音楽

2012年12月15日 (土)

ライブへ

昨晩、以前の記事で告知しておいた米村裕美さんのライブへ行ってきました。東京・岩本町にあるエッグマンというライブハウスです。

121401

今回のライブは単独ではなく、他に2名のアーティストも登場しました。

121402

ライブの開始は19時30分でしたが、事前のアナウンスで米村さんの登場は一番最後で21時からというのを聞いていたので、20時半くらいに会場へ到着。2番目の健吾さんというアーティストが歌われている最中でした。一番前の端っこの席が空いていたのでそこへ座って鑑賞。

21時に米村さん登場。今回は米村さんピアノ&ボーカル、女性のバックコーラス1名、アコースティックギター1名という編成。2年ぶりのライブで、なおかつお客と近距離でがっつり対面するポジションなので最初のうちは非常に緊張されていた様子。その緊張が見ている側からもヒシヒシと伝わってきたので、こちらもドキドキしながら聴いていました(笑)。

米村さんの今回のテーマは「安産」だそうで、何の苦労もなくスポッと生まれた曲を集めてみたということです。米村さんいわく、悩んでいろいろ考えて、あれこれこねくり回した挙句に生まれた曲よりは、何かの拍子にスルスルと一発で出てきた曲のほうが、より自分らしさを表現しているのではないかとのこと。確かに考えれば考えるほどそこには作為的なものが混入してくるわけで、絵で言えば何か別のことをやりながら何気なく無意識に落描きしたものこそ自分の本質を表しているのと似たようなことなんだと思います。

ということで、定番の曲の中に混ざって普段ライブでは歌われない曲なども聴けて、40分という非常に短い時間ではありましたが、とても貴重なひとときでした。

ライブ終了後は米村さんを交えてライブハウス近くの居酒屋でオフ会。お気に入りのアーティストとこんなふうに身近で話をできる機会というのはそうそうないので、これまた貴重なひとときでした。米村さん自身はとてもよく喋る方で、今回は総勢7名という少人数の会だったこともあり、濃い会話ができて非常に盛り上がりました。オフ会開始時間が22時半ごろで、お店の閉店が23時45分だったため、短い時間でまだまだ喋り足りませんでしたが、思い出に残る夜となりました。

時間的にもう家へ帰れないのと、明日はまた東京で高校同窓会の打ち合わせがあるので、千駄ヶ谷の仕事場で泊まり。

|
|

2012年11月16日 (金)

米村裕美ライブ

1990年代はよくCDのジャケット買いをしていて、女性シンガーソングライターを中心にジャケットのデザインが僕の趣味に合ったものを買って聴いていました。全然聞いたこともないシンガーなのにデザインだけで買うわけですから、当然失敗はあります。しかしCDジャケットというのは基本的に中の曲の音楽性を表しているので、思ったほど失敗は多くないんですね。そんなジャケ買いで出会ったのは、片桐麻美、美雪、相馬裕子、加藤いづみといった面々で、今日のお題の米村裕美もその一人です。

女性シンガーはデビューして何枚かアルバムを出したあとに結婚してそのまま引退する人が多く、米村さんもそうだったのですが、子供が成長して手がかからなくなってきた数年前から徐々に復活してきていて、2年前には阿佐ヶ谷でおこなわれた10年ぶりのライブへ行ってきました。そして来る12月14日に、また久しぶりにライブを行います。ただし今回は単独ではなく、3名登場するうちの一人になります。

Eggman tokyo east 12月スケジュール

この日はライブの後に米村さんを交えてオフ会をやろうということになりました。今からすごく楽しみです。

YouTubeにアップされている米村さんの曲をいくつか。

白い月

自転車に乗って

Summers

空を見に

|
|

2012年2月23日 (木)

Myuさんライブ

先日シンガーソングライターのMyuさんのライブに行ってきました。場所は南青山3丁目交差点そばのマンダラというライブハウス。昨年の9月に同じ場所でデビュー25周年記念ライブがあり、それにも僕は行ったのですが、当日のその時間になんと台風が東京を直撃し、ほとんど全ての交通機関が止まってしまうというハプニングがあり、前売りを買っておいてライブに来れない人が多数でたのです。なので、今回はそのリベンジライブということでした(笑)。

ライブの内容は「Myuさんとその仲間たち」といった感じで、Myuさんのソロのみならず、実力派のゲストの歌や演奏がこれまた素晴らしかったです。特に今回はこれがお目当てのひとつだったのですが、ピアニストの紅林弥生さんの演奏が聴けたのが良かったです。かれこれ20年以上前でしょうか、作曲家の三枝成彰さんが天才ピアニストとして紹介していたのが彼女で、それ以来ずっと気になる存在だったのですが、よもやこのような場所で聴けるとは思ってもいませんでした。そして最近はさだまさし氏のご令嬢である佐田詠夢さんと「プリティ・バッハ」なるピアノデュオを結成しており、その相方の佐田詠夢さんもやって来てプリティ・バッハとしての演奏も。これが素晴らしかった。今度はぜひプリティ・バッハの演奏会に行ってみたいと思いました。

とある日の夕暮れ。

022301

とある日の釣り人。

022302

海に近い小さな川と鳩の小さな足跡。

022304

森戸川のコガモ。渡り鳥ですが、もうしばらくはここにいるでしょう。

022305

|
|

2011年12月20日 (火)

小澤征爾

午前中は喘息の経過観察で病院へ。レントゲン撮影と肺活量検査。去年よりも肺活量および一気に吐き出せる息の量が増えていることが判明。喘息患者は肺の気管支が細くなっているため、吸った息を一気に吐き出せないのですが、なかなか良い結果でかなり良くなってきているとのこと。飲んでいる薬を減らすことになりました。それでも1日朝晩の2回、ステロイド剤の吸引は続けていかなければなりません。

121903 Shinnase beach @ Hayama

ところで僕は普段は科学書、料理本、漫画以外の本はほとんど読まないのですが、先日仕事の帰りに新宿駅構内の本屋で小澤征爾と村上春樹の対談本を見つけ、思わず買って読んでみました。クラシック音楽はあまり聴きませんが、日本人として世界的に成功し、地位と名声を得ている小澤征爾という人物に興味があったのです。アメリカのボストン交響楽団の音楽監督を30年間努めて世界でもトップレベルのオーケストラに育て上げたのち、音楽界の頂点ともいえるウィーン国立歌劇場の音楽監督にまでなった小澤氏の、何か秘密みたいなものを垣間見れないかという期待がありました。

Ozawa

音楽と美術という違いはあれど、同じ日本人としてひとつの分野で世界の頂点にたった小澤氏を誇りに思うとともに、彼のあふれる才能や行動力をうらやましくも思います。自分もこの世に生まれてきたからには世界に認められるものを残したい、何かを成しとげたいという気持ちが本を読み進めるごとに沸々と湧き上がってくるのを抑えられません。もちろん小澤氏は若い頃から成功しているのに対し僕はもう40代半ば。才能も何もかも比ぶべくもなく、彼が目標などと言えば笑われるでしょうし、おこがましいことこの上ないわけですが、そういう気概を持ってこの先の人生を歩んでいきたいなどと考える今日この頃です。

リコーダーをやり始めてから多少は昔の音楽をかじるようになり、この本によって小澤氏の音楽を彼がまた病気で活動できなくなる前に一度でも生で聴いておきたいと思っていたところ、イープラスから来年3月に神奈川県民ホールで行われる小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトの案内が。一般発売は来月ですが、先行で特別に1階のS席を販売しますということで、思わず買ってしまいました。

<小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト11>
プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」(全2幕・原語上演/字幕つき)

音楽監督・指揮:小澤征爾
演  出:浅利慶太
装  置:高田一郎
衣  裳:森 英恵
照  明:吉井澄雄

管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
合唱指揮:キャサリン・チュウ

演奏するのは由緒あるオーケストラではなく、オーディションで選ばれた、これから世界を目指さんとする若者たちです。したがって小澤氏の最高の音楽が聴けるというわけではないのでしょうが、上記の本を読んでいて、スイスや日本で彼の若者を育成する様子にとても興味を持ったので、これはこれですごく楽しみです。

|
|

2011年10月12日 (水)

ベルリン・フィル弦楽五重奏団

Beru

夜、横浜市磯子区にある杉田劇場で開催された『世界とつなぐ杉劇フレンドシップコンサート/ベルリン・フィルがやってくる』というコンサートに行ってきました。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の現役団員3名を含む5名の弦楽奏者で構成された<ベルリン・フィル弦楽五重奏団>と、ここ杉田劇場にゆかりのある日本のアーティストによる共演です。

まず前半はベルリン・フィル弦楽五重奏団だけの演奏で3曲。その中の1曲はコントラバス(上の写真の右から2番目)をメインとしたものでした。僕は普段あまりクラシックを聴かないからかもしれませんが、コントラバスが主役の曲を聴くのは初めてで、しかもすぐ目の前で(前から2列目の席でした)演奏するのを見るのはとても新鮮な体験でした。自分の体よりも大きい楽器を自分の体で支えながら、つぎつぎと音階が変化するアップテンポな曲を演奏するのは、もはや音楽というよりはスポーツの部類に属するのではと思えるほど動的な演奏でした。他の弦楽器と弓の持ち方がそもそも違いますからね。バイオリンからチェロまでは指先でつまむように弓を持っているのに対し、コントラバスはあたかも木こりがのこぎりを引くような感じなのです。僕もリコーダー教室でバスリコーダーを演奏しているので多少はわかるのですが、大きな楽器はまず安定して演奏できるポジショニングを見つけるのがなかなか難しいです。

後半は日本のアーティストとの共演。僕のリコーダーの先生で、日本を代表するリコーダー奏者である吉沢実先生、そして高校1年生の天才少年バイオリニスト山根一仁さんの登場です。吉沢先生のリコーダーが素晴らしいのは言わずもがな、山根さんのバイオリンがこれまた凄く、とても高校生とは思えない演奏でした。心なしか、一緒に演奏するベルリン・フィルの面々も、少年に負けてたまるかと一層気合が入っていたように見えました。そして最後は地元の合唱団の方々が加わり、観客も一緒になって「ふるさと」の合唱。ベルリン・フィルの演奏をバックに「ふるさと」を歌う機会なんてそうそうありませんよね(笑)。とても素晴らしいコンサートでした。

 

|
|

2011年9月21日 (水)

Myuさん25周年記念ライブ

今日はシンガーソングライターのMyuさんのデビュー25周年ライブに行ってきました。しかしよりによって台風が東京に直撃するまさにその時間ですよ(苦笑)。東京は一部の地下鉄を除いてほぼ全ての電車がストップ。幸い別の用事で台風の影響がまだない午前中に東京へ来ていたので大丈夫でしたが、ライブが始まる時間(開場19時、開演20時)に合わせて逗子から出てこようとしていれば電車が止まっていたのでアウトでした。

ライブの会場(南青山MANDALA)は青山三丁目交差点のすぐそばで、職場のある千駄ケ谷からは本来なら歩いてでも行ける距離ですが、いかんせんこの暴風雨なのでさすがに歩くのはないだろうと。で、そうなるとタクシーが次の選択肢になるわけですが、今までの経験上、このような台風だとか冬の大雪のときは絶対にタクシーはつかまらないことはわかっていたので、ここはハチ公バスに乗っていくのが最善だろうと思ったわけです。なのでハチ公バスの時間に合わせて、カッパを着込み、ズボンの裾も膝下までまくり上げ、替えの靴を持って万全の態勢で会社を出たら、何と雨はほとんど降ってなくて拍子抜けしてしまいました(苦笑)。それでも風は依然強く、歩いて青山三丁目まで行く気にはなれなかったので、10分遅れでやってきたハチ公バスに乗車。

ライブハウスについたのは19時10分頃で、開場時間は19時となっていたのですがまだ開いておらず、お客と思われる3人ほどが入り口前で立っていました。そのまま僕も開場になるまで待っていると、その間にちょうどMyuさんが「みなさん大丈夫でしたか〜?」と僕らに声をかけながらバンドの人たちと楽屋入り。それからほどなく開場となり、僕の前に来ていた人はどうやら関係者だったようで、どうぞお先に入ってくださいと言われ、なんと一番乗りで入場(笑)。全席自由席なので、ベストと思われる席を陣取りました。

しかし案の定、交通機関がほぼマヒしているので、時間がたってもお客の数は一向に増えません。Myuさんのブログによれば前売り分は売り切れだということでしたが、この台風では来れない人続出だろうなぁと思いながら、ジンジャーエールを飲んで開演を待ちます。僕もそうでしたが、チケットはメールで申し込んで当日会場で精算という人もたくさんいるでしょうから、その人たちが来ないとなると、お金が入ってこないわけですよね。今回はMyuさんの他にバンドの人たち、弦楽カルテット4名、コーラス3名、スペシャルゲスト2名という大所帯ですから、とんだ大赤字になるのではないかと他人事ながら心配になりました。ただ、その後ぽつぽつとお客さんが増えていき、結局30分遅れで開演となったのですが、その頃にはほぼ満席状態までになりました。いや、みなさんこの交通状況の中、よくたどり着けたなぁと密かに感心した次第です(その後のMyuさんのブログによると半分の入りだったそう。結構埋まっているようにみえたんですけどね)。

ライブが始まり、今回歌ったのはほとんどが最近の新しい曲でした。25周年の記念ライブなので、昔からのファンとしては美雪時代の古い曲もたくさん歌ってほしかったなぁというのが正直な感想ですが、Myuさんとしては昔を懐かしむよりも、常に前を向いてどんどん新しいことに挑戦していこうということなのでしょう。ライブ全体としてはとても充実感があって素晴らしかったです。帰りは出口でMyuさんがひとりひとりにご挨拶。「20数年ぶりにライブに来ました」と言ったら、「あーっ、千駄ケ谷でデザインをやってる方ですよねー」と返ってきてびっくり。おそらくメールの署名に書いてあるウェブサイトをチェックしてくれてたのだと思います(メールでチケットを申し込んだので)。

|
|

2011年8月31日 (水)

アヴェ・マリア

下の動画はリコーダー教室で今メインで練習している曲です。この動画は合唱ですが、このメロディーを、ソプラノ、アルト、テナー、バスの各パートに分かれてアンサンブルをおこないます。僕の担当はバスです。

トマス・ルイス・デ・ビクトリアというルネサンス期の作曲家が書いた「アヴェ・マリア」という曲です。「アヴェ・マリア」は色々な人が作曲しているのでたくさん存在しますが、このビクトリアの曲は今回練習するにあたって僕は初めて聴きました。すごく好きなんですよね、このような類のルネサンス期の宗教曲が。聴いていると何だか心が洗われそうな気がしませんか? 

この曲を会社から帰って夜中に練習しているわけですが、アンサンブルは各パートが合わさってひとつの曲になるので、ひとりで演奏していてもどうも雰囲気がつかめません。なので、YouTubeで上のような動画を再生しながら、それに合わせて演奏しています(笑)。曲を検索していたら、ボーカロイドでこのアヴェ・マリアを歌わせている物好きな人がいて、試しに聴いてみたら、これが意外と良かったのです。

コンピュータ生成の声がパイプオルガンのようにも聴こえ、何だか独特の雰囲気を感じます。僕もちょっとやってみようかなと思ってしまいました。

今日の会社前の夕暮れ。ドラマティックな雲が出ていたので写真に撮りました。

083101

こういう雲を見ているとちょっと怖くなりますね。この雲の下は激しい雨が降っているのでしょうか? じっと見ていると何だか人の横顔に見えてきました。

083102

時間が経つと、顔の印象がだいぶ変わってきました。

083103

波が高くなってきました。台風が近づいてきているからでしょうか。

083104

さらに時間が経つと色々な雲が混ざり合ってしまいました。

083105

|
|

2011年8月25日 (木)

ベルリン・フィル弦楽5重奏団@杉田劇場

たぶん一般にはあまりPRされてないと思うので(そうでもないか?)、読者数の少ないこのブログではありますが、もしかしたら興味のある方がいるかもしれないので(特に横浜、横須賀方面の人)、ちょっと宣伝を。

10月12日(水)に横浜市磯子区の杉田劇場にて、ベルリン・フィルハーモニー弦楽5重奏団のコンサートがあります。僕が通っているリコーダー教室の吉沢実先生が司会をつとめます。

■世界とつなぐ杉劇フレンドシップコンサート ベルリン・フィルがやってくる

Beru

ベルリン・フィルは言うまでもなく世界最高のオーケストラとして知られていますが、そのメンバーの3人(立っている男性3人)と、ソロのチェロ、コントラバスによる5重奏団だそうです。興味のある方は上のリンクをクリックしてください。収容人数300人程度の小さなホールなので、もしかしたらすぐにいっぱいになってしまうかもしれませんが、チケット購入は直接電話で劇場に問い合わせてください。

キリンジの東京公演のプレオーダーが昨日から始まったので、イープラスのサイトに行って手続きをしていたら、なんと全席スタンディングであることが判明。予約をやめました。嫌なんですよ、ライブで立って聴くのは。なぜならきついから(苦笑)。座席があってもライブが始まったとたんウワァーッてみんな総立ちになることがあるじゃないですか。周りに立たれると見えなくなるので渋々自分も立つしかないのですが、もう帰りたくなりますね。キリンジって立ってノリノリに体を動かしながら聴くような曲じゃないと思うんですけどね。何でスタンディングなんでしょう? よくわかりません。

下の写真は自宅ベランダの朝顔と、キウイの木にいたオオカマキリ。

082501 082502

 

|
|

2011年8月18日 (木)

25周年ライブ

もう20年以上前ですが、美雪という知る人ぞ知るシンガーソングライターがいまして、当時、米村裕美だとか片桐麻美だとか相馬裕子だとか加藤いづみだとか、ちょっとマイナーな女性シンガーの曲をよく聴いていた僕は、この美雪も気に入っていて、ライブにも行ったりしてたわけです。しかしアルバム2枚を出したあとは、どんな事情があったのかわかりませんが、ぱったり活動をやめてしまったんですね。そのうち僕の頭の中からも彼女の存在は消えていったのですが、最近、芸名を「Myu(ミュウ)」と変えて、音楽スクールの先生をやりながら(場所は何と僕の千駄ヶ谷の仕事場から歩いて5分くらいのところ!)、都内のライブハウスでときどき歌っているということをネットで知ったのです。

ブログの情報によれば来月の21日に東京の南青山でデビュー25周年ライブをやるそうで、往年のファンとしては、これは行かずにはいられないだろうと。早速チケットを申し込みました。

Myuのブログ

下の動画は、美雪時代のファーストアルバム「フォトランダム」から全曲をダイジェストでまとめたものです。

 

|
|

2011年7月27日 (水)

キリンジ

このブログのいくつか前の記事で南波志帆のことを書きました。彼女の曲の中でも、記事にYouTubeの映像を貼りつけた「プールの青は嘘の青」という曲が素晴らしく、誰の作った曲だろうと見てみたらキリンジの堀込高樹だと。僕はこれまで、ゆずとかコブクロとかスキマスイッチとか、いわゆる男性デュオというジャンルに全く関心がなく、キリンジも名前は知ってはいたものの、聴いてみようなんてこれっぽちも思わなかったわけです。しかしその南波志帆の曲が良かったのでYouTubeでキリンジの曲を片っ端から聴いてみました。いや、素晴らしいですね。今まで全く聴いたことがなかったのが悔やまれます。ほんとに悔やまれますよ。今度ライブがあったらぜひ行ってみようと思います。

アルカディア

雨をみくびるな

悪玉

星座を睫毛に引っかけて

|
|