« YRP | トップページ | ミノムシ大発生 »

2012年9月 3日 (月)

猫とか幼虫とか

7月に我が家に来た三毛の子猫、キノコ(奥)とピカル(手前)。その後すくすくと大きく育っています。ピカルは背中に大怪我を負っていましたが、今ではそれもすっかり治りました。

090302

びよ~んと伸びて立つキノコ。風船に映った顔が心霊写真のようで不気味(笑)。

090304 090305

これくらいになると個々の性格がはっきりしてきますね。キノコはものすごく甘えん坊で、人の姿を見るとミーミー鳴きながら猛烈に甘えてきます。対してピカルはものすごくあっさりしていて、つれないんですよ。あんまりベタベタされると煩わしいですが、あっさりしすぎているのもちょっと悲しいですね。それでも眠くなると、このように人の股にはまってグースカ寝始めます。キノコは足元でご就寝。

090307

ちなみに勘違いされると困るので書いておきますが、「ピカル」というのは某テレビ番組のタイトルからとったのではありません。元々は「ピカタ」が由来なのです。ピカタとは、豚肉にすりおろしたチーズと溶き卵を絡めてフライパンで焼く料理です。それが「ピカタン」となって、なぜか次第に「ピカル」となったのです。

先日記事に書いたキアゲハの幼虫。前に見た時は6匹いたのですが、ここ数日の大雨で死んでしまったようで、今は3匹になっています。数が多すぎるとパセリの葉っぱが食べつくされてしまうので、ちょうど良いくらいの数になったと思います。下の写真のが今のところ一番成長している幼虫。

090312

こちらは体にまだ突起が残っているので、上のよりは若いようです。

090313

いつさなぎになるか楽しみです。

090210

|
|

« YRP | トップページ | ミノムシ大発生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事