« パーティー | トップページ | 脱線事故 »

2012年9月24日 (月)

吉田家住宅

昨日は一日中雨でしたが、今日はきれいに晴れました。奥さんが埼玉県の小川町というところへ友人がやっている陶芸の展覧会を見に行くというので、僕もついて行きました。

自宅から車で約3時間(笑)。会場へ着きました。

092401

会場は「吉田家住宅」という、国の重要文化財に指定されている茅葺きの古民家です。

092402

092403

奥さんの友人はここでもう何度も展覧会をやっていて、僕もここへ来るのは3度目です。こちらは中の様子。玄関から入ると広々とした土間があり、そこから一段高い板の間には囲炉裏があります。そしてその奥には畳敷きの部屋があります。1721年に建造された、埼玉県最古の民家だそうです。

092405

092404

陶芸作品は畳の部屋に展示されています。真ん中は奥さん。その左右にいるのが奥さんの友人で今回陶芸の展示をしている作家の御二方。

092406

上から囲炉裏を見下ろしたところ。

092407

うどんやそばなどの食事をすることができます。僕はうどんと野菜の天ぷらをいただきました。

092411

家屋の裏にいた赤とんぼ。一口に赤とんぼと言っても、場所によって生息している種類が全然違いますね。横須賀や葉山のほうは比較的大型で赤味の薄い種類が主ですが、ここで見たのは小型でとても鮮やかな赤のとんぼでした。

092410

俗に赤とんぼは人の魂を連れてくるなどと言われますが、赤とんぼは他の多くの昆虫と違って人を怖がらず、近づいても全然逃げないんですよね。むしろ向こうからこちらへ近づいてくるくらいです。なので人の魂が乗り移っているように感じるんでしょうね。

|
|

« パーティー | トップページ | 脱線事故 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事