« 飲み会とか本屋とか終電とか | トップページ | YRP »

2012年9月 1日 (土)

豪雨、そして量子力学講座

このところずっと晴天続きで雨が降ってませんでした。おかげで関東は水不足の恐れがでてきたそうです。今日は久しぶりに雲が空全体を覆っていました。

090101

雨が振りそうだなぁ、でも天気予報は曇で降雨のパーセンテージは低いから、まあ降らないだろうと傘を持たずに出かけました。今日は新宿でいつもの量子力学講座なのです。バスで逗子駅へ向かっていると、朝の11頃、突然猛烈な豪雨に。逗子駅でバスを降りればそのままJRの駅までは濡れずに行けるので助かりました。電車に乗って一路新宿へ。

090102

新宿は全く雨は降っておらず。今日の量子力学講座の内容は、いよいよ古典量子力学から現代の量子力学へ移っていくというところ。古典量子力学はあくまで原子レベルの学問、つまり陽子、中性子が素粒子だと考えられていたころのものです。そこに登場するのは主に陽子、中性子、電子、光子の4つで、電磁気力の相互作用しか考える必要はありませんでした(光子は電磁気力を媒介する粒子)。しかしその後、陽子、中性子の中にも構造があることがわかり、そこには電磁気力以外の力である「強い力」「弱い力」というものが登場します。そしてそれらの振る舞いを定式化した標準理論の話になっていきます。

講義中に新宿でも猛烈な雨が降り始めました。しかし講義が終わるころにはやんで、結局傘がなくても雨に濡れることなく葉山まで戻ってくることができました。こちらのほうは夜中にまた強い雨が降り始めました。雨のおかげで今日は植物の水やりをせずに済みました(笑)。

|
|

« 飲み会とか本屋とか終電とか | トップページ | YRP »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事