« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

ルーカス

フェイスブックではルーカスフィルムがディズニーに買収された話題でもちきりでした。まあでも良かったんじゃないですかね。スター・ウォーズ新三部作(エピソード1~3)やインディ・ジョーンズの新作を見ても新しいクリエイティビティは感じられませんでしたし(特撮の質ではなく映像の見せ方やお話として)、調度良い時期に身を引いたという印象を受けました。新作を作るのであれば007のように新しい世代に託していくのがいいと思います。

元々はスター・ウォーズは全9作と公言していたにも関わらず、新3部作制作にあたり、どういうわけか自らの発言を無かったことにして全6作だとしたルーカス氏。結局今回の買収で残りのエピソード7~9の制作が確定したようです。僕自身は新エピソードにはそれほど興味はありませんでしたが、作られるのであればもちろん見たいですね。

ネットではディズニーが買収したらスター・ウォーズがミュージカル調になったりアニメ調になったりするのではないかと本気とも冗談ともつかない書き込みが目立ちましたが、別にディズニーはアニメばかりでなくトロンとかパイレーツ・オブ・カリビアンみたいな映画も作ってますからね。まあ確かに映画のオープニングで、あのシンデレラ城のディスニーのロゴが出てくるのはどうなのかとも思いますが・・・。

20世紀FOXはどうなるんでしょうか? 完全に外れてしまうんですかね? それとも配給は相変わらず20世紀FOXなのでしょうか? その場合は今までと同じく20世紀FOXのロゴがお馴染みのファンファーレとともに登場し、そのあとのルーカスフィルムのロゴだったところがディズニーに変わるんですかね? さてどうなるんでしょう?

ところで昨日書いた久里浜の「尻こすり坂通り」ですが、この写真のところが「尻こすり坂」なのではなく、もっと先の山のほうにその坂があるそうです。つまりこの道路は「尻こすり坂」につながる通りということでした。

|
|

2012年10月30日 (火)

くりはま

J:COMチャンネルの「ハマSHOW」という番組で久里浜特集をやっていて、面白そうなので行ってみました。久里浜は車ではよく通るのですが、実際に町を歩いてみたことはありませんでした。今日は奥さんは仕事で東京なので、僕ひとりで行って来ました。

とりあえずバスで逗子へ。こちらは京浜急行の新逗子駅。ここから出発します。

103001

自宅から久里浜へは車で行くとすぐですが、バス、電車を乗り継いで行くとすごく遠回りで時間がかかります。まあ遠足気分でのんびりと行くことにします。新逗子から電車に乗り、金沢八景で乗り換え。金沢八景は横浜市の最南端の町で、ここを越えると横須賀市になります。

103004

新逗子から久里浜への直通電車はありません。東京から逗子へ戻るときにたまに京急を使いますが、いつもこの金沢八景で新逗子行きに乗り換えるので、ここから久里浜方面の電車にはほとんど乗ったことがないんですよね。たぶん20年くらい前に1回乗ったっきりで、ほとんど覚えてません。今回乗ってみて、車窓から見る横須賀の風景の面白さを実感しました。

山がちな横須賀市に於いて、特に追浜駅から横須賀中央駅まではトンネルが多く、どの駅もトンネルとトンネルに挟まれた山の切れ目にあり、独特の風景を生み出しています。断崖のような急な山の斜面に沿って民家が点在し、こんなところにまで家を建てるかと驚いてしまいます。まるでここはRPGのダンジョンか、はたまた中国の辺境の地に建つ修行寺かと思ってしまうような景色です。これは一見の価値がありますよ。

程なく京急久里浜駅へ到着。

103005

こちらが駅ビルの外観。立派なビルで、中には京急ウィング、京急ストア、もとまちユニオンといった京急系列の店が入っています。

103007

駅前の風景。すごく都会です(笑)。というか、自分が住んでいる場所がすごく田舎なので、どの町に行っても都会に見えるんですよ。

103008

テレビを見ていてそそられたのはアーケード商店街があることです。僕はアーケード商店街が大好きなんですよ。三浦半島でアーケード商店街があるのって久里浜くらいじゃないでしょうかね? 逗子や横須賀市街地にもありませんから。2つのアーケードが十字に交差していて結構立派でした。海が近いからか、魚屋さんが多くありますた。

103010

103011

103012

こちらはアーケード外の商店街。狭い道をバスが通ります。

103013

商店街裏にたつイオンショッピングセンター。

103014

恐らくこのイオンのせいか、写真からもわかると思いますが商店街はその規模の割には人通りが少なく、やや寂しい印象を受けました。反対にイオンの中は大勢の客で賑わっていました。昔ながらの商店街がこうやって寂れていくのは悲しいですね。もっとも平日の朝に来たので、その他の時間帯や休日がどうなのかはわかりませんが。

町を歩いてみます。ここは「尻こすり坂通り」という面白い名前の通り。ただ坂という割にはぜんぜん坂っぽくなく、車で通ると平坦な道にしか感じません。歩いて初めて、何となく坂になっているかなぁと感じるくらいです。尻をこするなんて相当な傾斜だと思うのですが、昔はもっと急な坂だったのでしょうか?

103015 103016

海のほうへ足をのばしてみます。町から海まではちょうど1キロほどです。10分と少し歩いて海岸へ出ました。

103018

海岸沿いにあるペリー公園。江戸時代、鎖国中だった日本に黒船でやってきたペリーを記念した公園です。黒船が入港したのは隣町の浦賀ですが、上陸したのはここ久里浜だそうです。

103019

明治時代に建てられた記念碑。初代総理大臣伊藤博文の字だそうです。

103020

公園内にはペリー記念館があります。

103021

公園近くには黒船やペリーにあやかった屋号のお店が多いです。さきほどの商店街も「黒船市場」という名前でした。

103022

103023

三浦半島と房総半島を結ぶ連絡船が出ている久里浜港へ行ってみました。こちらがフェリーのターミナル。奥に見える3本の煙突は横須賀火力発電所。

103024

ターミナル内部。ここでチケットを買って船に乗ります。チケット売り場の他にレストランやお土産屋があります。

103025

ソフトクリームを買いました。ソフトクリームと出港間近のフェリー、しらはま丸。カーフェリーなので車で乗り込めます。千葉まで40分の船旅だそうです。人間だけだと片道700円、車では2300円から。車の大きさに応じて運賃が変わります。

103028

|
|

2012年10月29日 (月)

アゲハ幼虫その後

前に書いたアゲハチョウの幼虫ですが、もともとついていた葉山椒の木には葉がほとんどないので実山椒のほうへ移したのは先日書いたとおりです。移した当初は怪訝そうな様子だったのでどうなるかと思いましたが、次の日に見てみると周囲の葉がきれいに食べられていました。

102901 

で、そのまた次の日に見てみると近くの葉も枝ごときれいに食べてしまっていました。もう幼虫のまわりには葉はなく、だいぶ離れた枝へ行かなければ新しい葉を食べられない状況になっていて、しかしいっこうに移動する気配がないので、しかたなく手で葉の生えている枝へ移してあげました。

102902

右側が葉を食べ尽くした枝。左の葉の生えたほうへ移したところ。何とも世話が焼けます(笑)。

|
|

2012年10月28日 (日)

アルコールと喘息

未だに大学生が一気飲みで死亡とかいうニュースが定期的に流れたりしますが、ほんとアホかと思いますね。大学生のくせに飲めない人間が飲み過ぎるとどうなるかもわからないのですかね? 少なくとも僕が通っていた芸大では一気飲みを強要するような文化はなかったです。思うに一般大学と違って芸大は学生が人生にちゃんと目的意識を持った人間ばかりなので、大人だと思うんですよ。人間ひとりひとりは違うもので、自分と同じ人間などいないということをちゃんと分かっているわけです。たとえば予備校・大学を通じて作品制作をしていくことで、同じテーマでも各々が全く違う解釈で答えを出してくる、そういったところでも自ずと自分と他人が別のものであることに気づくわけです。一般大学ではそういう経験はあまりないんじゃないですかね。

一気飲みを強要するということは、詰まるところ「オレがやって大丈夫なのだからお前も大丈夫なはずだ」という根拠のない思い込みからそうさせるわけですよね。そういった集団は何でもみんなに同じことをさせて「個人」を尊重しようとは思わないのでしょう。また強要されて飲む側も自分という個人でいることよりも、周りに同化してしまうことを望むのでしょう。まあサラリーマン予備軍としてはそれが大切なのかもしれませんが。

僕は大学時代は一切お酒を飲みませんでした。それでも飲み会の席でみんなとワイワイやるのは好きなので、必ず出ていましたね。芸大には呑兵衛が多かったですが、お前も飲めと言われたことは一度もないです。社会人になって多少は飲むようになりましたが、それでも量は飲めないです。なぜかというと喘息だからです。体内に入ってくるアルコールが一定量を超えると呼吸困難になるんですよ。健康な人なら飲み過ぎても気持ち悪くなって吐いたり二日酔いになるくらいで済むかもしれませんが、僕の場合は呼吸ができなくなるのでヤバいのです(笑)。

幸い社会に出ても未だ酒を強要する人に出会ったことはありません。クリエイティブな業界はやはり個人をちゃんと尊重するし、他人を無理やり自分流に抑えこもうとはしません。結局いろいろな争いごとというのは「他人は自分と同じべきである」という考えから発生するんだと思いますね。身近ないざこざから戦争まで。つまり相手(それが善であっても悪であっても。所詮善悪というものは見方次第の曖昧なもの)を認める寛容さを欠くことが、様々な問題の元凶なのでしょう。

|
|

2012年10月27日 (土)

披露山公園

久しぶりに披露山公園へ行って来ました。披露山は逗子と鎌倉の間にある小高い山で、その上はハリウッドのビバリーヒルズみたいな超高級住宅街なのですが、さらにその上に誰もが利用できる公園があります。

披露山公園地図(グーグルマップ) http://goo.gl/maps/3dGNy

山の麓にあるパン屋、パンヤコットでパンを買ってから行きます。メロンパンとチーズパンを買いました。

102701

披露山公園案内図。

102703

鳥やうさぎなどの小動物が飼育されていて、ちょっとした子ども動物園のような感じになっています。

102705

こちらはサル山。子猿が生まれたそうで、小さいのがいましたね。

102706

相模湾を眺めながら、さきほど買ったパンを食べます。トンビに取られないように注意しなければなりません。

102708

こちらは葉山方面。ちょっと突き出た港のような場所は葉山マリーナ。僕の仕事場も見えてるはずですが、小さくてちょっとわかりません。

102709

展望台から見下ろした風景。こちらが芸能人などが住む超高級住宅街。一番奥にあるマンション群は逗子マリーナ。その上に欠けて写っているのが江ノ島。

102710

レストハウスもあります。料理は食べられませんが、ソフトクリームやお菓子を売っています。

102704

|
|

2012年10月26日 (金)

アゲハ

自宅の玄関前に置いてある山椒の木にいつのまにかアゲハチョウの幼虫がついていました。

102601

アゲハチョウには色々な種類がありますが、これはいわゆる一番普通のアゲハチョウで、「ナミアゲハ」の幼虫ですね。みかんの仲間の木の葉をエサとします。しかしアゲハチョウの親も、もう少しちゃんと考えて産卵してほしいもので、この山椒の木は冬を目前にしてほとんど葉が落ちてしまってるんですよね。幼虫が食べる分がほとんどないのです。

102602

だからだと思いますが、非常に小さく育ってます。普通はこの模様の段階になると人間の親指くらいの大きさになってもいいところですが、このように非常に小さいです。

102603

うちにはもう一本山椒の木があり、もともと幼虫がついていたのは「葉山椒」で、もう一方は「実山椒」です。実山椒のほうが葉がたくさんついているのでそちらへ移してみたのですが、どうも怪訝な顔というか、クンクン葉の匂いを嗅いで「これじゃない」的な雰囲気を醸し出しているんですよねー。かと言って葉山椒のほうはほとんど葉がありませんし、さてどうしたものか。

102604

|
|

2012年10月25日 (木)

電子マネー

このところ更新が滞ってます。月曜に風邪で熱が出てダウン。そこから今ひとつヤル気がでず、ずるずると更新をさぼってしまいました。土曜にセミナーをやって喉を痛めたのと(普段はほとんど喋らないので、たまにたくさん喋るとすぐ喉を痛めてしまうのです)、日曜の晩に久しぶりに望遠鏡で星を撮影し、薄着のまま長時間屋上にいたため、まんまと風邪をひいてしまいました。熱はすぐに下りましたが、歳のせいか完全に治るのに時間がかかるようです。

さて、前に今使っているスマホに見切りをつけて、iPhoneへ乗り換えようかと思っていることをこのブログに書きました。しかしその後モバイルSuicaを導入し、電子マネーとしてのスマホの利用頻度がさらに上がったため、iPhoneでは不便かなと思うようになりました。いつも不思議に思うのは、これだけ携帯電話が普及している中で、僕の回りには僕以外で電子マネーを多用している人をほとんど見ないことです。もちろんSuicaやPasmoはそれ専用のカードを多くの人が使っているわけですが、携帯電話を電子マネーのデバイスとして利用している人は意外と少ないのです。

すごく便利だと思うんですけどねー。財布が小銭で膨れてしまうことはないし、たまたまお金を持ってなくても買い物ができますし。ちなみに僕は財布に2万円以上の金額が入っていることはほとんどなく、いつもだいたい3、4千円くらいしか入ってません(笑)。コンビニやスーパーではSuicaやEdyなどの電子マネーが使えますし、大きな金額のものはクレジットカードで買えばいいので、財布に何万も入れておく必要が全くないのです。ただ場合によっては現金で払ったほうがいい時もあるので、そのために数千円財布に入れてあるのです。

ということで、スマホを買い換えるにしても「おサイフケータイ」機能は必須だなぁと感じており、そうなるとiPhoneという選択はなくなります。ネットとかで「おサイフケータイ機能は無駄」という書き込みをよく見ますが、僕からすればそういう人の気が知れないわけです(笑)。思うに、こういう人たちはクレジットカードを持っていなかったり、持つことに抵抗があるような人なんでしょうね。基本的に携帯電話の電子マネーはクレジットカードの使用が前提ですから。

で、iPhoneが候補から消えた今、どの機種を買うべきか悩むところですが、日本製は今持っているやつで懲りたのでそれは無いとして、ちょっと気になっているのは12月に発売予定のHTC J butterfly という機種です。

102501

どうなんでしょうかね? カメラの撮影解像度が今の4000x3000よりやや落ちてしまいますが、まあ所詮スマホのカメラなので3200x2400もあれば十分でしょう。Androidのバージョンは4.1ですし、その他の機能も今のところ問題ないように見えます。今持っているのなんか2.1ですからね(笑)。アップデートしてないんじゃなくて、これ以上上げられないんです。笑っちゃいますよね。発売はまだ1ヶ月以上先ですが、検討してみようと思います。

|
|

2012年10月20日 (土)

セミナー

東京・千駄ヶ谷の事務所で、出身高校の同窓20名ほどに向けたセミナー。大学生から年配の方々まで幅広い年齢層の方に対して、僕が普段行なっている業務や、CG会社の代表という現在の状況に至った経緯などをお話ししました。

102001

聴講していただいた方々の中には日本郵便の元最高経営責任者である北村憲雄氏をはじめ、サイバーセキュリティの専門家、西本逸郎氏など大御所がいらっしゃいましたが、みなとても気さくな方々で、高校の同窓ということもありアットホームな雰囲気で進めることができました。

セミナー終了後は近くの居酒屋で懇親会。普段は同じ業界の人たちと飲むことがほとんどで、今回のように多種多様な業種の人たちと歓談すると、また違った視点を持つことができて面白いですね。

|
|

2012年10月18日 (木)

リコーダーと亀焼き

隔週木曜はリコーダーの日。今期から入門者クラスを卒業し、上のクラスへ移ったのですが、やはりレベルが高いですねー(苦笑)。みなさん新しい楽譜を渡されたら、即その場で演奏できるのがスゴイです。8分音符とか16分音符ばかりの曲が多く、指使いがついていけません。果たしてちゃんとやっていけるのか心配になってきました。まだ入門クラスにいたほうが良かったのかなぁと後悔している今日この頃です(笑)。

ここは教室がある横浜ランドマークタワーの隣のクィーンズスクエア横浜。この地下にみなとみらい線の駅があるので毎回ここを通りますが、神奈川県警の音楽隊がよく演奏会をしています。指揮者の横に立っている女性のフルートのソロ演奏がとても素敵でした。

101801

リコーダー教室は12時半まで。逗子に戻ってきて、駅の近くにある蕎麦屋「凛桜」で昼食。京鴨のつけ汁蕎麦をいただきました。逗子名物「亀焼き」を買って、葉山の仕事場へ戻り。

101802

亀の形をした鯛焼きみたいなお菓子です。逗子駅のそばに亀ケ岡神社という神社があり、そこから来てるんでしょうか? 皮はこのように白っぽい色です。

101803

割ると中には甘さ控えめのあんこが入っています。

101804

|
|

2012年10月16日 (火)

良い波

雲ひとつない良い天気。

101605

南のほうにいる台風の影響か、波の高い日が続いています。まるでハワイを彷彿とさせる波が押し寄せていました。そんな状況をサーファーたちが放っておくわけがありません。

101601

だいぶ涼しくなったとはいえ、昼間はそこそこ暖かいので、まだ裸で海に入る人もいました。場所は葉山公園裏の大浜海岸です。

101602

101603

波に乗るサーファー。奥に見えるのは鎌倉の町並み。

101604

夕方までまったく雲がありませんでした。

101606

|
|

2012年10月15日 (月)

チョウ

だんだん気温が下がってきて、虫の季節ももう終わりが近づいてきましたね。秋の虫の鳴き声はまだ聴こえますが。自宅のまわりにやってきた蝶たち。

モンシロチョウ。羽がボロボロです。もうだいぶ弱っているようで、飛び方もフラフラしていました。ルッコラの花にとまっています。

101501

ヒガンバナにとまっていたキアゲハ。こいつもだいぶ弱っていて、至近距離まで近づいても逃げませんでした。本来アゲハチョウの仲間はその場に停滞することが少ないので、とても撮りづらいのです。この蝶も手前の羽が欠けています。

101502

モンキチョウ。

101503

セイダカアワダチソウの蜜を吸うイチモンジセセリ。

101504

ヤマトシジミ。日光を受けると青く光ってきれいです。

101505

ツバメシジミ。下の羽に突起があるのが特徴です。これはメスのようで、羽の色は地味ですね。でもこの写真ではわかりませんが、裏側はオレンジ色のアクセントなどがあってきれいなのです。

101506

ウラギンシジミという大型のシジミチョウ。これはメス。その下は同種類のオス。模様の色が異なります。虫の仲間は往々にしてオスが派手、メスは地味ですね。

101507

101508

|
|

2012年10月14日 (日)

お茶会

今月の初め、うちの奥さんが通っている小川流煎茶の「煎茶を楽しむ会」へ行ってきました。会場は明治神宮御苑の中にある隔雲亭です。

今回で3回目の参加になります。こちらが会場の隔雲亭。

101401

101402

隔雲亭の中からみた苑内。お茶会の間は畳の上で正座するので、足がしびれて痛かったです。

101404

お茶会のあと、苑内を散策しました。暗くてわかりづらいですが、一番奥に隔雲亭があります。

101405

大きな池があり、鯉が泳いでいます。

101406

菖蒲田。今は葉っぱしか生えてませんが、花の季節になるときれいなんでしょうね。東京の都心のど真ん中であることを忘れてしまいます。

101407

こちらは清正井(きよまさのいど)。湧き水の井戸です。写真のちょうど真ん中あたりにある丸いところから水が湧き出ています。

101408


|
|

2012年10月13日 (土)

今日の夕焼け

今日の夕焼け。秋は雲の形が面白いですね。北斎の浮世絵のような雲です。実際、水平線上の雲が少なければ富士山も見えます。

101301

101302

101303

先日テレビで映画「20世紀少年」を見ました。特に興味がなかったので劇場では見ませんでしたし、その日も別に見るつもりはなく、帰宅したらたまたま奥さんが見てたので夕飯を食べながら見てみたのです。これって漫画が原作らしいですね。読んだことありませんが。

いやぁ、しかしひどい映画でした(苦笑)。公開当時はけっこう話題になっていた記憶があるのでそこそこ面白いんだろうなと思って見ていたのですが、これはないだろうと。僕はVFX関係の仕事をしているので、映画を見るときはいつもその部分の出来に目がいくのですが、この映画に関してはVFXがどうこう言う以前に演出がひどすぎて唖然としてしまいました。何だか素人が作ったような映画で、これで全3作あるというのが驚きです。

|
|

2012年10月12日 (金)

猫と血圧

猫の写真を。今年夏に我が家の一員になったピカル(上)とキノコ(下)。フラッシュを焚いて撮ったので目が光って恐くなってしまいました。

101201

101202

キノコの方はどうもロード・オブ・ザ・リングのこのホビットに見えてしまうんですよねー(笑)。鼻がでかいからですかね。

101203

今まではチビ猫たちに先住猫の病原菌が移らないよう別の部屋で隔離して育てていましたが、2回のワクチン接種が完了し、その効果が現れるのに必要な日数が経過したので、いよいよ開放して家の中を自由に歩き回れるようにしました。昨年拾ってきたなぎさ(下の写真の箱で寝ている猫)がよくチビたちの相手をして一緒に遊んでいます。後ろにいるノンコはチビたちが気に入らないようで、シャーシャー言って威嚇します。

101204

ところで最近久しぶりに血圧を測ってみたらかなり高く、奥さんが絶対にお医者さんに見てもらったほうがいいというので、喘息で通っている病院へ行ってきました。お医者さんと話をして、とりあえず一ヶ月間毎日血圧を測ってみて、その結果次第でどう対処するか決めようということになりました。一応血圧を下げる薬も少量飲んでみることに。

101205

うちの奥さんは逆に血圧がすごく低いんですよ。ほとんど同じものを食べていて、なぜこうも違うのかと考えてみると、そもそも僕は血筋的に高血圧体質なんです。親も血圧を下げる薬を飲んでますからねー。これって遺伝するそうです。いずれにせよ何かあってからでは遅いので、真面目に記録していこうと思います。

|
|

2012年10月11日 (木)

モバイルSuica

このところブログの更新が滞ってます。最近はフェイスブックのほうで写真とともに投稿することが多いので、フェイスブックのアカウントをお持ちの方はそちらを見てください。良い写真が撮れた場合はフェイスブックのほうにアップしています。ブログのほうは使用できるディスク容量が限られているので大きな写真を載せることはできませんが、フェイスブックは基本的に無制限なので、ブログに載せてない大きな写真をたくさんアップしてあります。ほとんどの投稿は誰でも見れるようにしています。

http://www.facebook.com/hayashidahiroyuki/

最近は気候が良く、暑くも寒くもないので自宅から葉山の仕事場まで歩いて行こうかという気になります。仕事場までは約4.3キロほど。歩けばだいたい1時間で着く計算ですが、たいがい寄り道したり、写真を撮りながらダラダラ歩くので、倍くらいの時間がかかります。

久留和海岸。十字架のようなものが立っていて、一見、海を見下ろす外人墓地のようですが、ただの工事現場です。

101102

すすきが生い茂り、すっかり秋めいてきました。奥に長者ヶ崎と富士山が見えます。

101105

長者ヶ崎から見た我が町秋谷の久留和地区。

101101

長者ヶ崎手前の大きなカーブ。このカーブを曲がった先から葉山町になります。

101104

ところで、スマホにモバイルSuicaを入れてみました。田舎に住んでるとSuicaを使うのが意外と不便だったりするのです。理由は、お金をチャージできる場所が近くにないからです。僕は通勤にバスを使いますが、片道340円かかります。バスの車内で一応チャージはできますが、一度に1000円しか入れられません。1000円のチャージを10回繰り返せば1万円入れられるわけですが、運行中のバスの中で、まあ普通はそんなことはできないですね。

1000円なんてのはあっという間になくなりますよ。片道340円ですから、1往復して、その次はもう払えないわけです。そうなるとバスに乗るのに2、3回に一度はチャージをしなくてはならず、これではあまりSuicaを使う意味がありません。もちろんJRなどの駅まで行けば大きな金額をチャージできますが、今の僕はあまり電車に乗る機会がないのです。コンビニでもチャージできるようですが、田舎はコンビニに行くのも遠いですからねー。

ということで、ついにモバイルSuicaを導入してみました。これだとスマホからどこにいてもチャージができます(クレジットカードの引き落とし)。JRのクレジットカード利用者はオートチャージができるようですが、僕のカードはそうではないのでできません。でも別にオートにしなくても、簡単なスマホの操作ですぐにチャージできるので問題ないです。また、グリーン券もスマホから買うことができるので便利ですね。

しかしこれでまたiPhoneへの道が遠のいてしまいました(笑)。

|
|

2012年10月 1日 (月)

ノスタルジア 里山と鷹見神社

北九州帰郷篇はこれで最後。東京へ戻る日、飛行機に乗るのは夕方なので、午前中に実家から少しばかり歩いてみました。実家のある場所は下の写真のように住宅街ですが、北九州は海から割りとすぐに山になっているため、住宅街でも少し歩けば里山の風景が現れます。

100101

実家の裏を流れる割子川という川。今回はこの川沿いに山の方へ歩いていきます。

100102

こんな感じで町のすぐ向こうに山がそびえ立っています。山頂にアンテナが建っているのは権現山。その左は帆柱山。標高は権現山が617メートルで、東京の高尾山より少し高いくらい。帆柱山は少し低くて488メートル。

100103

川に沿って山の方へ向かいます。前には同じように歩いている年配の方の集団が。右の草むらの向こうには鯉の養魚池があります。

100104

この高速道路を越えると、一気に田舎の風景になります。

100105

住宅街の中の実家から1キロほど歩いただけでこのように田んぼと山林が広がる里山の風景になります。コスモスの花がきれいです。花の写真を撮っていたら、通りがかりのおじさんが「いい写真は撮れとるねー?」と聞いてきたので「花がとてもきれいですね」と返したら「そう? 私らは毎日見とるけ何も感じんけど。ハハハ」と言って去っていきました(笑)。

100106

100107

川に沿って歩きます。だんだん山が近づき、川幅はせまくなってきました。

100108

川には小さな魚がたくさん泳いでいますが、当然それをエサとする鳥もいます。アオサギ(上)とカワセミ(下)。

100110

100111

だいぶ奥まで来ました。ここまでが実家からおよそ2.4キロくらい。ここから先は登山道になります。

100112

登山道の入り口には鷹見神社という古い神社があります。北九州には、東京の氷川神社のように鷹見神社という神社が至るとこにあります。ここの鷹見神社はそれらの総本社になります。

100114

鷹見神社は熊野神社の流れをくんでいるようで、慶雲2年(西暦705年)に創杞されたそうです。祭られているのは伊弉冊尊(イザナミノミコト)、速玉男命(ハヤタマノヲノミコト)、事解男命(コトサカヲノミコト)。戦による火事で2回焼失し、現在のものは永禄4年(1561年)に再興されたものとのこと。行ったことはありませんが、奥宮が前述の権現山の山頂にあるそうです。

100115

木々が鬱蒼と生い茂る参道をしばらく歩くと社殿が見えてきます。

100116

100117

100118


ここから先は権現山、帆柱山、皿倉山へ続く登山道になっています。昔は正月に初日の出を見るために、雪が積もったこの細い道を夜中に懐中電灯の明かりだけで友人たちと登っていったものです。

100119

|
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »