスリコーダーは大きくて、混雑する電車に持ち込むのは気が引けるので、行きはいつもグリーン車に乗ります(帰りは空いているので普通車)。自宅から逗子駅までバスで30分、逗子から横浜までが電車で30分、そして横浜からランドマークタワーの教室まで15分、電車やバスの待ち時間などを入れると、だいたい1時間半くらいかかります。

今日は普段教わっている吉澤先生が海外出張でお休みなので、例によって代講で川端りさ先生による授業。今期は残すところ次回の1回のみで、10月から新学期になります。早いもので2009年の10月から通い始めて丸3年が経ったんですね。そこで悩むのが、このまま10月からも今の入門者クラスに留まるか、それとも上のクラスに鞍替えするかということです。正直実力的にはまだまだ入門者の域を出ないのですが、3年もやっているのでそろそろ移るべきかなのかなぁ・・・とも思ってしまいます。ここは自分で悩むよりは先生に相談したほうが早い気がするので相談のメールを送ったのですが、先生は現在インドにいるため、どうやらメールを見れないようです。

自宅で栽培している山椒の実が熟して、少しずつ割れはじめています。割れるとこのように中から黒いタネが出てきます。まわりの皮は乾燥させてすり潰して、香辛料の粉山椒にするつもりです。

090301

|
|

2012年9月 5日 (水)

海水淡水化

関東では8月の降水量が少なかったため、水源としているダムの貯水率が軒並みダウンして、かなりやばい状況だそうです。心配になったので、住んでいる横須賀市の水源がどこなのかを調べてみました。

横須賀市上下水道局 水源系統

これを見ると、ほとんどの水は相模川とその支流から得ていて、これに加えて小田原市を流れる酒匂川と、横須賀市内の走水の湧き水を利用しているようです。そこで相模川の源流となっている相模湖、津久井湖、宮ヶ瀬湖、そして酒匂川の源流である丹沢湖の貯水率を調べてみると、9月4日現在でどれも85~90%以上となっていました。

神奈川県企業庁 かながわの水がめ

これを見る限りでは、神奈川県は今のところ水不足の心配はなさそうです。しかし毎年のようにどこかで水不足だと騒がれるたびに、日本のまわりには死ぬほど海水があるから、それを淡水化すればいいじゃないかと思うのは僕だけではないでしょう。 そうすれば一気に水不足の問題は解消だと。水問題なんてそれこそ遥か昔から言われていることで、地道に研究を続けていれば、今ごろ安価で手軽に使える淡水化装置ができていてもおかしくないと思うんですけどね。海水を淡水化すれば副産物として塩が必ずできるわけで、塩といえばかつては専売制だったこともあり、そういった利権がらみで開発が遅れてるんじゃないかとか陰謀論を考えたりするわけです(笑)

非常に気になったので、海水淡水化についてもちょっと調べてみました。

ウィキペディア - 海水淡水化

海水を淡水化すれば・・・・

サイエンスポータル - 海水淡水化技術の普及状況と課題

これを読むと意外にも実用化はちゃんとされていて、サウジアラビアは淡水化された海水を主水源にしているそうです。日本でも沖縄や福岡など、頻繁に水不足になる地域では結構活用されているらしいです。要は海水淡水化は現状はまだ非常にコストがかかる。水不足が数年~10年に一度起こるくらいの地域で使うには非経済的すぎる。中東地域で盛んに使われているのは、装置を動かすための燃料が豊富だから。日本ではそのうち台風が来てまた水がいっぱいになるからそれまで我慢しろ、ということのようです。

話は全く変わって、キアゲハの幼虫の観察。今朝見たら、パセリの葉が恐ろしいほどに食いつくされていて驚きました。以前載せた写真と比べると一目瞭然です。上が8月30日の状態で、下が今日。

083006

090501

このようにきれいに葉がなくなってます(笑)。幼虫が6匹から3匹に減ったので、何とか乗り切れるかと思いましたがダメでした。しょうがないので一番大きな幼虫を別のプランターで栽培しているパセリのほうに移しました。何だかキアゲハの幼虫を育てるためにパセリを栽培しているみたいです(苦笑)。

090502

|
|

2012年9月 4日 (火)

ミノムシ大発生

自宅に植えてある山椒と月桂樹の木に、最近ミノムシが大発生して葉を食い荒らしています。すごく小さいのでパッと見には枯葉がぶら下がっているくらいにしか思わないのですが、よく見るとミノムシなんですよ。大きさは5ミリ~1センチくらいです。

090408 090409
090410

こういうのが最初は山椒の木にたくさんついて、そのうち隣にある月桂樹のほうまで侵食してきたのです。おかげでどっちの木も葉に甚大な被害が出てしまいました。ミノムシに荒らされた葉。左が山椒、右が月桂樹。

090404 090407

ミノムシと言えば子供の頃から親しみがあって、あまり害虫という意識がありませんでした。最近は数が減っているといった話も聞いたので静観していましたが、植物の被害が見過ごせないレベルになってきたので、しかたなく駆除することにしました。こちらがとったミノムシ。まだ生きてます。5、60匹くらいいます。

090401

木からもがれたショックでミノから出てくる幼虫もいます。昔はこの子たちを、ちぎった紙や毛糸の中に入れて、それらでミノを作る様子を見て楽しんだものです。

090402

とりあえずこのまま放置して出勤しました。果たして帰宅したときにどうなっているか。

|
|

2012年9月 3日 (月)

猫とか幼虫とか

7月に我が家に来た三毛の子猫、キノコ(奥)とピカル(手前)。その後すくすくと大きく育っています。ピカルは背中に大怪我を負っていましたが、今ではそれもすっかり治りました。

090302

びよ~んと伸びて立つキノコ。風船に映った顔が心霊写真のようで不気味(笑)。

090304 090305

これくらいになると個々の性格がはっきりしてきますね。キノコはものすごく甘えん坊で、人の姿を見るとミーミー鳴きながら猛烈に甘えてきます。対してピカルはものすごくあっさりしていて、つれないんですよ。あんまりベタベタされると煩わしいですが、あっさりしすぎているのもちょっと悲しいですね。それでも眠くなると、このように人の股にはまってグースカ寝始めます。キノコは足元でご就寝。

090307

ちなみに勘違いされると困るので書いておきますが、「ピカル」というのは某テレビ番組のタイトルからとったのではありません。元々は「ピカタ」が由来なのです。ピカタとは、豚肉にすりおろしたチーズと溶き卵を絡めてフライパンで焼く料理です。それが「ピカタン」となって、なぜか次第に「ピカル」となったのです。

先日記事に書いたキアゲハの幼虫。前に見た時は6匹いたのですが、ここ数日の大雨で死んでしまったようで、今は3匹になっています。数が多すぎるとパセリの葉っぱが食べつくされてしまうので、ちょうど良いくらいの数になったと思います。下の写真のが今のところ一番成長している幼虫。

090312

こちらは体にまだ突起が残っているので、上のよりは若いようです。

090313

いつさなぎになるか楽しみです。

090210

|
|

2012年9月 2日 (日)

YRP

前から気になっていた横須賀リサーチパーク(通称「YRP」)へ行ってきました。YRPは企業や大学の研究施設が集まった研究都市みたいなところです。

横須賀リサーチパークへようこそ

NTTやパナソニック、富士通といった大企業の研究所があります。

090201
090202

こちらは観音崎京急ホテルがYRPに出しているレストラン、ラ・ルーヴルYRP。ここでランチをいただきました。広い窓から見える公園と自然の景色がとても心地よい場所です。

090203

食後はレストラン横にある水辺公園へ足を運んでみました。

090204

池には鯉などの魚、カルガモがいます。カモは人に慣れているのか、近づいても全く逃げません。

090205

公園の事務所には、ここで見れる生き物などを展示したギャラリーがあります。

090207

こんな感じの自然散策コースみたいなのもあり、植物や虫などを見て歩くのが楽しいです。

090206

水辺にすむ鳥を観察するための覗き窓がありました。

090208

食事をしていたハラビロカマキリ。食べられているのはマルハナバチの仲間でしょうか。

090209

|
|

2012年9月 1日 (土)

豪雨、そして量子力学講座

このところずっと晴天続きで雨が降ってませんでした。おかげで関東は水不足の恐れがでてきたそうです。今日は久しぶりに雲が空全体を覆っていました。

090101

雨が振りそうだなぁ、でも天気予報は曇で降雨のパーセンテージは低いから、まあ降らないだろうと傘を持たずに出かけました。今日は新宿でいつもの量子力学講座なのです。バスで逗子駅へ向かっていると、朝の11頃、突然猛烈な豪雨に。逗子駅でバスを降りればそのままJRの駅までは濡れずに行けるので助かりました。電車に乗って一路新宿へ。

090102

新宿は全く雨は降っておらず。今日の量子力学講座の内容は、いよいよ古典量子力学から現代の量子力学へ移っていくというところ。古典量子力学はあくまで原子レベルの学問、つまり陽子、中性子が素粒子だと考えられていたころのものです。そこに登場するのは主に陽子、中性子、電子、光子の4つで、電磁気力の相互作用しか考える必要はありませんでした(光子は電磁気力を媒介する粒子)。しかしその後、陽子、中性子の中にも構造があることがわかり、そこには電磁気力以外の力である「強い力」「弱い力」というものが登場します。そしてそれらの振る舞いを定式化した標準理論の話になっていきます。

講義中に新宿でも猛烈な雨が降り始めました。しかし講義が終わるころにはやんで、結局傘がなくても雨に濡れることなく葉山まで戻ってくることができました。こちらのほうは夜中にまた強い雨が降り始めました。雨のおかげで今日は植物の水やりをせずに済みました(笑)。

|
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »